2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 福島・伊達ボランティアセンター スタート! | トップページ

2015年5月 6日 (水)

被災者の声聴き、政治の責任考え合った@南相馬

南相馬センタ―は3日・4日、原町区にある牛越(うしごえ)仮設住宅の住民の方々へで聞き取り活動を行いました。3日夜には「福島と語る集い2015@南相馬」を開催し、日本共産党の参院選挙比例代表予定候補の岩渕友さんらと語り合いました。(文中一部仮名)

くことが支援になる11242320_852208084858569_684608726_


牛越仮設住宅は、前日(2日)に視察した小高区から避難している方々が住んでいます。5つのグループに分かれて戸別訪問しました。

 仮設住宅は、避難前の自宅とはまったく異なる環境です。「ベニヤ板一枚で仕切られている壁だから隣にも気を遣うし不眠が続いて困っている」大住民の方から聞いた大阪の山田さん(大学4年)は、精神的な負担を話す人が多いと感じたといいます。

一方で「せまい範囲で生活できるから楽」「段差が低くて楽」という声も住民から寄せられました。山梨の北川さん(大学1年)は「3年、4年住んでいたらそう思わないとやっていけないのでは」といいます。大阪の和田さんは住民の方から「心の中に不安はあるけど、普段は考えないようにして楽しく過ごすようにしている」と聞きました。「この言葉の中に、深い心の傷と現状へのあきらめ、4年を過ごしてきた疲れというのを感じました」 

◇   ◇

11221188_852208088191902_701972467_聞き取り活動を振り返って「聞くことが支援になる」と参加者から異口同音に感想が出されました。山梨の川口さん(大学4年)は、「聞くことで、当時のことを思い出してつらい思いをさせてしまうのでは」と思っていましたが実際に対話すると「今はしゃべることが生きがい」と話してくれる人と出会いました。北海道から参加した大学生の佐藤さん(22歳)は、話し出すと止まらない住民の方が多かったと振り返り、「話を聞くだけでも被災者のためになるのではないかと思った」と聞き取り活動での手ごたえを語りました。

再稼働・輸出は福島切り捨て
11211552_852208101525234_1962783457






 11204747_852208111525233_24677241_23日夜、元民青同盟福島県副委員長の遠藤健二さん、日本共産党参院議員比例予定候補の岩渕友さん南相馬市議の荒木ちえ子さん(日本共産党)をゲストに迎えての交流会「語っぺ福島@南相馬」を開催しました。
3人が共通して告発したのは、政府が賠償などで持ち込んだ「分断」の問題でした。

岩渕さんは「集中復興期間」が今年度で終了されようとしていることについて、「5年で全てを終わりにしたいという流れがある」と話し、原発の再稼働と輸出のために政府は福島を切り捨てようとしていると指摘しました。「全国で再稼働反対のたたかいが広がることは、福島の切り捨てに反対することになっていく」

 

 

11204601_852208094858568_2004140854【参加者の感想文より】

◆そこに生きていきたい、暮らしていきたいという思いが切り捨てられない社会であってほしい(北海道・Oさん)

オリンピック選手のための施設が豪華だと聞いています。たしかに世界に注目されるイベントですが、それならば福島の問題も終わっていないのだから、こちらにも今以上に力をかけるべきではないでしょうか(大阪・Tさん)

原発事故がなければ、ここの多くの人は避難する必要はなかったと思うと本当に許せない気持ちです。原発の費用や雇用の問題、電気代の問題の疑問にしっかり答えられるようになりたい(山梨・木下さん)

ニュースダウンロードはこちら→https://drive.google.com/file/d/0B8rNcoQlVLkWbEFrUWtwX0g4dlU/view?usp=sharing

150506_2

 

« 福島・伊達ボランティアセンター スタート! | トップページ

ニュース@南相馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526545/61547106

この記事へのトラックバック一覧です: 被災者の声聴き、政治の責任考え合った@南相馬:

« 福島・伊達ボランティアセンター スタート! | トップページ