2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 真の被災地復興に向け、全国で声をあげ行動しよう | トップページ | 省庁要請行動にとりくみました »

2013年5月 9日 (木)

5月5日福島 「語っぺふくしま――福島の今と私たちのこれからを考えよう」

語っぺふくしま

――福島の今と私たちのこれからを考えよう

Dsc_5919

5月5日、午前は仮設住宅への聞き取りと南相馬市へのフィールドワークをおこない、午後から「語っぺふくしま――福島の今と私たちのこれから」と題して青年のつどいを開催。

140人の参加者終結し、福島の現状を学び、自分たちの生き方や社会の在り方を語りあいました。
全体の場で発言した福島の高校生の発言を以下、掲載します。
----------------------------

いま私の日常には、不安なことがたくさんあります。それらはすべて、原発事故によってつくられています。

ある日の朝、桜をゆっくり見ながら学校に行こうと、いつもと違う道を歩いていると、除染している住宅が5カ所あることに気付きました。日が差して、ぽかぽかしている中、長袖長ズボンにマスク姿の除染作業員さんの姿を見て、原発事故直後の高校合格発表のことを思い出しました。「肌を出すな」とうるさいほどいわれ、父のジャケットをはおり、マスクをして、フードをかぶり、車から建物にダッシュで入りました。空だけはいつもと変わらなかったけど、表現できないような漠然とした不安を感じながらの合格発表でした。そんなことを思いながら桜のきれいなスポットに行きました。小さいとき、親友と写真を撮ったことのある大切な場所です。しかし、そんな場所でさえも、事故によって変わってしまいました。線量が高いので、除染のため、桜の周りの芝生は閉ざされてしまいました。桜だけは以前と変わらずに咲いていました。私は大好きな歌の歌詞を思い出しました。“桜は咲く、すべてに意味があるように”といった歌詞です。たくさんの人が住む場所を奪われたり、仕事を失ったりして、いまも苦しみ続けている状況をつくりだしたあの事故に意味なんてあるのかなと考えました。ずっと考えて、福島の事故は、世の中を変える大きなきっかけになったんじゃないかと思いました。それまで日本の偉い人たちが、たくさん原発をつくってきました。私もそのことに疑問を持たずに生活していましたが、事故が起こって、原発に疑問と関心を持つようになりました。事故の後、そういう人たちが増えているんじゃないかと思います。福島にいる私が、状況を語り伝えることが大事だとあらためて思いました。

もう一つ印象に残った出来事があります。アルバイト先の店長が「君たちが大変なのはこれからなんだよ」と話し始めました。進路のことかと思ったら、原発のことでした。「影響が出るのは君たちの子、孫の世代。君たちが親になるころには、大きな決断をしなければならない。なんて世の中になってしまったんだろうね」と言いました。仮に店長が言う通りだったとして、自分が親になったとき、ここで育てるのか、ここで育てないのか、いろんなことを子どものかわりに選択しなくちゃいけないんだと思いました。いまの親世代の人は、こういうことでたいへんなのかもしれないと気付きました。その後、短大生の先輩と作業しているとき、恋の話で盛り上がり、「子どもは何人ほしい?」という話になりました。先輩は「将来、子どもはいらない。ほんとはほしいけど、放射能の影響とかで万が一、子どもに何かあったらつらいから」と言っていました。結婚する・しない、子どもを産む・産まないは別として、私は先輩の不安にとても共感しました。除染が進まず、医療費無料の援助が受けられるのもあとわずかのなか、これからどうなるんだろうと不安になったことがあったからです。

「3・11」以降、こんなふうに、日常のふとした瞬間に原発のことを考えない日はありません。減り続ける報道、たまに報道される内容を見ても、美化された内容にくやしくなったり、「すぐに逃げた方がいい」というネットの書き込みに、福島で暮らしていこうという気持ちをくだかれそうになったり、大好きな故郷を否定された思いになったり、毎日踏んだり蹴ったりです。夢なんじゃないか、夢なら早く覚めてほしい、そう思うこともあります。現実から逃げたくなる瞬間もあります。そんなとき、わたしの支えになってくれるのは、全国のみなさんの存在です。いまこの瞬間もそうです。全国のたくさんの人たちが、福島に心を寄せていることを肌で感じることができました。みなさんの存在が、私のエネルギーになっています。

この数日で見た福島、聞いた福島、感じた福島を、まわりの人にどんどん伝えていただけたらうれしいです。それもまた、世の中を変えるきっかけになると思います。私も福島から、福島を伝え続けていきます。みんなで力をあわせて、よりよい世の中をつくっていきましょう。



« 真の被災地復興に向け、全国で声をあげ行動しよう | トップページ | 省庁要請行動にとりくみました »

ニュース@福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526545/57345621

この記事へのトラックバック一覧です: 5月5日福島 「語っぺふくしま――福島の今と私たちのこれからを考えよう」:

« 真の被災地復興に向け、全国で声をあげ行動しよう | トップページ | 省庁要請行動にとりくみました »