2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 終日石巻市の在宅被災者のみなさんに聞き取り@宮城 | トップページ | 第5次ボランティアセンター@南相馬を開設します。 »

2012年5月18日 (金)

石巻市と懇談

 全国青年ボランティアセンターは5月7日集めた実態200人分(中間まとめ)を石巻市被災市民生活支援課に届けました。参加者は全国青年ボランティアセンター和田育美センター長、民青同盟宮城県委員会岩渕大地委員長、伊勢薫県常任委員、日本共産党宮城県東部地区委員会鈴木実常任委員の4人です。

Photo

 聞き取りをする中で特に要望の多かった、街灯の設置、車がないため外出が不便と訴えいる高齢者の実態を伝えました。市からは、「道路課に申請をすれば、検討したのち設置は可能」「運航協議会をつくり、電話予約で自宅前に迎えにこれるような交通バスを考えている」などの解答がありました。
 また在宅被災者を訪問する中で「半壊認定でも家屋修理だけで1000万円かかり、電化製品も自費で買いそろえた」「助成される補修費用で直せる範囲しか直さない」という実態を聞いてきました。市からの家屋改修助成金について質問をしました。「お金の問題は国からの災害援助費に頼っている部分もあり、市の財政に限りがある」ということでした。
 被災市民復興支援課の庄司勝彦課長は「在宅被災者に手が届いていないということはその通りです」と話し、「数ある被災地の中から石巻市に支援に来ていただいていることは非常にありがたいことです」と応じました。

« 終日石巻市の在宅被災者のみなさんに聞き取り@宮城 | トップページ | 第5次ボランティアセンター@南相馬を開設します。 »

ニュース@宮城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526545/54741760

この記事へのトラックバック一覧です: 石巻市と懇談:

« 終日石巻市の在宅被災者のみなさんに聞き取り@宮城 | トップページ | 第5次ボランティアセンター@南相馬を開設します。 »