2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年5月

2012年5月18日 (金)

石巻市と懇談

 全国青年ボランティアセンターは5月7日集めた実態200人分(中間まとめ)を石巻市被災市民生活支援課に届けました。参加者は全国青年ボランティアセンター和田育美センター長、民青同盟宮城県委員会岩渕大地委員長、伊勢薫県常任委員、日本共産党宮城県東部地区委員会鈴木実常任委員の4人です。

Photo

 聞き取りをする中で特に要望の多かった、街灯の設置、車がないため外出が不便と訴えいる高齢者の実態を伝えました。市からは、「道路課に申請をすれば、検討したのち設置は可能」「運航協議会をつくり、電話予約で自宅前に迎えにこれるような交通バスを考えている」などの解答がありました。
 また在宅被災者を訪問する中で「半壊認定でも家屋修理だけで1000万円かかり、電化製品も自費で買いそろえた」「助成される補修費用で直せる範囲しか直さない」という実態を聞いてきました。市からの家屋改修助成金について質問をしました。「お金の問題は国からの災害援助費に頼っている部分もあり、市の財政に限りがある」ということでした。
 被災市民復興支援課の庄司勝彦課長は「在宅被災者に手が届いていないということはその通りです」と話し、「数ある被災地の中から石巻市に支援に来ていただいていることは非常にありがたいことです」と応じました。

2012年5月 5日 (土)

終日石巻市の在宅被災者のみなさんに聞き取り@宮城

青年ボラセン@宮城ですsign01

きょう5日は日本の最後の原発が止まった日でした。
参加者の青年たちは、バス2台、ワゴン車などに分乗して終日石巻市の在宅被災者のみなさんに聞き取りにとりくみました。

夕飯の炊き出しは、山形の農民連からいただいたお米55合を炊き、生姜、ニンニク、ごぼう、バター、牛乳入りのspecialカレーと愛知県から宅配便で届けられた甘夏みかん80個、TPP反対だとおっしゃるご近所の農協組合長さんからいただいたホウレン草のおひたしを完食!

食事後、今日一日の活動の感想交流をしました。

Dscf0075_3



登米市の公民館で「青年のつどい」@宮城

~4日夜~

青年ボラセン@宮城です(o^-^o)

登米市米谷公民館ホールをお借りし、「青年のつどい」が87人の参加でひらかれました。日本共産党の3人の議員さんからは大震災の被害の実態と党が取り組んできた救援活動についての報告、ボランティア活動に参加した若者たちからは、被災者から聞き取った内容が報告され、感想交流しました。

Tsudoi_2

被災古民家の清掃作業@宮城

~4日午前、午後~

 青年ボラセン@宮城です(*^.^*)
 宮城県登米市を拠点とするセンターは、4日は2隊に分かれて午前中は登米市内の仮設住宅での被災者聞き取りと登米市米谷の古民家解体に向けての清掃作業にとりくみましたsign01

Kataduke

  写真はまだ小雨の降る中を廃屋の中にあった家具やゴミを分別して仕分けているところ
です。若者25人と大人若干名で古民家の清掃が一気に終わりました。家主さんがドリンク
と「甘太郎や菓子店」の「ゆべし」を差し入れてくれ、みんなでいただきました。素朴な甘さがおいしかったですlovely
 昼食後は、石巻市の在宅被災者の聞き取りに80人体制でとりくみました。

2012年5月 2日 (水)

まともな仕事と人間らしい生活を@福島

Dsc_0210_2

今日は、ハローワーク前で福島の青年のリアルな生活や雇用状況を調査し、30人以上の人と対話しました。

詳細は、追ってまた補足します。
乞うご期待(≧m≦)


2012年5月 1日 (火)

「何かしたい」思いが全国から福島へ

今日は、ボランティアに駆けつけた参加者の思いを紹介します。

◆広島 被ばく3世の高校生S君
 広島は、人類初の核兵器被害をうけたところです。その核兵器がもとになって、原発ができました。福島で新たな放射線の被害者が生まれたのは、僕らにとって許しがたいことです。「ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ」という言葉があるけど、別の形で被害が繰り返されてしまった。人災だし、防げたんじゃないかと、憤りを感じています。
 仮設住宅では、「被爆地・広島の代表として来たんです」と伝えながら、思いを聞きました。事故直後、放射能がたくさん流れていた地域に避難させられ、何も知らないまま外部被ばくした人もいました。僕自身、被ばく3世なので、また新たな被ばく者や、その2世、3世が生まれると思うと、本当に悔しいです。
 放射線がいかに危険なものか、生活をいかに壊すのか、原発を広めようとする政府に、どんどん意見を言いたい。被災者の思いを、もっと全国に発信していきたいと思います。


◆防災対策にあたる公務員T君
 この春、公務員になって自治体の防災課に就きました。共産党の議員さんに誘われ、福島に来きました。3・11は防災を考えるうえで忘れられません。東北のことを、地元でどこまで生かせるのか。被災地をじかに見たいし、知りたいと思って参加しました。
 仮設住宅で話をうかがって、被災という非日常的な状態と、日常的な日本社会のようすとが重なってみえました。たとえば、もう原発はいらないと思っても、地元は一筋縄ではいかない。原発で働き、かかわってきた歴史を、慎重に解きほぐしていかなければいけないんだと感じました。私は沖縄出身なので、米軍基地問題とダブって見えました。
 同じ被災者なのに、ちょっとしたことで関係がギスギスしていることも気になりました。責任を追及されるべきは東電や国だし、本当は協力しあっていく仲間なのに、自分のことで精いっぱいなのかな、と。反貧困の活動をやっていたとき、生活保護とワーキングプアの方がぶつかりあい、連帯を築くのに苦労したのを思い出しました。
 でも、ある被災者の方が、心にためこんでいた怒りを次々にはきだしてくれ、最後には清々しい表情になっていたことが、印象的でした。こんどは被災者どうしで何でも語り合えれば、一人じゃないという安心感につながるんじゃないかと思います。
 地震が起こったときに地域で助け合い、つながりをつくっていけるように、公務員として頑張りたいと思いました。


ありがとうございます
【お米が全国から】山形の置賜産直センターから、お米が810キロも届きました。各地からぞくぞくと寄せられ、小分けにして被災者に届けています。

【おいしい野菜も】高知からセリにつづき、三つ葉もくることに。徳島のにんじん、神奈川のゆずみそなど、各地の特産物も寄せられています。

【朝のコンビニでのこと】ボランティアのゼッケンや車のナンバーをみて、「福島のためにありがとうございます」と、お菓子をいただきました。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »