2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2011年7月 | トップページ | 2012年4月 »

2011年8月

2011年8月18日 (木)

「被災地の声を伝えていきたい」 登米市議・地元の方を招いて交流


13日夜、日本共産党の佐藤尚哉、工藤順子両登米市市会議員と東和町に住むNさんを招いて「震災当時の話とその後の生活で何が変わって、何が変わっていないのか」をテーマにお話を聞きました。

●「相手の思いを聞いて心のケアをすることが必要」
「いままで体験したことがない上下のゆれを感じた」「地震であわてて外に出ると、近所の子供が泣きながらしがみついてきた」――3人の方は、震災で体験したこと、実際に被災された方から聞いてきた声や要望を話しました。
工藤市議は沿岸部の方から当時の話を聞きました。地震後、足の歩けないおばさんを車に乗せて高台にある中学校に避難しました。しかし、すぐに津波がやってきて「山へ逃げろ!」という叫び声を聞きました。時間がないまま、「おばちゃん。ごめん!」と言って車のドアを閉めて逃げました。幸いそのおばちゃんは後に助かったことがわかりましたが、工藤さんは、「震災により、多くの方々は悲しみと傷を負っている。相手の思いを聞いていく心のケアが必要だと思います」と話します。
東和町に住むNさんは、放射能についてお話をしてもらいました。「福島原発事故が起きたとき、関東地方の放射能の影響ばかりで、宮城のことは報道されなかった。大丈夫だと思っていたのに、いまになって登米市のワラから放射能が出てきた。東北の放射能のことを隠していたなんて許せない。農家の人たちが気の毒だ」と話をしました。佐藤市議は「登米市は7年前に9町合併し、役所の人数は削減されました。市民のために動こうとしたとき、地域とのつながりが薄くて災害時に自治体としての役割を発揮できなかった」と話しました。

●国の責任で一人ひとりが復興を踏み出せるように
その後の質疑応答。ボランティアから「『頑張ろう日本』という言葉は、どんな印象がありますか?」という質問がありました。「『頑張ろう日本』というのは政府のキャンペーンだと思います」と佐藤さん。「どういう風に頑張ればいいのかが、示されず、高齢者など取り残されている方もいます。一人ひとりに光を当てて、被災地の人たちが、復興に足を踏み出すまでは、国の責任でしないといけないと思う」と話しました。
感想交流では、「被災地の人から生の声を聞く事ができてよかった。友達に伝えたい」「先が見えない中で、これから人生をどのように送りたいのか、その思いを国の責任でしっかり支えていくのが、本当に大事だと思った」と感想が寄せられています。
Photo


2011年8月 6日 (土)

第3次全国青年ボランティアセンターを開設します!

みなさんこんにちは、全国青年ボランティアセンター事務局です。このたび、810日より8月30日まで、第3次全国青年ボランティアセンターを開設することになりました。場所は前回と同じ登米市東和町米谷に設置します。

110619 震災から5ヶ月が経とうとしていますが、多くの方々が生活再建への見通しをもてずに過ごされています。住宅を失った方々は仮設住宅などに移ったものの、深い悲しみを抱えられています。また、日常生活を送るのもいまだに困難があり、住まいの改善やコミュニティーづくり、仕事のことなど、要求があふれているのが現状です。

民青同盟中央委員会は、第1次、第2次全国青年ボランティアセンターの経験を110611 生かし、被災された方々の声や願いを聞き、生活再建への一歩を励まそう、と第3 次全国青年ボランティアセンターを開設し、全国に参加をよびかけています。仮設住宅やハローワーク前でアンケートを使っての聞き取り、救援物資の整理やお届け、片付けや泥だし、炊き出しなどを行います。

被災された方の生活再建をお手伝いしたい方、待っています! ぜひ、センターに来てください!

 ●アクセス・連絡先、必要なものなど、詳しい要項はこちら(民青同盟のHP)

http://www.dylj.or.jp/LightNEasy.php?page=action_rescue

 

« 2011年7月 | トップページ | 2012年4月 »