2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« センターに全国からぞくぞく人が集まっています | トップページ | 人のために力になれる生き方ができることを教えてくれた »

2011年5月 3日 (火)

お年寄りへのケアがおいていかれることのないように

2日は、一関のセンターだけで、およそ50名が行動しました。活動内容も港のがれき撤去、避難所の炊き出し、道路わきのがれきの撤去、泥で埋まった水路の掃除、ホヤ工場のがれきの片付けなど、幅が広がっています。ヘルパーや美容師もボランティアにかけつけてくれて、専門を生かして、避難所での散髪、お年寄りの入浴介助もおこないました。

 入浴の介助をしたお宅では、これまでお世話になっていたケアマネージャーさんが二人とも津波で亡くなってしまったそうです。お家の方が「おばあちゃんをお風呂に入れることができないので手伝ってほしい」とセンターに声をかけてこられました。ヘルパー経験のある二人がいって入浴のお手伝い。久しぶりに入るお風呂におばあちゃんも気持ちよさそうでした。

 このお宅では、たまたま私たちに声をかけていただいてお手伝いすることができましたが、同じような状況におかれている高齢者がたくさんいると思います。震災の中で、お年寄りなど弱い人へのケアがおいていかれてしまうことのないようにしていかなければいけないと思いました。

« センターに全国からぞくぞく人が集まっています | トップページ | 人のために力になれる生き方ができることを教えてくれた »

支援活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« センターに全国からぞくぞく人が集まっています | トップページ | 人のために力になれる生き方ができることを教えてくれた »