2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« こんにちは仙台です。 | トップページ | 全国青年ボランティアセンター(第二次)が開設します! »

2011年5月 8日 (日)

最終日のボランティアを終えて

 4月27日にスタートした全国青年ボランティアセンターも5月8日で最終日となりました。これまでに一関センターで活動したボランティアは約200人、のべ550人が被災地で活動しました。(宮城、福島も合わせると約280人、のべ810人)

 「民青同盟はボランティアを送らないのか」そんな問い合わせをいただき、不安のなかで現地入りしたところ、すでに一関の民青班が被災者のお宅でがれきの撤去をしていました。これを目の当たりにしてちゅうちょも消え、ボランティアセンターを開設することとなりました。

 大学内で見つけた募集ビラをみて駆けつけてくれた青年、民青同盟員の妹に誘われた専門学校生、連休を利用した小学校の先生、岩手の青年など、北海道から沖縄までの青年と同盟員が集まりました。

Rimg0310_tanaka

 それぞれが自分のできる範囲で、誠実に働くことができました。大型免許を持っている人はマイクロバスを運転しました。チェーンソーで大木を切りました。被災地の方の要望を聞いて、介護士や美容師、とび職の青年たちは、職業を生かしてはたらきました。大小さまざまな流木(家屋の破片)を集めました。泥をかき出しました。仕事中・休み時間には地元の方といっぱいお話もしました。

 小学校の花壇づくりから始まったボランティアも、海岸・漁港のがれきの撤去、排水溝の掃除、避難所の炊き出し補助、学校の窓拭き、漁具の整理、被災された方の家屋・商店の清掃、入浴介助、整髪など、活動も多彩でした。

 毎朝5時半に起きて、2時間近くをかけて陸前高田市の広田半島に向かった私たちのボランティアも、8日夕方に最後の組が無事もどってきました。

 一関のみなさん、被災地のみなさんの力もお借りして、青年ボランティアセンターの活動を終えることができました。ご協力・ご支援、本当にありがとうございました。

 仙台、福島でのボランティアセンターの活動も合わせた全体のまとめは、後日お伝えできるようにします。 被災地の復興は始まったばかりだということを忘れずに、私たちはボランティアの経験をそれぞれの地に持ち帰り、役立てたいと思います。

 ボランティアに参加されたみなさん、お疲れ様でした。

写真1: 田中悠・民青同盟委員長(左)

 

P1020822_tanpopo

« こんにちは仙台です。 | トップページ | 全国青年ボランティアセンター(第二次)が開設します! »

支援活動」カテゴリの記事

コメント

最終日お疲れ様でした。

最後まで居たかったのですが・・・


帰ってきてから、考え込んでました。

この先何をしたらいいのか

まだ結論が出ませんが

それにしても寂しい

皆さんと離れて

また一緒に活動できることを期待して連絡待ってます


お疲れ様でした

12日間の活動、お疲れさまでした。私も30日から6日まで、一関の議員さんのお宅から陸前高田の共同支援センターにボランティアとして参加していました。このブログを見ながら若い人達の活躍を嬉しく、励みにしながら私も微力ながらお手伝いをしていました。
被災地はまだまだボランティアの助けを必要としていると思います。ボランティアに参加したくても受け入れ先がない、どうしていいねかわからない、という人達もいることでしょう。勿論連休があけて仕事や学業のため参加できない人も大勢いると思いますし、私もその一人です。ですが今から参加したいと思いる人のために、再びセンターを立ち上げて欲しいな…と思いコメントさせていただきました。諸事情色々あるとは思いますが、これから日本の未来を背負ってたつ民青同盟の皆様のご活躍を楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こんにちは仙台です。 | トップページ | 全国青年ボランティアセンター(第二次)が開設します! »