2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 思い出のつまった地域、何とかしたい | トップページ | 「引き波」の写真 »

2011年4月30日 (土)

港のかたづけ 漁師さんと汗を流す

042901_2  29日は、陸前高田市の広田半島のさきっぽにある黒崎漁港に行きました。この港には、津波で流された大量のがれきがうちあげられています。7人のボランティアで地元の漁師さんらといっしょにがれきの片づけをしました。小さな木片は焼却し、大きな柱は後で回収してもらえるように並べました。

いっしょに汗を流しながら作業をして、地元の漁師さんともすっかり仲良くなりました。042902 20代の男性は「3月に東京から養殖をはじめるために実家に戻ってきたらいきなり地震。ほとんど流された」と話します。60代の男性は津波の「引き波」の様子を話してくれました。「60年前からこの海を見ているけど、こんな引き波は初めて。チリ地震の時の津波も体験しているけど、ここまでではなかった」と言ってケータイで撮った写真を見せてくれました(写真は赤外線通信でゲットしたので、後ほどブログでも紹介します)。

042903 「いつ終わるかと思ったけどみなさんが来てくれて助かった」「また明日も来るんだろ?」と感謝されました。

作業が終わったあと、少し足をのばして近くの展望台042904 に行きました。まさに絶景。深い海のブルー。空も青くて、水平線に近付くにつれてグラデーション。真下にみえる海の青さがグリーンがかってみえる。ほんとうにきれいな海です。それが真っ黒い濁流になって、人々の生活をすべて奪って行ったというのが、全然信じられません。同時に、避難所ですべてを失った漁師さんが「俺たちは海と生きるしかないんだ」といっていた、その気持ちがわかる気もしました。

« 思い出のつまった地域、何とかしたい | トップページ | 「引き波」の写真 »

支援活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出のつまった地域、何とかしたい | トップページ | 「引き波」の写真 »