だから私は日本共産党

2013.07.20

●友だちにこうやって広げてます

今日は、全国各地のかえるネットメンバーが、友だちに支持を広げている様子を紹介しますcatface

apple総選挙はみんなの党に投票し、今回共産党かみんなの党かで迷っているAくん。「TPPに入ると国民皆保険が壊されるからまずい」というAくんに、「みんなの党はTPP推進だよ」とBくん。さらに「みんなの党も元々自民党。共産党かそれ以外かという構図」と話すと「そうだよな」と納得。「自民党はまずいから」と悩みに悩んだ末、支持してくれることに。

banana教員をめざす地元の友だちのDさん。自民党改憲草案の内容を話すと「それはまずいでしょ」。「自分は共産党に入れる。他は改憲でいっしょ」と話すと、「9条を視野に入れたほうがいいよね」と支持してくれることになりました。

cherry子育て中のSさんは「選挙に行くこと自体が初めて」という同級生夫婦と対話しました。「景気・雇用が心配。結婚10年超、子育てはムリ」とのこと。Sさんが「共産党がいいよ」と紹介すると後日、「HPを見た。子育て政策が具体的で実現できそう」と支持を約束してくれました。ほかにも、障害児サークルの「TPPで医療が受けられなくなる?」との相談に、「政治の問題。共産党がおすすめだよ」と話し、共感をひろげています。

cloverNさんは、LINEの友だちグループに吉良さん(東京選挙区候補)と日本共産党の支持を訴えました。「参院選に行く?」と切り出し、「私は就職氷河期世代の吉良さんを応援してる」と呼びかけると、「この前、池袋駅で見た!すごい人だった」「おじさんおばさんに入れるんじゃなくて、Nさんが話してくれた吉良さんに入れる」と、2人が支持を約束してくれました。

cakeNさんは仕事を終えて帰宅してから、コツコツと高校の友だちと対話を重ねています。これまで10人と対話し、8人が支持を約束。「最近どう?」と近況を交流してから「選挙に行きますか?私がおしているのは吉良さんなんだけど…」と切り出します。迷っている人や興味ない人もいますが、共産党のビラをもとに原発や憲法問題など紹介。特に消費増税には「それヤダよね」「困る~」と強い反応がありました。「あまり知られていないけど、どんどんスゴイことが改悪されちゃうから、いま大事な時期なんだよ」と訴え、8人が支持を約束しました。Nさんは「いつも仕事で帰宅が遅くなるし、友だちと話すと長くなるから、毎日1人ずつしか対話できない。少しずつだけど頑張りたい」と話しています。

ring「TPPに入ったら映画『シッコ』のように“命もお金次第”みたくなるんだよね」と友人に話しているCさん。限定正社員や解雇の金銭解決など、成長戦略の名で「オールブラック化」をすすめようとしている実態を話すと「それはやばい」と支持してくれます。

chick学生のAさんはこの選挙で初めて、友人に「共産党を応援している」と話してみました。話すかどうか一晩悩んだそうですが、「この人には伝えたい。悩んでもしかたない」と勇気を出していってみると、「あ、そうなんだ」と意外にあっさり受け止めてくれました。「憲法が危ない」などのツイートを、積極的にリツイートするなど、とりくんでいます。

penguinTさんは、身近な友人に選挙の話をしています。みんなブラックな働かされ方をしており、自民党がワタミ会長を立候補させたことについて、「自民はない」の声があがります。でも「どこに入れても同じ」「共産党は入れても当選しない」の声も。だから「都議選では共産党が伸びた。共産党が増えれば必ず変わる。比例は1票が必ず議席に結びつく」と話しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.18

●学費、就職難―若者を大切にしない国に未来はない

 「かえるネット北海道」のブログより、連日がんばっている学生・Aさんの「マイ訴え」を紹介します!

 私は、日本の異常な大学の高学費と若者の就職難は、おかしいと思います。

 私は札幌の私立大学に通っています。学費は1年で約100万円、4年間通い続けるとしたら約400万かかります。そんな高額な学費を家庭から出すことはできないため、奨学金を借りながら学校に通えている状態です。

 周りの友達も大多数が奨学金を借りながら学校に通うことができています。日本の大学の学費はこんなにも高額なのに、ヨーロッパの国々では1年間にかかる学費でフランスは2万円、スウェーデンは無償です。なぜ、こんなにも日本の学費は高いのでしょうか。

 そして、今、日本は就職難だと言われています。大学の先輩にも何十社も履歴書を送り、面接を受けているけれど、いまだに内定がもらえていない人がいます。きっと日本中には私の先輩のようにとにかく就職するために必死になっている若者がたくさんいると思います。全く内定がもらえない焦りからうつ病になってしまう大学生が、増えていることも事実です。

 なぜ日本の学生は高い学費に苦しみ、がんばってもがんばっても報われない就職活動をしなくてはいけないのでしょうか。この事実のおおもとには、大企業優先の政治のゆがみがあります。大企業はどんどん減税され、教育にかける予算はどんどん削られていっています。4人に1人の若者が非正規労働で働いています。

 若者を大切にしない国に未来はありません。未来をつくるのは若者です。働く人を大切にして、競争教育、成果主義を批判する日本共産党をみんなで応援して、若者が生きやすい世の中をつくりましょう。

Hokkaidokakusanbu
              おまけ 「カクサン部」参上!(「かえるネット北海道」ブログより)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013.06.24

●いきなりやけど!私、共産党が好き―フェイスブックで発信

 昨日、投開票があった東京都議選。日本共産党が議席を倍増させ、17議席、議会第3党に躍進! うれしかったな~up
 昨夜フェイスブックで、大阪のかえるネットメンバー酒巻眞世さん(23)が発信していた内容を、ご本人の了解を得て、転載しますheart01
*********************
Mayo  酒巻眞世

東京都議選!!!!!!

日本共産党が現有議席確保
~からの前進っ\(^^)/

うーれしーーーーいっ!!!

今日は朝から地域の会議で
すてきな交流がされてうきうきになって♪

昼からは日本共産党参議院議員の
山下よしきさんを招いての青年トークセッション企画で
胸いっぱいになったところでのこの前進はすごく嬉しい。

今日の企画の感想はまた後日(笑)

ほんで、帰りの電車で中学の友達にあって
「政治にしてほしいことある?」って聞いたら
色々話してくれてすごく嬉しかった!
ありがとうっ!!

今日はすごい嬉しい日!

いきなりやけど!
私、日本共産党が好きなんです。

日本共産党は90年の歴史があって
ずーーーーっと国民の利益が一番大切。
ずーーーーっと反戦平和を掲げてきてる。

そんな政党です*

続きを読む "いきなりやけど!私、共産党が好き―フェイスブックで発信"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.19

●原発即時ゼロ、事故収束宣言撤回を求める党を応援

福島県郡山市在住 Hさん

H 2011年3月11日の震災の時、事務職をしている私は職場で強い揺れを体験しました。その後、福島第一原発水素爆発の知らせを聞き、最初は何が起きたんだろうと思いました。何も学習していない私は、事の重大さに気づいていませんでした。

 日本共産党と出会い、原発のあらゆるすべてを勉強し、初めてこの事故は本当に危険なことを知りました。

 爆発の翌日、水道が止まっていた私たち家族は水をもらいに公共公園へ行き、外出していました。放射能が降り注ぐ空の下、何万、何十万人の人たちがいて被ばくしています。

 避難している人も、避難できずに残っている人も、原発事故さえなかったらという思いでいると思います。当たり前の生活が当たり前でなくなった原発事故。私は許せません。母が言った言葉、「あなたは弟と一緒にどこか遠くへ行きなさい」――。家族がバラバラになるなんて考えられないと、私はこの地で暮らしています。福島ではそれが普通になってしまった。

 その後も続く原発事故の実態。全国にある原発。福島の事だけではない。いつか、起こりうる事故。福島のように事故が起きて家族がバラバラになってほしくない。

 だから、私は原発即時ゼロ!!原発事故収束宣言撤回を求めている日本共産党を応援しています。

 そして、生業を奪われ失うことのなかったはずの大切な命、福島の豊かな自然、新鮮な野菜、福島の大切なものを返してほしいです。普通の暮らしがしたいです。

 今の安倍政権はそれを壊そうとしています。TPPに参加し、日本の農業、医療を壊す。国防軍を作り、日本国民を戦争に送り出す。戦前のような日本になってほしくありません。だから私は「憲法9条を守ろう!!」と言う日本共産党を応援し、青年として声をあげたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.07

●高い学費や就職難は世界の中での日本の「異常」。若者の声を代弁する党を伸ばしたい

北海道在住 山嵜郁夫さん (29歳

Photo みなさん、いま生活の実感はいかがでしょうか。ちゃんと生活できるだけの給料をもらえていますか。人間らしい生活を送れているでしょうか。

 ぼくは、高い学費や就職難の中で苦しんできました。ぼくの家庭は母子家庭でした。大学進学のために北海道に行きましたが、自分の生活費は奨学金などでまかなわなければなりませんでした。月末になると、日々の食事をどうするかにも困るような状態の中で、「こんなふうに苦しい状態なのは、勉強ができなかった自分が悪かったのかな」と思ったこともありました。

 しかし、世界では学費は無償が当たり前です。フランスでは約2・5万円で大学に通うことができるし、フィンランドでは無料で学ぶことができます。世界では、「学生が学んで得するのは社会だ」ということで、若者がだれでも学び成長することを保障する世の中になっています。

 働く人たちの権利も、日本は本当に苦しい状態があると思います。世界では最低賃金は1000円以上が当たり前だったり、サービス残業や解雇を規制する法律があり、若者がちゃんと働ける保障が整っています。ぼくは大学を卒業して就職活動をしようとしましたが、北海道から面接を受けるのに本州に行かなければならなかったりして、飛行機代なども本当に大変でした。そういうことも、やはり世界では異常なんだということを知れたのが、本当にうれしかったです。

 そういうことをいっしょに考えてくれたのが日本共産党でした。いま非正規で働いている若者が本当にたくさんいます。ぼくも若者雇用の実態を調査したりして、何時間働いても生活できる給料をもらえないとか、サービス残業で体調を崩したなどの声をたくさん聞いてきました。こういう声を国会で代弁してきたのが日本共産党です。先日の国会ではユニクロで働いた新卒正社員の約50%が体調を崩したりして短い期間で退職し、「ブラック企業」といわれるような実態があることを告発するなど、青年の雇用と暮らしを守るために一生懸命働いているのが日本共産党です。みなさんの声を代弁してくれる政党だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.05

●いま大阪で起こっていること…人が大切にされる政治を

大阪府在住 宅田葉月さん (27歳)

Photo_2 去年、大阪市の桜宮高校で、生徒が体罰を苦に自殺した事件がありました。また、今年5月にも、大阪市に住む母子が餓死したニュースが報じられました。人が大事にされない、そういうことが、いま橋下徹・維新の会代表が市長をつとめる大阪では起こっています。

橋下維新の会は、前回の総選挙で最低賃金を廃止するという公約をかかげました。安倍首相も「世界一、企業が活動しやすい国にする」といっていますが、働く人の環境が劣悪でも、企業さえもうかればいいという考え方が、維新の会にも、自民党・安倍政権のなかにもあります。それを変えていこうというのが共産党です。ぜひ共産党を伸ばしたいなと私は思っています。

 体罰で高校生が自殺した事件のとき、共産党は、「体罰をなくすために、教師も生徒も保護者も、みんなが話し合うことが必要だ」と主張しました。ほかの政党は、「厳罰化すれば体罰はなくなる」といいました。そういう方向では、子ども一人ひとりの声をきく教育はできないと思います。体罰の問題は、受験競争、点数で学校や生徒を評価する風潮が広がり、どうすれば「成果」があがるかに学校や先生たちが追われる、そんな中でつくられた問題です。それに対し、子ども一人ひとりがわかるように、教育を立て直し、競争教育そのものを変えようといっているのが共産党です。

いま、働く青年の二人に一人が非正規です。正規で働いている人も決して楽をしていません。いくら長時間働いても残業代が出ない。手取りで12~13万円しかない。私のまわりの青年も、本当にみんな死にもの狂いで働いています。そんな若者の実態をとりあげ、政治の力で変えようとしているのが日本共産党です。ユニクロで働く新入社員の半分が3年以内にやめる。それを実態をもって告発したのが、日本共産党の山下よしきさんでした。また、去年、電機産業が大量にリストラすることを許してはならないと、国会でちゃんととりあげたのも日本共産党でした。一つの企業の問題ですが、それを許すとそれが全体に広がる。そもそもそんな企業の勝手を許していいのか、それを変えていこうといっているのが日本共産党です。

 

私はぜひ日本共産党を伸ばして、人間が本当に大切にされる、働く人や弱い人が大切にされる社会を実現してほしいと思っています。ぜひ、みなさんの思いにちゃんと向き合う政党を選んでほしいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.06.04

●アベノミクスで生活はよくなった? 大企業に遠慮なくモノが言える日本共産党が伸びてこそ

長野県在住 小山農さん (25歳)



Photo_10 みなさん、昨年12月に総選挙があって、安倍政権ができました。アベノミクス、アベノミクスと毎日テレビでやっていますが、生活がよくなった実感があるでしょうか。

 私のある友人は、長野県の金属加工の工場で働いていますが、「昨年に比べていま生産は6割に落ち込んでいる。出入りの企業では人員整理が始まったときく。自分もいつそうなるかわからず、不安だ」と話してくれました。


 別の友人は7年間非正規で働いています。その工場では、唯一彼しかできない、機械の心臓部をつくる仕事を任されている。毎年正社員登用の試験を受けるが、一向に正社員になれない。そしてついに、今年に入って、中国から同じ企業の正社員がやってきて、上司が「君の技術を3カ月で彼に教えてほしい」といったそうです。もちろん、その中国の方が悪いわけではないので一生懸命教えますが、3カ月たったら、自分の技術は中国に持っていかれ、自分の仕事がないかもしれないと、毎日不安におそわれながら出勤しているという話です。


 多くのみなさんが「何か変わるのでは」と思いながらも、実際は自分たちの生活はよくなっていません。どうしてか。やっぱりアベノミクスは、これまで自民党や民主党がやってきた政治と同じように、働く人、若い人の給料を増やして生活を立て直すことではなく、どれだけ企業がもうけをあげやすいかに的をしぼった政治だということが、背景にあるんじゃないでしょうか。


 今度の選挙で私は、この大企業優先の政治を大本から変えようということを訴えたいと思うんです。「二大政党」とか第3極とか、いろんな政党がありますが、日本共産党以外の多くの政党は、国民の声を聞くかのようなふりをして、実は大企業の声ばかりきいて実現しているわけです。アベノミクスで一番、得をした人はだれか。実は大企業の経営者や大株主のみなさんだそうです。働かないで株を持っているだけで、安倍さんが政権についただけで半年間で数百億円も所得を増やしている人もいるそうです。こういう政治を続けていけば、一部の大金持ちだけが得をする政治が、いつまでも変わらないと思うんです。今度の選挙は、こういう大企業優先の政治を改め、働く人の所得を増やして経済を立て直す政治を実現したいと思うんです。


 もう一つ考えたいのは、そういう政治を実現できるのはだれかということです。私は、日本共産党だと思います。実は共産党、ほかの政党と違う点があります。企業から政治献金をもらわず、自分たちで財政をまかなって活動している政党なんです。ですから、「働く人の給料を増やしてほしい」とか、「お金持ちや大企業にはそれなりの社会的な責任を果たしてほしい」ということも、遠慮せずに堂々と言うことができるんです。いま政治には、国民の立場で、大企業にも遠慮せずに本当のことをはっきり言える日本共産党が必要です。


 今度の選挙では多くの方が、自民も民主もだめだ、第3極もやっぱり自民党の補完勢力だ、そういう中でどうしようか、迷っている方がいらっしゃると思います。日本共産党が本当に働く人、若い人の味方だということに注目していただいて、都議選と参院選で大きく伸ばしていただきたいと思います。ぜひ日本共産党を伸ばして、私たちの暮らしをよくする政治をご一緒に実現していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ニートだったぼくの話を正面から聞き、「いっしょに変えよう」と言ってくれた 

青森県在住 赤平勇人さん (23歳)


Photo_5

 私が日本共産党を応援する活動を始めたのは去年です。なんで始めたか、なんで日本共産党を応援しているかを話します。

 私は高校を卒業してすぐに、仙台で働き始めました。その会社は工場のライン作業をする会社だったんですが、とても働かせ方がひどく、朝5時から夕方5時まで4日間働いて2日休み、次は夕方5時から朝5時まで4日間働く、というのを繰り返す変則勤務でした。続けているうちに身も心もこわしてしまい、地元の青森に泣く泣く帰りました。

なんとかやり直せるかな、もう一度立ち直れるかなと思って青森に帰ったんですが、現実はそうではなく、仕事も全然なく、まわりからは「お前のがまんが足りない。だから仕事をやめてしまうんだ」「妥協すれば仕事なんていくらでも見つかるだろ」といわれ続けました。しかし、そういわれても実際に仕事がないし、あったとしても働かせ方がひどい仕事ばかりで、しばらくして私はニートになってしまいました。

一体全体、どうして私たち青年がこんなにつらい暮らしをしなければいけないんだろうか。どうしたらこの生活から抜け出すことができるんだろうか。本当に夢も希望もないんだろうか。とにかくだれかに訴えたかったときに、私の話を真正面から聞いてくれたのが日本共産党でした。仕事のつらさ、生活のつらさを真正面から聞いてくれ、いっしょに変えようと声をかけてくれました。だから私はいま、ここで訴えています。

 こういう、本当につらい思いを持った人たちは、まだまだたくさんいると思います。ぜひ、みなさんの声を聞かせてください。いっしょに変えていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●だから私は日本共産党  雇用、いじめ…ぼくらの声と選挙で社会変えよう

静岡県在住 望月聡彦さん (25歳)



Photo_4

 いま、若者の二人に一人が非正規で働いています。ご通行中のみなさんの中にも、非正規労働者の方、いらっしゃると思います。おとなの方も、自分の孫や子が安定した仕事につけないという方、いらっしゃるでしょう。

 静岡で、働く実態を聞くアンケートにとりくみました。中部電力の下請け企業で働く青年は、忙しい時期は、朝起きるのは3時4時。そこから1時間かけて出勤し、職場につくと、さらに山奥にある変電所まで車と徒歩で山を登り、そこで業務につくそうです。現場監督官もやっているが、本当にモノのように働かされています。若いからと、なかなか給料が上がらない、拘束時間は長い、賃金が低いなど、劣悪な環境を押しつけられています。むかし、職場の同僚が、働きすぎて病院に入院したそうです。胃を切除する手術をして、退院すると、人手が足りないという理由で体調が万全でないなか出勤させられたそうです。こうした、体がこわされるような働かせ方が横行しています。

 高校生のいじめの問題も深刻です。この問題でもアンケート調査をしましたが、「昔いじめにあった経験がある」「友達がそういう状態になっている」「最近、友人が学校にこなくなった」などの声が多く聞かれました。ぼくの知っている、ある中学3年生は、初めて出会ったときはほとんど口を開いてくれなかったのですが、いろいろ聞いていくと、「実は以前、学校で、プールの授業で着替えているときにバスタオルをとられ、はずかしめを受けた。そこから人と接するのがこわくなり、今でも人と対面するとどもってしまって、自分の思いがなかなか話せないんだ」と打ち明けてくれました。そういう実態が全国どこでもある。そんなときに、競争をあおったり、「規範意識」を上から押しつけたりするような安倍政権の教育政策を、ぼくは許せないと思っています。

 5月28日、こうした実態を集めて対政府交渉を行ってきました。文部科学省や厚生労働省の担当者は、こちらが実態を伝えると「何とかしなくちゃいけない」といいますが、一方で「政府の意向があるので、一省庁では何ともできない」ともいうんです。ぼくは、「そういうことなら、選挙を通してこの社会を変えていくしかない」と思いました。

 要請行動も通して感じたのは、声を届けることと政治を変える選挙の大切さでした。だからぼくは今度の選挙では、僕らと一緒に、この調査を協力してくれた日本共産党に伸びてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●だから私は日本共産党……「原発なくしたい」の青年の声にこたえる政治を

石川県在住 鈴木宏太さん (32歳)


Photo_3 ぼくは、金沢駅で毎週金曜日に行われている原発反対の行動に参加しています。街頭でシールアンケートを行い、青年の声をきくと、6割以上の人が「原発はいらない」と答えます。2割が「原発は必要」と答えます。「いらない」にシールをはる人たちは、「あんな事故が起きたんだから、危険な原発はもういらない」といいます。「必要」にはる人たちも、「将来的には原発はいらない。再生可能エネルギーなど代替エネルギーが整えば、原発はなくしてもいい」といいます。しかし、いまの安倍政権は原発を推進する、再稼働する、輸出する、建設するという立場です。「将来的には原発はいらない」という多くの声に反していると思います。

5月のゴールデンウィークに、福島の被災地ボランティアに参加してきました。仮設住宅に暮らす方たちを訪問し、困っていることはないか、国や東電への要望はないかとアンケートをとる活動をしてきました。そこでは「なかなか先行きが見えない」「いつ元の暮らしに戻れるかわからない」「仮設住宅はせまくて暮らしづらい」などの声を聞きました。放射能汚染されている場所は、まだまだ人が住めるようになるまでには時間がかかります。立ち入ることはできても、夜になったら戻らないといけないという場所もたくさんあります。被災地の声を聞き、復興を早く進めるよう、政治の役割が問われています。

いまニュースで騒がれているアベノミクス。これは企業の成長戦略ということでうたわれていますが、同時にこれは、労働者を簡単に首切りできるようにするという中身でもあります。ただでさえ青年の二人に一人が非正規雇用となっているなか、さらに首切りをしやすくするというこの動きは、とんでもないことだと思います。安心して暮らせる仕事がある、安心して暮らせる給料がある、そうであってこそ、労働者はしっかりと役割を果たしていけるものだと思います。それがいまの政治は、「働くな」「働けないのは個人の責任だ」といわんばかりです。

 そういう政治を変えたい。だから日本共産党を伸ばしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.06

●だから私は日本共産党、20人の動画がアップされました

かえるネット×日本共産党宣伝局がコラボした、だから私は日本共産党。予定していた収録がすべて終了し、今回は20人の方に出演していただきました。

http://www.jcp.or.jp/tokusyu-10/07-dakara/

それぞれのみなさんが、自分の思い、仕事や生活と重ねて「だから私は」を語っています。

聞いていて、グッとくることが何度もありました。

再生回数は全部で1万回をこえているようです。

まわりにもすすめていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.28

●「だから私は日本共産党」・・・米ヘリが墜落した大学に通っていた増田あけみさん

2004年8月13日、沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落しました。

当時、在校生だった増田さん。

現在は、神奈川県で生活しています。

当時の様子、今も変わらない沖縄への思い

そして日本共産党への思いを語っていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.22

●「だから私は日本共産党」・・・5人目は名護市出身の宮城みのりさん

http://www.youtube.com/watch?v=m8ShQ3i1TFE&feature=player_embedded

だから私は日本共産党、5人目は沖縄県名護市出身で、現在は千葉県に住んでいる宮城みのりさんです。

小学校2年生まで名護市で過ごし、最近、おばあのいる名護市に帰省したそうです。

おばあから聞いた沖縄戦のこと、ふるさとの美しい海に基地をつくらせたくない思い

ぜひみてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.21

●だから私は日本共産党・・・共働きで2人の子育て中 本間さやかさん

http://www.youtube.com/watch?v=gNkyB0gX-I0&feature=channel

だから私は日本共産党、4人目は本間さやかさん。

「保育園に感謝」と語る本間さん。

「育てること、働くことを応援する政治に」との思いを語っていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●「だから私は日本共産党」・・・0歳児のママ 形岡七恵さん

http://www.youtube.com/watch?v=sNdeJZGW-vE

だから私は日本共産党、3人目は0歳児のママ 形岡七恵さんです。

子育て目線から見た日本共産党の魅力を語っていただきました。

赤ちゃんもかわいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.20

●「だから私は日本共産党」・・・NYにいってきた西村美幸さん

http://www.youtube.com/watch?v=GAZo4-EYJ6g&feature=player_embedded

「だから私は日本共産党」、2人目は5月のNPT再検討会議にむけてNY行動に参加した西村美幸さんです。

「日米安保条約やめるべし!」の思いを見るべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.12

●だから私は日本共産党・・・障害者通所施設では働く曽根原詠子さん

http://www.youtube.com/watch?v=E1hhEvUdcxQ

見ていて目頭があつくなりました。

「命の重さは同じ
 命を一番に考えてくれる政治を
  だから私は日本共産党」

障害者通所施設で働く曽根原さんのメッセージ、ぜひご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●だから私は日本共産党・・・保育士の山田のそみさん

http://www.youtube.com/watch?v=khkfbFQ3mio

都内で保育士として働く山田さん。

保育の現場で起こっていること

核兵器被害の深刻さを知り、
平和への思いがあふれてきたこと

そして日本共産党への期待

実感込めて語ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.11

●だから私は日本共産党・・・紙芝居で訴える佐藤正明さん

http://www.youtube.com/watch?v=CQTRji9JioM

昨年秋、『蟹工船』を読み終わった頃が共産党との出会いだったという佐藤さん。

自分なりに共産党をPRしたいと紙芝居をつくって上演しているそうです。

どんな紙芝居なのでしょう??

みなさんぜひ見てください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.09

●だから私は日本共産党・・・調理師のゆうきさん

http://www.youtube.com/watch?v=jbV8CQFgkZ0

ひとりを殺せば犯罪なのに、戦争で大量に命が奪うことはなぜ裁かれないのか・・・。

戦争反対
だから私は日本共産党

被爆地・長崎は今日、64回目の原爆の日を迎えます。

ゆうきさんの平和への思いをみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.07

●だから私は日本共産党・・・子育てママ&女性団体で働く坂田綾子さん

http://www.youtube.com/watch?v=V7JxiPs1-Ts

女性団体で働き、子育て中の坂田さん

生活実感を込めて「だから私は・・・」の思いを語ってくれました。

収録した公園は坂田さんのお住まいの近所の公園なんですが、近くに米軍基地&米兵専用ゴルフ場があります。カメラの角度の関係でゴルフ場が映ったとき、基地関係者がやってきて驚きました。

神奈川県は沖縄についで日本で2番目の米軍基地県です。その実態をかいまみる思いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.05

●だから私は日本共産党・・・アルバイトのゴンさん

http://www.youtube.com/watch?v=CT6_mhAGa0s

アルバイトで生活するゴンさん。

仕事や生活の悩み・不安を出しあえる居場所を見つけられたと話します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.04

●だから私は日本共産党・・・国際友好団体で働く恩田和枝さん

http://www.youtube.com/watch?v=yRJaUTsBLkM

国際友好団体で働く恩田さん

2005年、中南米のベネズエラを訪問した際にびっくりしたこととは・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.01

●「だから私は・・・」をピックアップしたDVDをつくりました

「だから私は日本共産党」をまとめたDVDを作成しました。

雇用問題を語ってくれたみなさんの動画を収録しています。

各県のかえるネット代表宛てに2枚ずつ送ったので、ぜひ活用してください。

「焼き増しして活用したい」という方のためにラベルもつくりました↓↓

Photo_8

「dakara-DVD.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.31

●だから私は日本共産党・・・派遣労働者と対話をひろげる三宅洋さん

http://www.youtube.com/watch?v=6q5FFvDmNhs

「所持金60円しかない・・・」「ネットカフェで寝泊りしている」
働く青年の深刻な実態を聞いてきた三宅さん。

若者の実態を変えたいと政党への働きかけもしています。

大企業にモノが言える日本共産党への期待を語ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.30

●声の「だから私は」・・・派遣ではたらくよっちーさん

http://www.youtube.com/watch?v=qPuT94oBMY4

「だから私は日本共産党」は動画版、テキスト版ですすめてきましたが、
電話バージョンもはじめました。

1人目は、派遣で働くよっちーさんです。

「自分も出たい」という人がいたらぜひ、かえるネットにメールください!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.29

●だから私は日本共産党・・・医療現場で働く石田幸平さん

http://www.youtube.com/watch?v=dRRM5zMUm-I

奈良県内の病院で働き始めて1年半の石田さん

現場で働く実感を込めて

誰もが安心して
かかれる医療を
ともに作ってきれる!!

だから私は日本共産党

の思いを語ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●だから私は日本共産党・・・落合甲太さん/医師

http://www.youtube.com/watch?v=QYVXgxntx6o

大阪市内の病院で働く医師の落合さん

地域で生活する人たちの命と健康を守りたいとがんばっています。

そんな理想を胸に、「でも、毎日怒られながらですけど」と笑う落合さん。

目の前の患者さんを救いたい
地域医療を守っていきたい
だから私は日本共産党

お忙しいとは思いますが、ますますご活躍ください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.28

●だから私は日本共産党・・・大阪の弁護士・大前治さん登場

http://www.youtube.com/watch?v=L1KVPktfNL4

大阪の若手弁護士、大前治さんの登場です。

間近にみた共産党国会議員の姿

若者が人間として大切にされる社会へ

そして平和への思い

大いに語っていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●だから私は日本共産党・・・大阪市議の清水ただしさん登場

http://www.youtube.com/watch?v=cwOQJIOfkwA

大阪市議で来年の参議院大阪選挙区の予定候補、清水ただしさんの登場です。

スーパーマンを自称する清水さん

そのワケは、動画をみればわかります。

日常の暮らしからみんな笑顔でくらせる社会を作りたい!!

情熱と笑いあふれる

そのパフォーマンスは必見です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.25

●だから私は日本共産党・・・働きながら子育て中の松尾玲子さん

http://www.youtube.com/watch?v=QqPZQpa3x38

関西から3人目の登場です。

兵庫県西宮市内に住む松尾玲子さん

日々、実感する、仕事&子育ての両立のたいへんさ

働き方の転換こそ、の思いを語っていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.24

●だから私は日本共産党に作家・あさのあつこさん登場!!

http://www.youtube.com/watch?v=ripbZ-e3z6c

『バッテリー』の著者、あさのあつこさん(作家)

「だから私は日本共産党」に登場ですsign03

〝政治と私たちの生活にはずいぶん距離が出来た
どこまで痛みとか苦しみを自分のものとして
受け止めてくれているのか、正直、疑問
いきどおりを通り越して、悲しくなります〟

〝子どもたちが幸せだなって思えるような国であって欲しい
それが足もとから、がらがらと崩れている
押しとどめなければいけないっていう大人としての責任があり
それを共産党に託してみたい、という気持ちがある〟

〝共産党が伸びることは
明日につながる希望になるのではないか
私は、ここしかないと思っているんですよ、正直
なんでこれだけしかないのかって。届く言葉を〟

〝『共産党のことは聞かない』という人たちも
耳から手を下ろしはじめたと思う
私たちのために、ふんばって、がんばってほしい〟

〝戦争の時代、私が物書きだったらどうしたか。
書かなくなるか、心ならずも賛美していたかもしれない
共産党の強靭さはすごいなあと感じる〟

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●だから私は日本共産党・・・元日雇い派遣で路上生活も体験した坂口栄治さん

http://www.youtube.com/watch?v=BencDuNhAd0

関西から2人目の登場です。

神戸市に住む坂口栄治さん

日雇い派遣を転々とし、路上生活も経験しました。

そんな坂口さんの「だから私は・・・」の思いとは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.23

●だから私は日本共産党・・・派遣切り撤回をもとめて交渉中の森田健嗣さん

http://www.youtube.com/watch?v=qMIJSURJ0Fc

関西での収録から1人目の登場は

京都市内在住の森田健嗣さん

派遣切りにあい、現在は会社と交渉中angry

共産党との出会い、政治を変えたい思い

とっても元気な訴えですよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●だから私は日本共産党・・・無農薬お茶農家の杵塚歩さん

http://www.youtube.com/watch?v=97J4EKVr4TQ

だから私は日本共産党に、農業青年が初登場です(v^ー゜)ヤッタ!!

静岡県内で無農薬でお茶を栽培している杵塚さん

農業と自然を守りたい、その思い

ぜひみてください!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.21

●だから私は日本共産党・・・中小企業で働くかやばあつしさん

埼玉から2人目の登場です。

中小企業で正社員として働くかやばさん。

以前の職場では労働災害にあったことも。

その体験から、誰もが人間らしく働ける職場をとの願いを語ります。

ぜひご覧ください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.06

●だから私は日本共産党…渡名喜まゆ子さん

昨年11月に出産された渡名喜さん

安心して生み育てられる環境づくりの大切さ

そして、

憲法9条を守りたい思い

熱く語ってくれました

ぜひ見てくださいeye

http://www.youtube.com/watch?v=7NH6tAIF34I

続きを読む "だから私は日本共産党…渡名喜まゆ子さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.03

●だから私は日本共産党・・・東京のモコさん

ムービーでは久しぶりのアップです。

都内の調剤薬局で薬剤師として働くモコさん

患者さんの実態にふれるなかで感じた「だから・・・」の思い

みなさん、ぜひみてくださいsign03

ケータイの方はこちらからどうぞ

http://www.youtube.com/watch?v=KMU2o_E8KlA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.17

●派遣切りは「派遣労働者の自己責任」なのでしょうか

(長野在住のBさんが街頭で訴えている内容です)

「naganoseinen.pdf」をダウンロード

私は派遣切りに遭い、現在失業中です。派遣切りの問題は自己責任という考えがまだ根強く残っています。しかし、それはちがいます。派遣労働者の多くは、日本中の、または世界中の失業率の高い地域から出稼ぎに来ています。地元では就職できません。仮にあったとしても、低賃金で働くことを余儀なくされるのです。そこで仕事の選択肢があり、高収入をうたっている派遣の仕事を選ぶことになるのです。

派遣会社に登録をして派遣会社が契約している企業に派遣されて行くのですが、学校を卒業した純真な若者たちを長時間労働、低賃金、不安定雇用、無権利、そして平気で人をモノ扱いする過酷な現実が待ち受けています。若者を使い捨てする働かせかたが許されるでしょうか?
私は日本共産党を応援しています。それは人間らしく働くために派遣法の抜本改正を提案しているからです。

劣悪な労働環境のなかで体調を崩したり、精神を病んだりして故郷に戻っても世間の風当たりは冷たく、肉親ですら理解してもらえません。絶望して生きる希望を失い、みずからの殻にとじこもり、自暴自棄の生活におちいっていく人を私はたくさんみてきました。派遣をやめて就職を試みても、面接にすらたどりづけません。その結果、派遣に戻るしか選択肢はありませんでした。

残念なことに、ハローワークの就職支援は十分ではありません。派遣会社の寮にいたため門前払いされました。アパートを借りて就職相談に行くと派遣で働くことを勧められました。最近では仕事がないから実家に戻るように言われました。このような状況でも行政はIターンを推進しています。

安易に自己責任の一言で片付けるのではなく、多くの人にこのような現実への理解を広げ、共に力をあわせて、本当の意味での労働者同士のきずなを深めることが大切です。

職場内の違法労働行為を見逃さない、そして発見したら迅速な対応ができるような社会に変わることを私たち派遣労働者は望んでいます。
私たちは今、企業の派遣切りや雇い止めにより仕事と生活を奪われたうえ、今度は行政によって生存権を脅かされています。低収入のために失業給付金だけでは生活していけません。副業は週20時間以上働くと不正受給になってしまいます。

長野県の勤労者生活資金融資制度は、審査が厳しくてほとんど利用できません。そのため職業訓練も満足にできない状況です。1日も早く利用条件を緩和することを願っています。各種の借入金制度も同様にそれぞれ審査の条件が厳しくて利用できません。セーフティーネットは誰のためにあるのかをもう一度考えなおす必要があります。

今度の総選挙は「雇用破壊を許さない。人間らしい労働のルールをつくる」をスローガンにしています。ぜひ日本共産党に伸びてもらい、このような状況を変えたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●不当解雇…労働組合と日本共産党に出会って

(千葉県在住のAさんが日本共産党演説会で訴えた内容です)

「chibaseinen.pdf」をダウンロード

私が労働組合の活動に参加することになったきっかけは、自分自身の不当解雇からです。会社側は解雇する立場でありながら、「自分からやめたことにしろ」といってきました。自己都合でやめたことにすることで失業給付が受けられなくなる、そう考えて、労働組合に入り、会社とたたかいました。2カ月の争議の末、会社都合の解雇を認めさせることができました。

会社都合であるにもかかわらず、自己都合でやめさせるやり方は近年増えてきています。会社は自己都合でやめさせることによって、あとあと労働者と腐れ縁がない、雇用に関する助成金を受け続けることができるというメリットがあります。自分本位な都合だけで労働者を使い捨てているのです。労働問題は直接生活にかかわってくる重要な問題です。このような問題が当たり前になっていては安心してくらしていけるはずがありません。

いま、若者のあいだでは格差や貧困からくる生きづらさがたいへんな問題になっています。いつクビを切られるかわからない、フリーペーパーなどでかき集められ、1時間あたり800円、900円でこき使われても生活していくしかない。正社員でも月の給料は生活保護と同じ。こんな状態では将来に展望がもてるはずもありません。

普通に学校をでて、普通に就職をし、普通に結婚し、普通に老後を迎える…こんな当たり前のことができなくなってきているのです。もちろん親からの自立もできません。私自身も正社員で働いていながら、月手取り13・4万、時間給に換算して850円で働かされていました。

さらには若年層による生活保護受給者も増えてきています。労働者が失業したら、路上に放り出される国…マンガ喫茶に寝泊りする若者が町にあふれる国が経済一流国といえるのでしょうか?

続きを読む "不当解雇…労働組合と日本共産党に出会って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.02

●新しいカテゴリーを追加しました

動画やテキストで、「○○だから共産党」とのメッセージを紹介している、

「だから私は日本共産党」をカテゴリーに追加しました。

これまでアップした動画の再生回数は、いずれも1000回を超えていました。

「そんなことやってたの?」という方は、この機会にぜひご覧下さい!

最近、動画のアップは滞っていますが、

6月から力を入れたいな、と計画を練っているところですdash

みなさんからの投稿もお待ちしています。

自分のコトバで発信していきましょう~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.01

●だから私は日本共産党・・・「モノじゃない」ポスターと自分重ねて

学生時代に政治学を専攻していました。

そこで感じたことは、政治や政策が、人々が際限のない搾取や不平等へ向かうことを信じて組み立てられている限り、
人々も自らをそう信じ、搾取や不平等へ向かう気持を肥大化させていくのは当然だということ、

人がそうありたい自分の姿を選んでいくように、国家も国家自身のなりたい姿を選んでいくものだとするなら
国家と私達は人の何を信じ、何を疑うべきかにも注意を払う必要がある、ということでした。

そんな中で日本共産党に興味を持ったのは日本共産党が、私が政治に対して抱いていた
「時代に依存して主義を変えるのみと認識されているもの」とのイメージとはまるで違う次元の存在、
ただ普遍的に良心と信じられるものを信念としているような特徴的な存在、と感じたからでした。

現在は派遣社員として職場を転々としながら働いています。

派遣という存在を疑問視し、正社員雇用を促すべしとの意見もありますが
経験上、今の時代にあって雇用関係に人権侵害や不当な扱いが生じているのはどの就業スタイルも同じで、
私自身は更に突っ込んだ対策も必要かもしれないと感じています。
むしろ私の場合は就職活動時や正社員だった際に、人の尊厳が著しく軽視される経験を多くし、
また業務上加害者になってしまうこともあり、第三者の介入によって節度が保たれやすい派遣社員を選ぶに至りました。

幸い良い派遣会社と派遣先企業の社員さんに出会えたおかげで人間らしい気持で生活を送れていますが
彼らのストレスや飼い殺しにされている様子を目にするにつけ、何も解決していないことにやりきれなさを感じます。

また私も派遣社員をしている限りこのままでは将来はありません。

「私たちモノじゃない」と訴える日本共産党のポスターを目にして、ありがとうと思いました。

正社員も派遣社員も企業も派遣会社も、誰もがその役割であることに感謝され、皆が健やかでいる社会であるために
すべきことを、日本共産党のあり方を見つめつつ私自身の問題として考えていければと思っています。

(都内在住 H)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

●「労働組合」と「一杯のうどん」と日本共産党

兵庫のvirgoハタラキかえるさんからの「shineだから私は日本共産党shine」の投稿です。

今まで、○○党という「党」が付くものは自分にとってあまり良い印象はありませんでした。政治家は、国民からお金を取ってナンボ。政治家は、入党させる為に平気で嘘をつく。

政治家は、口先だけで一向に世の中は良くならない。自分の生活と政治が結び付いている、という事すら知らなかった私が、たまたま街中で聞いた、日本共産党の演説。冒頭から「戦争反対」と、声を上げて、戦争を無くす為には?

平和な国にするには?と、問題を提起し、それを打開する具体的な内容を上げて、力強く話をされていた味口さん(衆院兵庫1候補)の話に、政治に全く興味の無い私が、初めてちゃんと耳を傾けた瞬間でした。

それから、家に帰って、ネットの動画配信で色んな党の演説を聞きました。言っている事はわかる、けど、結局、何がしたいのか? ストレートな想いが伝わらない、特に自分と同じ10代~20代の「政治に全く興味が無い年代」からしたら難しい言葉が飛び交うだけで、まるでピンとこない。

でも、じゃあ何故あれだけ興味の無かった政治に興味が沸いたのか。日本共産党が、演説した言葉や内容はすんなりと自分の中に浸透しました。イジメはアカン、犯罪はアカン、戦争はアカン。あぁ、カッコいいなぁ。そうやって、言い切る日本共産党が本当に、カッコいい。そう思いました。

それから、自分が不当な解雇に合って労働組合で闘う中、精神的にボロボロになって、それでも頑張らなくちゃいけなくて、苦しくて、悲しくて、一気に生活への恐怖感が押し寄せて、潰れそうになった時、「大丈夫、僕たちが支えるから」と、手を差し延べてくれたのが味口さんでした。

ワーキングプア、名ばかり店長で、毎日働いても、生活していくのがギリギリな賃金しか貰えず、揚句の果てには保険証も無く、風邪をひいても病院に行けなかった私を「このままではアカン。一緒に市役所に行こう」と、わざわざ休みの日に私の家まで向かえに来てくれたのです。

味口さんの人脈で、市役所で国民健康保険を作ったのち、病院にも一緒に来てくれて、「毎日、仕事大変やな。体力をつけなアカンで」と、美味しいうどんを一緒に食べました。

こんな、一市民の為にここまで親身になってくれる政治家がいるでしょうか。見返りを求めず、困った人が居たら手を差し延べる。人情深くて、お人よしで、とても真っ直ぐな味口さんを応援したい!そして今度は私が味口さんの力になりたい!

些細な一票かもしれないけれど、私の、この「一票」が、将来、この荒んだ日本を変えてくれる「日本共産党」の後押しになるかもしれない。

あの時、食べた「うどん」がどれだけ、温かったか、どれだけ、身に染みたか味口さんは知らないでしょう。味口さんを、そして日本共産党を私は、応援します。

愛する人が苦しまない様に

不当な首切りを無くし

後期高齢者医療制度を無くし

醜い戦争を無くし

平和な日本にしてくれるのは

平和な世界を作り上げていくのは

「日本共産党」だと、私は思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.31

●私の会社で起こっていることを聞いてください

 私は自動車関係の下請け会社で正社員として働いています。

 今回の金融危機による不況で去年の11月から派遣社員・パートが契約の打ち切りで辞めて行きました。12月からは定年後再雇用された社員も勤務時間を大幅に減らされました。

 派遣については社員の間でも「全面的に禁止すべきだ」「若者の質を下げた」等の声が有ります。

 今年も取引先から一方的に仕事を減らされ、ついに中小企業緊急雇用安定助成金の申請に対して正社員のほぼ全員が同意することまで追い詰められました、休業手当の対象外になる仕事仲間のIさん(契約社員)は今年の契約更新が有るのかと不安がっていました。

 この2月から本格的に減産体制に入ります、一部の社員は30日から2週間の休みです、それ以外の社員でも週3日~4日の休業となります。

 一応正社員については休業手当が出ますが、それでも賃金は下がってしまいます。家や車等のローンや賃貸マンション等で家賃を払っている社員は私を含めて貯金を切り崩す等の金策に追われています。正社員以外には手当が出ない為に辞めていった人が居ました。

 余りにも賃金を減らされたら私は家賃を払えなくなり勤務先から1時間以上かかる祖母の家に身を寄せなくてはなりません、まだ私は良い方かも知れませんが・・・。

 いっその事、転職しようかと考えています。

 さいごに、共産党についてですか、労働組合のサイトや、このかえるネットのブログで、派遣先から解雇され路上に放り出された派遣労働者を助ける為の行動を実際に行っている事を知りました。本当に共産党は弱い者の見方ですね。

 今度の総選挙では大躍進して自民・公明党による政治を変えて欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.27

●「だから私は日本共産党」・・・7人目は神部紅さん

7人目は千葉の神部紅(じんぶ・あかい)さんですimpact

同県の民青同盟委員長をつとめる神部さん。最近結成された千葉青年ユニオンの代表としても活躍中ですsign01

月20万円の給料のはずが、10万円しか支払われない・・・。自身の体験をきっかけに雇用問題にとりくむようになったそうです。

では、よろしく~。

http://jp.youtube.com/watch?v=bPkSKhUP-Jo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.01.23

●よびかけ人の高橋哲也です・・・だから私は日本共産党(テキストバージョン)

呼びかけ人の高橋哲也です。グラフィックデザイナーをやっています。
わたしが日本共産党を応援したい理由は大きくいうと2つあります。

ひとつは「平和」のこと。
わたしが平和について関心を持ったきっかけは2001年の9・11アメリカ同時テロでした。ビルが崩れ人がバラバラと落ちて亡くなっていく映像に衝撃を受け、こんなことがあってよいのだろうかと呆然としました。

その後、アメリカはアフガンやイラクに戦争をしかけました。アメリカの使ったクラスター爆弾で全身に傷を負った同い年くらいの現地の若者の写真を見ました。爆弾の下には、ぼくたちと同じように暮らしている人がいる。どんな理由があっても許されないことだ、戦争をなんとかやめさせたいと思いました。

そして、わたしたちが「戦争しない武器を持たない」と決めた憲法九条を持っていることを思い出し、すばらしい条文だと素直に思ったんです。しかし今の日本政府の行動は九条と矛盾しています。本気で平和を実現しようとしている政党は… と探してみたら共産党でした。

もうひとつは「人間らしく暮らす」こと。
わたしは毎日デザインの会社に通勤しています。やりがいのある仕事ですが、深夜までの残業が続くと体も精神も追いつめられて辛くなってきます。ちょっとしたことにイライラしたり… 健康的に人間が働き続けるには、やっぱり適度な休養と「あそびの時間」が必要だと感じています。

わたしはたまに美術館に行きます。金曜は夜8時までやっている美術館があるので、がんばって仕事を終わらせて行くのですが、仕事が終わらずあきらめることも多いです。アートに触れると日常では気づかなかったことや、こんなことを感じる自分が居たんだ!という発見があり、心に栄養補給している気がします。ぼくにとってアート鑑賞は「あそびの時間」のひとつです。そういう時間があると、次の仕事をやる元気につながるような…

「あそびの時間」は人によっていろいろだと思います。舞台を観たり、スポーツをしたり、人と食事をしたり、キャンプしたり… でも、そういう時間をわたしたちの世代は奪われていますよね。労働時間が長すぎて休日は寝てるしかないとか、なにかしようにもお金がないとか…

わたしは、みんなが「あそびの時間」を持ちながら、仕事もがんばることができる社会、そういう社会にしたいと思うんです。まず、もっときびしい「働くルール」がほしい。それからアーティストがのびのび活動できる環境、みんなが気軽に芸術に触れられる環境があるといいですね。そういうのって個人や個々 の企業の努力だけでは無理な気がします。政治の役割って大きいのではないか。みんなが「人間らしく暮らす」ことを本気で取り組む政党は… と探してみたら日本共産党なんじゃないかな、と。

かえるネットで多くの人とつながって、思いを束にして、政治をかえて、平和で人間らしく暮らせる日本を作っていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.22

●「だから私は日本共産党」・・・6人目はYOUさん

「だから私は日本共産党」

新年最初の登場はYOUさん。

見ていてなんだか楽しくなるようなメッセージです。

では、どうぞshine

http://jp.youtube.com/watch?v=2PHPAUXF_kE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.25

●「だから私は日本共産党」・・・5人目は池内さおりさん

日本共産党の東京12区青年学生部長で、同小選挙区の予定候補の池内さおりさんです。

池内さんは26歳で、全国の候補者のなかで最年少。ブログは1年間で33万アクセスをこえているんですよ。

それではどうぞenter

携帯の方はこちらから↓↓↓

http://jp.youtube.com/watch?v=hEV7NnHRXuQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.24

●「だから私は日本共産党」・・・4人目はササキケイシさん

4人目の登場は、岩手のかえるネットメンバー、ササキ・ケイシさん。

民青同盟の岩手県委員長としても活躍中ですsign03

それでは、よろしく~

携帯の方はこちらから↓↓↓

http://jp.youtube.com/watch?v=1bDBRjD5s6o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.22

●「だから私は日本共産党」・・・3人目は弁護士の久保木亮介さん

日本をかえる全国ネットのよびかけ人で弁護士の久保木亮介さん。 その熱いメッセージをご覧ください

携帯はこちらから↓↓↓

http://jp.youtube.com/watch?v=iBFQi0NqSJY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.19

●連日アップ! 「だから私は日本共産党です」

 「だから私は日本共産党」。2人目は医療現場で働く志乃さんです。

 それでは、よろしく~!

携帯の方はこちらから↓↓↓

http://jp.youtube.com/watch?v=TkoDkyiDkh4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.18

●新企画 「だから私は日本共産党」

 新企画をスタートさせました。

 その名も、「だから私は日本共産党」

 各地のかえるネットのメンバーからは、自分の思いとかさねて応援のメッセージが、

 日本共産党の若い候補者のみなさんからは、政治をかえたい思いと同世代の若者へのメッセージが、

 そして、さまざまなジャンルで活躍されているみなさんにも登場していただく予定になっています。

 最初に登場するのは、医師で、衆院比例東京ブロックの予定候補・谷川智行さんです。

 携帯の方はこちらから↓↓↓ 

http://jp.youtube.com/watch?v=Zq7eoicBc7g

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.11.19

●だから日本共産党を応援したい

こんばんは ムギママ☆です

今日は、私がなぜ日本共産党を応援したいのかを綴ってみたいと思いますconfident

とある自治体で保育士を13年ちかくやっていました。

重い障害をもつ就学前の子どもたちが、リハビリや保育をうけるために通う療育センターというところで9年間働きました。

そこで20代を過ごし、たくさんのことを教えてもらいました。

どんなに重い障害があっても、ことばが話せない子どもでも

「人間らしく生きたい」というねがいをもっていること。

必ず発達するということ。

我が子が障害をもって生まれたことをゆっくりと受けとめながら

まわりの人と手をつないで、子どもたちを育てていこうとがんばっている

お母さん、お父さん、兄弟たちのこと。

命の大事さ。

いっしょうけんめい生きること。

仲間と歩むこと。

そのほかにもいっぱいたくさんのことを学びました。

そんな職場がいきなり「4ヶ月後に市の方針で民間委託をする」というのです。

少数の弱者の福祉を切り捨て、安上がりにしていくためです。

とにかく職員と家族ができるかぎりの反対運動をしました。

4か月の間に20万を超える署名を集め、交渉もおこないました。

結果、委託になったものの、運動によって得られたものもありました。

私はこの委託反対運動があるまで、実は選挙に行ったことがありませんでした。

どこに入れたらいいのかわからなかったからです。

でも、この運動をとおしてはっきり見えました。

運動の最中、お母さんたちが「子どもの大好きな園をなくさないでください」

「今のままで残してください」と署名提出のため紹介議員になってもらおうと、

議員要請をしてまわりました。

そこで議員さんに言われたのは、

「組合と手をくんでるんだったら、紹介議員にはなれない」と。

ひどい話です。

いっしょに日常を歩んでいる職員と保護者を分断しようとしたんですから。

すごくショックでした。

紹介議員になってくれたのは日本共産党だけでした。

この時、私は「本当に市民の味方になってくれるのは日本共産党だけじゃないか」

と実感しました。

その後、日本共産党に注目し、考え方を知るなかで、本当にすごい政党だということが

わかりました。戦前から唯一「戦争反対」を訴え続けていたからです。

「子どもを守りたい」という思いと、もうひとつ私のなかにあったのは

親戚のおばあちゃんが被爆者だったことで、小さい頃から「核兵器をなくしたい」

という漠然とした思いがあり、それをどう言葉にしたらいいかわからなかったのだけど、

日本共産党はそれも目指してがんばっている。

自分の思いといっしょだという感じがしました。

実感的に感じたのは…、たぶん「人間を大切にする」ということなんじゃないかな、

と思います。

子どもが大切にされる社会、核兵器も戦争もない平和な社会にしたい。

それが私の原点。

だから、やっぱり私は日本共産党を応援したいと思ってるんですhappy02

                                          ムギママ☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.10.29

●全国ネットの初宣伝をしました♪

みなさんこんにちはshine

Isimura2_4    日本共産党といっしょに日本をかえるネットワーク・全国版ブログです。

 今日、結成したばかり。これからどんどん更新していくので、よろしくお願いします。

 はじめての宣伝、新宿駅前で47人が参加して、とってもにぎやかに行いました。ハロウィンの仮装も。

 「3カ月で派遣先をクビになり、いま求職中」Yamanda1_3
 「ネットカフェ難民の友だちがいるんです」
 「大学3年生で就職活動中。金融不況で就職が不安です」
 「難病指定からはずされ、医療費の負担がたいへんになりました」
 「カップラーメンを『400円』という麻生さんは信用できません」
 仕事のこと、政治への不満などさまざまな声がよせられました。

 「共産党は雇用や学費でがんばってますよね」
 「どうして共産党を応援しているんですか」
 日本共産党への関心・注目の声も。
 メール会員にも何人かの青年が登録してくれました。

 全国で「政治の中身をかえる」ブームを起こそうup


宣伝で訴えたみなさん
田中 悠さん→森吉 秀樹さん→渡邊 大輔さん→前川 史郎さん→佐藤さとしさん→渡名喜まゆ子さん→江口 献さん→葛原りょうさん→鳥羽大輔さん→野村昌弘さん

YouTube動画へのリンク(携帯の機種によっては映像が見られます)

続きを読む "全国ネットの初宣伝をしました♪"

| | コメント (3) | トラックバック (2)