« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013.11.27

●「青年の力で社会変えよう」  民青同盟全国大会

日本民主青年同盟(民青)は11月22~24日、都内で第37回全国大会を開き、大会決議「暮らしを守り、平和をつなごう――新しい日本社会への本格的前進をめざして 日本中で青年と声をあげられる大きな民青を」を採択しました。

2013112501_06_1
討論では53人が発言。民青が「班を主人公」に全国でとりくんでいる、要求実現のたたかいと、生き方の指針となる日本共産党綱領、科学的社会主義の学習のようすをイキイキと交流しました。

「青年大集会にむけて深夜12時から、24時間営業店の実態を調査した。『睡眠2時間でダブルワーク』『週5日深夜バイト』などの実態をつかみ、告発すると、地元紙もとりあげ、県労働局も『認識を新たにした』と対応の必要性を認めた」(山梨)

「有休がとれないのはおかしいと、班のみんなで労働基準法を学び、園とも交渉して、すべての職員が有休をとれるよう改善した。『いまの自分があるのは、民青での労働の学習があったから』と、みんなが確信にしている」(宮城・保育士班)

「班でとりくんだ秘密保護法の学習会に、民青に加盟したばかりの友人も参加してくれ、『社会を変えよう』と仲間に。いま、学生たちが『秘密保護法を阻止する会』をつくって、学内で運動している」(愛知・学生班)

「小2から中3まで学校に行けず、思いを言葉にできずに苦しみ、暴れていた自分が、民青に入って科学的社会主義を学び、『人間らしく生きたい』『よい大学に行くなどではなく、本当の意味で賢い人になりたい』と思うようになった」(大阪・高校1年生)

日本共産党の山下よしき書記局長代行があいさつ。「民青と日本共産党の出番の時代。よく学び、たたかい、仲間を増やし、若い力で新しい日本を切り開く先頭に立とう」と呼びかけました。

各界の方々から、来賓あいさつがありました。

日本青年団協議会・鳥澤文彦社会部長、全国商工団体連合会青年部協議会・下杉陽介事務局長、農民運動全国連合会青年部・渡邊信嗣事務局員、平和・民主・革新の日本をめざす全国の会(全国革新懇)・杉井静子代表世話人、首都圏青年ユニオン・山田真吾事務局長、全国労働組合総連合青年部・五十嵐建一書記長、全日本学生自治会総連合・加藤友志中央執行委員。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.11.15

●ネットでもっと共産党 ふくおか放送局

日本共産党福岡県委員会が「ネットでもっと共産党 ふくおか放送局」をスタートさせています。

Fukuoka

第1回(10月17日にアップ)のテーマは、「ブラック企業対策チーム」の活動について。街頭や大学で集めたアンケートに寄せられた声の紹介、日本共産党が参議院に提出したブラック企業規制法案の解説などがあります。

BGMやスーパー、資料動画なども入っていて、楽しく見ることができました。

視聴はこちらから → http://www.fjcp.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●民青同盟東京都委員会がネット番組をスタート

民青同盟東京都委員会が、ネット番組「民青TOKYOチャンネル」をスタートさせました。

Photo


第1回(11月12日午後8時~)の「特集」は、伊豆大島救援活動とボランティア募集について。現地で約2週間、ボランティアとして活動した若者が登場し、リポートします。

ほかに、「民青東京 What's going on?」「今週のマルクス」などのコーナーもあります。

民青の多彩な活動がよくわかると同時に、手作り感いっぱいで身近な感じがしました。ぜひ見てみてくださいね。

第1回の視聴はこちらから → http://minsei-tokyo.com/?page_id=118

第2回は11月19日(火)午後8時~。テーマは「ブラック企業」。日本共産党の吉良よし子参院議員をゲストに迎えます。

生放送の視聴はこちらから → http://live.nicovideo.jp/gate/lv159140106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

●バイトもブラック? 学生バイト調査   長野

いま学生や高校生の間で、ブラックな働き方をさせられる「ブラックバイト」が、切実な問題になっています。

いくつかの大学で、民青同盟班がアンケート調査に乗り出しています。今日はそのうちの1つ、長野の信州大の経験をご紹介。みんせい信大班のブログ( http://minseishindai1.wordpress.com/ )より、転載します。

*************************************

学費免除が取れなかったり、教科書代や生活費をバイトでなんとかする、という人が増えています。その中で、「バイトが忙しくて授業に影響が出る」「無理矢理シフトを入れられた」など「ブラック」なバイトが広がり、マスコミでも注目されています。

民青信大班では、信大生のバイトの状況を調べて記者会見を開き、社会にアピールしたいと考えています。
とりあえず、300人の実態を集めることを目標に、学内でアンケートを行います。

1人で悩んでいないで、みんなで声を上げればかえられます。ぜひあなたの状況を教えてください。

★アンケートの中間集計はブログで公表していくほか、上のアンケートサイトからも見ることができます。

下にあるプラスターを持って学内でやってますので、ご協力お願いします。
アパートへのポストインもやるので、記入して近くのメンバーに渡してもらえるとうれしいです。

Baito_chousa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »