« おおぜい集まれば政治は動かせる 全国青年大集会に行こう! | トップページ | 「給付制奨学金の意義わかった」 宮本岳志トークセッション 奈良 »

2013.10.26

●声上げ社会変えよう 強雨の中、青年大集会に1500人

「全国青年大集会2013」(実行委員会主催)が10月20日、東京・明治公園で開かれました。強い風雨rainと寒さbearingをついて、全国から1500人の青年が参加しました。

2013102101_01_1
「まともな仕事を増やせ!」「消費税増税は中止しろ!」とコールする青年たち(「しんぶん赤旗」10月21日付より)

集会では、ブラック企業への告発をはじめ、さまざまなたたかいが報告されました。

マンガ雑誌bookを発行する秋田書店で、景品当選者水増しの不正を告発し、不当解雇され、解雇撤回を求めて裁判をたたかう女性(首都圏青年ユニオン組合員)が、涙ながらにパワハラの実態を告発。消費者庁が、「会社ぐるみの違法行為」と認定したことにふれ、「以前は、会社のだれも私の話をきいてくれなかった。孤独だった。いまはこうして私のちいさな声をきいてくれるみなさんがいる。つらい声を受け止めてくれる仲間は、必ずいます。自分と社会を変えていきましょう」と訴えました。

全国で喫茶チェーンcafeを展開するカフェ・ベローチェを雇い止めされた首都圏青年ユニオンの組合員は、「会社は“鮮度”という言葉を使い、“若い女性をやとった方が男性客の集客につながる”と言った。女性は野菜や魚のように、鮮度が切れたからもういらないと考える会社なのかと悲しくなった」と発言。「やめることに納得していないのに声をあげなかったら、だれにも知られることがなくなる。それは絶対にあってはならないと思った」と裁判を決意した思いを語り、支援を訴えました。

日本航空airplaneの契約制客室乗務員雇い止め撤回裁判をたたかう原告の女性は、まじめに常務していたのに、上司からパワハラと退職強要を受けたと発言。「前回もこの集会で発言させてもらい、それからたくさんの仲間ができた。夢をもって入社した職場。この裁判で勝って、同じようにつらい思いをしている人たちにとって、明るいニュースにできればと思う」と決意を語りました。

全商連青年部協議会議長の雨宮真希人さんは、消費税増税中止を訴え。路上生活からぬけだして生活保護を受給し、いまは正規の仕事についた青年が、生活保護改悪に反対するスピーチを行いました。

2013102103_01_1
「ブラックな働かせ方はやめさせよう」と訴える青年たち(「しんぶん赤旗」10月21日付より)

北海道、青森、福島、静岡、大阪、長野、東京、京都の地域実行委員会が各地の活動を報告。ブラック企業大賞実行委員会の佐々木亮弁護士、自立生活サポートセンターもやいの稲葉剛代表理事、全労連の大黒作治議長、日本共産党の市田忠義書記局長があいさつしました。市田さんは、青年大集会の10年の歩みに触れて「たたかってこそ道が開ける。そのことをみなさんの10年のたたかいが証明しています」と述べ、あつく激励しました。

会場には、日本共産党の吉良よし子参院議員、白石たみお、米倉春奈両都議らもかけつけ、雨の中テントやブースをまわり、参加者と交流を深めていました。

「雨風は寒かったが、若者の心は熱かったです」「悪天候のなかよく集まったと思う」「市田さんがあいさつで、若者のとりくみが政治と社会を動かしていることに確信をとよびかけてくれたことに励まされた」などの感想が寄せられました。

10月21日には、実行委員会が国会議員や省庁への要請行動にとりくみ、120人が参加しました。「実態をつかみ告発する大事さをあらためて感じた。引き続きアンケート調査、自治体要請などがんばりたい」「経産省の原発推進の立場に怒りがわいたannoy」などの感想が出されました。

参加されたみなさん、本当におつかれさまでした! これからもそれぞれの地域や分野で、「まともな仕事と人間らしい生活」を求める運動を、がんばっていきましょうrock

|

各地のかえる(活動交流・お知らせなど)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526545/58456275

この記事へのトラックバック一覧です: 声上げ社会変えよう 強雨の中、青年大集会に1500人:

コメント

いまだに人材派遣会社は顔合わせと称して面接みたいな事をしています。
しかも派遣会社は登録スタッフの個人情報を漏洩しています。

投稿: sa10mi | 2013.11.14 15:40

2013 大集会、みなさまの活動、ご活躍ありがとう
ございました。当日は寿近くでの仕事の都合
残念ながら参加はできませんでした。

色々な 活動報告をこちらのページで拝見し、モチベーションというか さらなる 積極的に行動すべく 意欲が沸きました。

多くの若い方の声がこの暗雲立ちこめる情勢に 大きな栄光を
もたらし、本当に良い時代が来るよう、

祈念するとともに、 私も一人の公益のための社会貢献活動を
するボランティア として

これからも 益々 頑張って行きます。

寒くなりますが、どうか 風邪など引かぬよう、暖かくして
活動、行動して行きましょう。

(障害者年金を受けながら、死に至る病から克服し、
闘病の暁には、結婚を目指す者 であります) 

路上生活から 立ち上がった 彼! 心から仲間のためにも
ガンバレ!! upwardright

投稿: 通りすがりの支持者 | 2013.11.08 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。