« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013.10.30

●静岡の若者の実態を国政にぶつけてきました

静岡の「かえるネット」メンバーから投稿してもらいましたshine

10月20日、東京・明治公園で開催された「全国青年大集会2013」に、静岡からバスbusを出して25人で参加してきました。嵐のなか、1500人の若者が集まり、若者の雇用問題、ブラック企業の問題などを訴える集会になりました。

Photo_3

メイン集会で発言する青年たち=10月20日、東京・明治公園

翌日は若者の雇用実態を集めたアンケートを持ち寄り、省庁要請と国会議員要請行動を行いました。

Yousei

国会・省庁要請行動に参加した青年たち=10月21日、国会内

以下は、民青同盟静岡県委員長・望月聡彦さんのレポートです。

東海選出の国会議員に、愛知から参加された青年たちと一緒にとりくみました。

静岡からは、今回の要請行動に向けて「青年おしごと実態調査」のアンケートにとりくんできました。アンケートの傾向としては、多くの青年が仕事への負担を感じており、働きつづけることができないケースや、週に70時間を超える労働を強いられている実態がありました。安倍政権の目玉政策「アベノミクス」への評価を聞く項目では、(実感が)「ない」「あまりない」を合わせると90%以上となり、国民との感覚の差が特徴でした。

懇談で城内実議員(自民)の政策秘書と意見交換をしました。僕らのアンケート結果を手渡すと、「安倍政権になり、まだ日が浅い。3~4年は待ってほしい」と、実際に起こっている切実な実態に対しては返答がありませんでした。限定正社員などの問題についても「雇用の幅が広がる良い政策」と回答していて、僕らの要請と真っ向から対立する構図となりました。ただ、学費の問題などでは、「私も奨学金は1000万円借金している。苦しい気持ちは理解できる」と賛同する点もありました。

最後に日本共産党の佐々木憲昭議員と懇談をして、「みなさんが直接、議員に声を届けることは必ず力になります」と激励され、要請の中ではこちらの要望が伝わらず悔しい思いもしましたが、国会と国民世論の力で悪政を追い詰めていく意義を改めて噛みしめることができました。

Photo_4

佐々木憲昭衆院議員に要請書を手渡す青年たち。右端が望月さん=10月21日、国会内

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.10.28

●「給付制奨学金の意義わかった」 宮本岳志トークセッション 奈良

 10月27日、奈良県天理市で、日本共産党・宮本岳志衆院議員の「トークセッション」が開催されました。61人が参加し、盛況でした。

1376531_409375749189353_157837928_n

 宮本議員は、「大学の学費は無償に」が世界の流れなのに、それにブレーキをかけ続けてきた日本政府の姿勢を批判。歴代の日本共産党国会議員が、一貫して国際人権規約の「高等教育無償化」条項を認めるよう求めてきたことを紹介しました。そして、高校授業料が無償になった経緯をふりかえり、大学においては「受益者負担主義」の名のもとで国が無償化に背を向けてきたこと、その延長線上に、「利子つき奨学金」の問題もあることを指摘しました。

 最後のまとめで宮本さんは、「就職先に、仕方なくブラック企業を選ぶ学生も出てくる背景には、奨学金返済の困難さがある」と指摘。日本共産党がブラック企業規制法案を提出していることにも触れ、「給付制奨学金の実現にむけがんばりましょう」とよびかけました。

*            *           *

 奈良ではこのトークセッションも節目に、「給付型奨学金創設と学費無償化を進める署名」を、街頭や大学門前でよびかけ、集めています。大学生がたくさん署名に応じ、「給付制になったら助かります」「がんばってください」と声をかけてくれました。通り過ぎかけたある女子学生の背中に向かってよびかけると、「え?給付制?」と振り向き、駆け寄ってサインしてくれるなどの反応もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.26

●声上げ社会変えよう 強雨の中、青年大集会に1500人

「全国青年大集会2013」(実行委員会主催)が10月20日、東京・明治公園で開かれました。強い風雨rainと寒さbearingをついて、全国から1500人の青年が参加しました。

2013102101_01_1
「まともな仕事を増やせ!」「消費税増税は中止しろ!」とコールする青年たち(「しんぶん赤旗」10月21日付より)

集会では、ブラック企業への告発をはじめ、さまざまなたたかいが報告されました。

マンガ雑誌bookを発行する秋田書店で、景品当選者水増しの不正を告発し、不当解雇され、解雇撤回を求めて裁判をたたかう女性(首都圏青年ユニオン組合員)が、涙ながらにパワハラの実態を告発。消費者庁が、「会社ぐるみの違法行為」と認定したことにふれ、「以前は、会社のだれも私の話をきいてくれなかった。孤独だった。いまはこうして私のちいさな声をきいてくれるみなさんがいる。つらい声を受け止めてくれる仲間は、必ずいます。自分と社会を変えていきましょう」と訴えました。

全国で喫茶チェーンcafeを展開するカフェ・ベローチェを雇い止めされた首都圏青年ユニオンの組合員は、「会社は“鮮度”という言葉を使い、“若い女性をやとった方が男性客の集客につながる”と言った。女性は野菜や魚のように、鮮度が切れたからもういらないと考える会社なのかと悲しくなった」と発言。「やめることに納得していないのに声をあげなかったら、だれにも知られることがなくなる。それは絶対にあってはならないと思った」と裁判を決意した思いを語り、支援を訴えました。

日本航空airplaneの契約制客室乗務員雇い止め撤回裁判をたたかう原告の女性は、まじめに常務していたのに、上司からパワハラと退職強要を受けたと発言。「前回もこの集会で発言させてもらい、それからたくさんの仲間ができた。夢をもって入社した職場。この裁判で勝って、同じようにつらい思いをしている人たちにとって、明るいニュースにできればと思う」と決意を語りました。

全商連青年部協議会議長の雨宮真希人さんは、消費税増税中止を訴え。路上生活からぬけだして生活保護を受給し、いまは正規の仕事についた青年が、生活保護改悪に反対するスピーチを行いました。

2013102103_01_1
「ブラックな働かせ方はやめさせよう」と訴える青年たち(「しんぶん赤旗」10月21日付より)

北海道、青森、福島、静岡、大阪、長野、東京、京都の地域実行委員会が各地の活動を報告。ブラック企業大賞実行委員会の佐々木亮弁護士、自立生活サポートセンターもやいの稲葉剛代表理事、全労連の大黒作治議長、日本共産党の市田忠義書記局長があいさつしました。市田さんは、青年大集会の10年の歩みに触れて「たたかってこそ道が開ける。そのことをみなさんの10年のたたかいが証明しています」と述べ、あつく激励しました。

会場には、日本共産党の吉良よし子参院議員、白石たみお、米倉春奈両都議らもかけつけ、雨の中テントやブースをまわり、参加者と交流を深めていました。

「雨風は寒かったが、若者の心は熱かったです」「悪天候のなかよく集まったと思う」「市田さんがあいさつで、若者のとりくみが政治と社会を動かしていることに確信をとよびかけてくれたことに励まされた」などの感想が寄せられました。

10月21日には、実行委員会が国会議員や省庁への要請行動にとりくみ、120人が参加しました。「実態をつかみ告発する大事さをあらためて感じた。引き続きアンケート調査、自治体要請などがんばりたい」「経産省の原発推進の立場に怒りがわいたannoy」などの感想が出されました。

参加されたみなさん、本当におつかれさまでした! これからもそれぞれの地域や分野で、「まともな仕事と人間らしい生活」を求める運動を、がんばっていきましょうrock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.10.19

●おおぜい集まれば政治は動かせる 全国青年大集会に行こう!

全国青年大集会 いよいよ明日です! 各地で、集会の魅力、「本当はこうしたい」願いを語り合い、参加が広がっています。

首都圏のある地域では、映画の勉強をしている学生3人が、「貧困問題について学びたい」と集会参加を予定。日本共産党に労働相談を寄せてきた学童保育指導員4人も、集会に来てくれることになりました。

A大学の民青班では、青年大集会のプレ企画として「ブラック企業と雇用学習会」を開催し、2人の1年生が参加してくれました。「民青新聞」などの資料を使って「ブラック企業とは何か」の学習をしたあと、DVD「あなたも青年大集会へ」を見て交流。参加したNくんは「ブラック企業の詳しい話は知らなかったので、知れてよかった」、Kさんは「ユニクロがブラック企業というのに驚いた。もっと知りたい」と話してくれました。集会に誘うと、Nくんは「国の体制を変えようという運動があるのはいいこと。行きたいっすね」と参加を約束。Kさんは「1人だと小さいけれど、おおぜい集まれば政治を動かせるのはいいですね。時間があればのぞいてみたい」と話してくれました。

B大学の民青班では、これまで企画に来てくれた学生など全員に、電話をかけて集会参加を呼びかけています。その中で、学費値下げ署名に以前協力してくれた1年生のCくんとつながり、「若者をモノのようにあつかうブラック企業を規制しよう、高すぎる学費を値下げさせようと、全国から数千人の若者が集まるよ。行ってみない?」と誘うと、「おもしろそう。行きます」と参加してくれることになりました。

Kanagawa

(写真は、神奈川県で、集会に向けた「青年アンケート」にとりくんでいる様子です。)
Board
(こちらは神奈川県で行っているシールアンケートボード。「人手が足りない」に「猫の手」が描かれているのがかわいいheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.18

●全国青年大集会へ各地でプレ企画や宣伝   埼玉

埼玉・西部地区実行委員会は、「ワーキング・カフェ」を開催。労働組合の方をアドバイザーに、それぞれの働き方、悩みなどを交流しました。業者青年からは、自営業の苦労や悩みも語られました。アドバイザーから「こうやって思いや悩みを話せる場があるのは大事なこと。そこからたたかいが生まれる」と励ましていただき、参加者からも「展望が見え、いい企画だった」と感想が出されました。10月20日の全国青年大集会には、1人が1人を誘って参加を広げ、バスをいっぱいにしようと確認しました。

Seibu

蕨・戸田地区は、戸田公園前駅や蕨駅前で「お帰りなさい宣伝」にとりくんでいます。地元の議員や地域の共産党の支部の方も協力してくれています。「何のために生きているのかを考えるような余裕のある働き方が、日本ではできない」「定時を過ぎると勝手にタイムカードを押される。そこから2、3時間のサービス残業」「パワハラがひどく、うつ病になった」など、7人の方がアンケートに答えてくれました。

Warabi

東部南青年実行委員会は、参議院選挙で選挙区候補だった伊藤岳さんを講師に「まったりtalkshow!」を開催し、20人が参加しました。「過労死ラインの80時間を超えて残業している人は?」の質問に、手をあげる青年もいました。

Toubuminami

(埼玉県の活動交流ニュースより転載)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.17

●200人を超える実態調査をもとに記者会見 全国青年大集会みやぎ実行委員会 

全国青年大集会みやぎ実行委員会は、10月16日、県政記者クラブで記者会見を行い、集めている「実態調査の中間まとめと第一次提案」を発表しました。

Miyagi

千葉唯実行委員長から「私たちの実態調査数は、途中経過ですが200人を超えました。それぞれの内容がとても深刻で、『若者を使い捨てる』事例も多いことから、今回中間とりまとめを行い、できる限りの若者の例を公表することにしました」「それぞれの問題に責任を持つ国や県などの機関でただちに詳しく実態調査を行い、早急に必要な指導や改善を図ることを求めます」と訴えました。

会見に参加したメンバーは12人。記者会見後、「貴重な経験をした。今後もっと食い込んでいけるようにしたい」「思っていたより記者の反応がよかった」「継続してやっていけばムーブメントになるんじゃないか」「記者から数字をきかれ、具体的な数字や内容を出した方が説得力を増すことがわかった」など、感想を交流しました。

今後は県知事候補への公開質問状や懇談の申し込みなども予定しています。

引き続きカンパやアンケートを集めます。10月20日の全国青年大集会(東京・明治公園)にはバスをいっぱいにして参加し、集会成功に力をあわせましょう!

(10月17日付の県実行委員会ニュースより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●もう黙ってられへん! 声上げ、社会変えよう 大阪青年大集会

10・20全国青年大集会(東京・明治公園)のプレ企画「大阪青年大集会2013」が10月14日、開かれました。主催は民青同盟大阪府委員会などでつくる実行委員会。「みんなで声を上げ、みんなで社会を変えよう」と呼びかけるアピールを採択し終了後、パレードしました。

1381921968

パネル討論では、民青同盟の川添健真府委員長が、取り組んでいるアンケートから非正規・低賃金で働く青年の実態を報告。地域労組おおさか青年部の北出茂書記長が労働相談の特徴などを述べました。

日本共産党のたつみコータロー参院議員が、過酷な労働で青年をすりつぶすブラック企業の実態を告発した日本共産党の国会論戦が政治を動かしていると紹介。労働法制の改悪を許さないために全力をあげると表明しました。

1381922004

パレードでは「もう黙ってはいられない」「サービス産業もういやや」「みんなでいっしょに声あげよ」とアピールrock 沿道から大注目されたそうですhappy01

(「しんぶん赤旗」10月16日付、かえるネット木津川ブログなどから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●「ブラック企業」問題を語り合う 福岡青年トークセッション

「ブラック企業」の劣悪な労働環境について話し合う福岡青年トークセッションが10月12日、日本共産党県委員会・民青同盟県委員会の主催で開かれました。

仁比そうへい参院議員と、「協同総合研究所いのちとくらし」の河添誠さんが講演し、会場とトークしました。会場は約120人の参加でいっぱいだったそうですup

B17d70f4825c1d58def250b69f77f0630ee
河添さんは、低賃金・不安定な非正規雇用の拡大が、過重労働から労働者が抜け出せない背景にあると指摘。「名ばかり店長」の労働裁判で勝利し、9月に職場復帰した清水文美さんの経験から、「権利主張できる空間を取り戻してこそ、お互い支えあう感覚を取り戻せる」と、異常な競争で労働者が連帯できない現状を変える展望を示しました。

仁比さんは、安倍政権が労働市場の「総ブラック化」をねらっていることを批判。最低賃金引き上げや中小企業支援など政治の役割を強調し、「参院選で得た議案提案権でブラック企業規制法案を提出し、みなさんの願いを実現するため全力を尽くす」と語りました。

質疑応答では、ブラック企業に勤めていたという女性が「労基署に行ったが対応してもらえなかった」と体験を訴え。河添さんは、労基署の権限や人員の限界を説明し、「労働者が団結し、ものが言えることが重要。個人加盟の労働組合などに相談を」と答えました。

(「しんぶん赤旗」10月13日付より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.08

●青年が動けば未来が変わる   10・5長野県青年大集会

10月5日(土)に長野県青年大集会を開催しました!

集会には労働者(医療、教員、金属、農協など)、自営業者、学生など約60名が参加、働き方、生活実態を交流しました。

短時間ではありましたが、たくさんの事例や体験が話されました。...

記念講演では長野県労連の細尾議長から、自己肯定感を持てずにいる今の私たち青年に、1人で自己完結せずに、仲間と悩みを話してつながろう!と熱いエールを送っていただきました。リレートークでは某ファーストフード店の労働実態も告発されました。

最後は横断幕にそれぞれが思いを込め、松本市内をアピールウオークしました。沿道から手が振られ、拍手までおきたのは、驚きましたが、ほんとうにうれしかったです。市民のみなさんの温かい声援に私たちは元気をもらいました。この思いは10月20日の全国青年大集会に持って行きます!

最後になりましたが、ご協力くださった関係者の方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
1390582_1412876728929752_1408564944
(「長野県青年大集会」フェイスブックより転載)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●たつみコータロー ブラック企業を斬る  青年大集会プレ企画 兵庫

兵庫で10月5日、全国青年大集会のプレ企画が行われました。「かえるネット兵庫」のブログをもとに、一部を紹介しますnote

兵庫のプレ企画は、今年の参院選で初当選した日本共産党のたつみコータロー議員と、神戸市長選の予定候補・ぬきなゆうなさんを迎えて行われました。

はじめに、看護師、教員、派遣社員、大企業労働者、学生が、実態を報告。「ブラック企業お仕置き・最賃1000円キャンペーン」宣伝で寄せられた実態も紹介されました。

その後、たつみさんが講演。ブラック企業が横行する背景に規制緩和による雇用破壊と非正規労働者の拡大があることを指摘し、ブラック企業根絶に向けて法案を出し、可決させたい思いを語りました。

52a16f3fs

その後、「あなたも青年大集会へ」DVDを視聴し、ぬきなさんからのあいさつ、決意表明も受けました。

兵庫では、アンケートを1000枚集め、青年大集会に100人で参加することをめざして、がんばっていますdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.02

●全国青年大集会 みんなの力で成功させよう

「全国青年大集会2013」(10月20日、東京・明治公園)の成功をめざす学習交流集会が、9月29日に開かれました。

はじめに、民青同盟中央委員会がつくったDVD「あなたも青年大集会へ」(12分)が上映されました。3人の若者が登場し、かつて大変な労働条件で苦しんだ体験、それを変える運動に出会っての自分の変化、今年の集会への期待を語ります。みんな食い入るように見ていましたeye

日本共産党から、穀田恵二衆院議員があいさつ。参院選での日本共産党の躍進が、安倍政権の暴走をストップさせ、国民・青年の切実な願いを実現する可能性を広げていることをイキイキと語りました。また、日本の雇用を守るルールが、ヨーロッパなどに比べて極端に弱いことを指摘し、青年大集会のような運動には「大義」があることを語り、青年を激励しました。

1380405_540399069372696_1290672336_

 「穀田さんのお話は、希望を持てる、活動をがんばろうと思える内容だった」

 「国会の動きがよくわからないと思っていたが、よく理解できた」

 「国際的な休暇協定に日本と米国が参加していないことなど初めて知った。報道では日本は(法人税が高いなど)企業に厳しいイメージが周知されているが、実は日本はブラック企業に甘い実態があるのだなと思った」

などの感想が寄せられました。

参加者の中から、7組9人が発言しました。

居酒屋チェーンやIT企業で働いていたときの過酷な労働実態の告発

躍進した東京都議会で、さっそく若者雇用問題をとりあげた経験(そね都議)

現在、裁判をおこしてブラック企業とたたかっている青年からの発言

バイトで有休を認めさせた学生からの発言

地域や大学で、アンケートを集めるなどして大集会成功へがんばっている活動の報告

どれも本当に感動的でしたlovelycrying

「実体験は衝撃だった。自分の地域でも同じような体験をしている人がいるはず。少しでも多くの人に集会にきてもらえるよう声をかけたい」

「リアルな実態とともに、たたかいに立ち上がった決意の声にたいへん励まされた」

などの感想が、たくさん寄せられました。

全国青年大集会、みんなの力で成功させていきましょう~sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »