« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013.09.19

●ブラックな働かせ方なくそう  東京 若者シゴト戦略会議

9月14日(土)、都内で「第4回若者・シゴト戦略会議」が開かれました。日本共産党東京都委員会「雇用と就活対策室」と民青同盟東京都委員会の主催です。

日本共産党副委員長の小池晃参院議員、同戦略会議の1回目から「対策室」長として参加してきた吉良よし子参院議員、民青都委員会の岩崎明日香委員長が、パネリストとして出席しました。

会場には続々と若者がつめかけ、85人が参加。ニコニコ動画の中継を視聴した人は2061人にもup 「ブラックな働かせ方をなくしたい」という願いや関心、日本共産党国会議員団への期待の強さを実感しました。

1167693_592331590804906_1756978928_


吉良さんは、「第1回の戦略会議を開いた2012年5月当時は、若者の雇用問題をめぐって、『正規はいい思いをしている』『若者の甘えだ』など、分断するような議論がけっこうあった。でも、ブラック企業の問題が争点化して、正規も非正規も問題を共有できたし、若者ではなく企業の経営姿勢に問題があることなどが、はっきりした。これはすごく大事なことだったと思います」と、たたかいの意義を強調しました。

小池さんは、「いま安倍政権が雇用の大改悪、今までとはけた違いの規制緩和をやろうとしている。それとたたかわないことには、ブラックな働き方を根絶できない」と語り、①長時間労働をしっかり制限していくこと②「ブラック企業」に情報公開などを通じて規制をかけること③パワハラを規制すること―など、今後の政策的な課題を紹介しました。

岩崎さんは、とりくんできたアンケートの中間まとめを紹介しながら、「個々の企業の違法をただしていくことと同時に、社会全体の問題としてとらえて、運動をさらに大きくしていきたい。10月20日の全国青年大集会を成功させたい」と述べました。

参加した青年たちからも、さまざまな実態告発や運動の報告がありました。

「通信業の中小企業に勤めていた。朝9時に出て終電で帰る生活。ノルマが達成できないと社長から『お前は使えない。どうやったらこんな数字が出るのか。お前のせいで会社がかたむくんだ』など、終業した6時から11時までずっと言われ続けるなどのパワハラを受けた。営業の仕事に誇りもやりがいも持っていたが、やがて体調を崩し、病院に行くと『1か月休め』と言われた。診断書を会社に提出すると、1週間後に自宅に社長がやってきて、『こんな診断書を書かせやがって』と怒られた」

「駅前で働き方アンケートにとりくんだ。早朝4時に出勤してから、休憩30分をはさんで夜8時まで、立ちっぱなしで働く弁当工場の青年など、深刻な実態にある青年にたくさん出会った。これからも定期的にアンケートにとりくむ。ぜひこの実態を国会にぶつけたい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.12

●学費負担軽減・奨学金の拡充へ前進!!    岩手

「かえるネットいわて」から投稿がありましたhappy01 うれしいニュースです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岩手県議会商工文教委員会で、『学生の学費負担軽減・奨学金の拡充についての請願』が採択されました。請願は、民青同盟岩手県委員会が提出したものです。

 大学生に学費や奨学金についてアンケートで聞くと、「学費が高くて、学び続けられるか心配」「お金が無くて大学に行けない人がいるのはおかしい」と、ほとんどの学生が学費が高いと感じており、奨学金を借りている学生は返済を心配していました。また、現在奨学金を返済している青年からは、「安い給料から、奨学金を返すのは大変」「いつまでも返し続けなければならず、気が滅入る」など、返済の負担が語られました。

 日本の奨学金制度を学んでみると、厳しい取り立てが行われていたり、滞納すると利息を10%にされたりと、奨学金が『サラ金化』していることが分かり、許せない思いで請願を提出しました。

 委員会で、日本共産党の斉藤信県議が、青年の実態を詳しく伝え、学費軽減・奨学金拡充の必要性を強調して訴え、7月、8月の委員会で保留になったものの、9月の委員会でやっと採択となりました。

 最低賃金の引き上げなどを盛り込んだ『青年の生活と雇用を守る措置を求める請願』は、不採択となる悔しい結果であったため、本当に嬉しい結果となりました。

Iwate_3

請願書はこちらをクリック → 「iwate-seigan.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.11

●シリアへの軍事介入反対!パレードをやりました   兵庫

兵庫の青年たちでつくる「原発ゼロ!核兵器ゼロ!ZEROこねっと」は、9月8日(日)、「シリアへの軍事介入反対!パレード」を行い、約30人が参加しました。

パレードの出発前には参加者で平和への思いを交流しました。

2b8c9c91s
E08f0eees
パレードではリズムにのせて、次のようなコールをしました。
「絶対絶対戦争あかん」
「シリアの人たちどうなるの」
「対話で解決めざそうよ」
「あなたもいっしょに声あげよう」
三宮センター街で買い物をしている人たちからも大注目。次々と写真を撮る人、声援を送る人。中には飛び入りでパレードに参加する人もいました。
http://blog.livedoor.jp/zeroconet/ ← ZEROこねっとの活動について、詳しくはこちらのブログをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.03

●「若手共産党政治家とアツく語る!」 東京で学生がトーク企画

 「日本共産党を応援する学生の会・東京ネットワーク」は、8月29日(木)、杉並区の阿佐ヶ谷ロフトで、参院議員の吉良よし子さん、都議会議員の米倉春奈さん、白石たみおさん、「しんぶん赤旗」記者の行沢寛史さんを迎え、トーク企画を開きましたnotes 学生や社会人など90人が参加しrun、生中継した「ニコニコ動画」を1189人が視聴しましたeye

 企画のテーマは、「躍進した共産党!国会、都議会でなにをするのか!?」。吉良さん、米倉さん、白石さんに、さまざまな質問にこたえてもらいました。また、行沢さんには、大企業の不当労働行為などを報道してきた経験を語してもらいました。

 会場で出された質問は下記のとおり。共産党への新しい注目と期待を感じる企画になりましたhappy02

「共産党にアレルギーがあるなか、なぜあえて共産党から立候補したのか?」

「『36協定』など長時間労働が合法化される現状をどうするか。共産党だけでは法律は成立しないが、どう変えるのか」

「原発再稼働をどう止めるか。自然エネルギーの普及は具体的にどうする?」

「先日、『3日間ものを食べていない』と物乞いをしているホームレスの人を見た。こういう事態をどうするのか」

「個人がばらばらにされている。労働者同士のつながりをつくることが必要だと思うが、どうか」

「投票率が低い。どうする?」

「消費税増税に反対しているが、対案はあるのか」

「認可保育園、特養ホーム増設を公約にかかげていたが、どうするか」

「共産党以外は『自己責任論』で『規制緩和』推進だ。それに反対する共産党のシンパに急になった。規制緩和推進にどう歯止めをかけるのか」

「就活は地方からの交通費だけでもすごい負担。どう支援するか」

「一番論戦したい政治家はだれですか?」

2013083104_01_1

(写真)「若手共産党政治家とアツく語る!」に出演する(左から)白石、米倉の両都議、吉良参院議員、行沢記者=「しんぶん赤旗」8月31日付

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »