« アベノミクスで生活はよくなった? 大企業に遠慮なくモノが言える日本共産党が伸びてこそ | トップページ | 高い学費や就職難は世界の中での日本の「異常」。若者の声を代弁する党を伸ばしたい »

2013.06.05

●いま大阪で起こっていること…人が大切にされる政治を

大阪府在住 宅田葉月さん (27歳)

Photo_2 去年、大阪市の桜宮高校で、生徒が体罰を苦に自殺した事件がありました。また、今年5月にも、大阪市に住む母子が餓死したニュースが報じられました。人が大事にされない、そういうことが、いま橋下徹・維新の会代表が市長をつとめる大阪では起こっています。

橋下維新の会は、前回の総選挙で最低賃金を廃止するという公約をかかげました。安倍首相も「世界一、企業が活動しやすい国にする」といっていますが、働く人の環境が劣悪でも、企業さえもうかればいいという考え方が、維新の会にも、自民党・安倍政権のなかにもあります。それを変えていこうというのが共産党です。ぜひ共産党を伸ばしたいなと私は思っています。

 体罰で高校生が自殺した事件のとき、共産党は、「体罰をなくすために、教師も生徒も保護者も、みんなが話し合うことが必要だ」と主張しました。ほかの政党は、「厳罰化すれば体罰はなくなる」といいました。そういう方向では、子ども一人ひとりの声をきく教育はできないと思います。体罰の問題は、受験競争、点数で学校や生徒を評価する風潮が広がり、どうすれば「成果」があがるかに学校や先生たちが追われる、そんな中でつくられた問題です。それに対し、子ども一人ひとりがわかるように、教育を立て直し、競争教育そのものを変えようといっているのが共産党です。

いま、働く青年の二人に一人が非正規です。正規で働いている人も決して楽をしていません。いくら長時間働いても残業代が出ない。手取りで12~13万円しかない。私のまわりの青年も、本当にみんな死にもの狂いで働いています。そんな若者の実態をとりあげ、政治の力で変えようとしているのが日本共産党です。ユニクロで働く新入社員の半分が3年以内にやめる。それを実態をもって告発したのが、日本共産党の山下よしきさんでした。また、去年、電機産業が大量にリストラすることを許してはならないと、国会でちゃんととりあげたのも日本共産党でした。一つの企業の問題ですが、それを許すとそれが全体に広がる。そもそもそんな企業の勝手を許していいのか、それを変えていこうといっているのが日本共産党です。

 

私はぜひ日本共産党を伸ばして、人間が本当に大切にされる、働く人や弱い人が大切にされる社会を実現してほしいと思っています。ぜひ、みなさんの思いにちゃんと向き合う政党を選んでほしいと思います。

|

だから私は日本共産党」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いま大阪で起こっていること…人が大切にされる政治を:

コメント

とてもよい訴えです。
橋下市長が推し進めた民間公募校長が3ヶ月で辞めたという記事を昨日読みました。橋下市長にはこれは織り込み済みだそうです。無責任にやめられるような者がでても仕方ないという仕組みを作るその浅はかな思慮。慰安婦問題では品性のない発言。このような市長を市長にしていることは大問題です。まして政党の代表においてや! 
維新のような政党がマスコミでよく取り上げられていますが、日本で一番政党らしい政党、共産党に伸びてほしいものです。

投稿: 大西 守正 | 2013.06.29 11:09

コメントありがとうございます。願いをつなげて、政治を変える力にしていきましょう!

投稿: 親ケロ | 2013.06.07 14:35

心にグッとくる訴えでした。僕の心には灯がともりました。

投稿: 山元淳一 | 2013.06.06 15:23

この記事へのコメントは終了しました。