« JCPツイッター☆クイズ 5つの国を最賃の高い順に並べると? | トップページ | 「1000テフラレ」めざし大量宣伝! ―長野・上伊那青年後援会 »

2013.06.27

●JCPツイッター☆クイズ アメリカ本国では、山間地域でも軍用機の低空飛行訓練は自由にできない。その理由は?

Shisaわん(わたし)は、日本共産党カクサン部・沖縄担当部員の「しいさあ」だ。今日は、わんからの出題だ。

米軍機の低空飛行訓練は日本では居住地の真上でも行われ、「衝撃波で民家の土蔵が崩壊」「昼寝中の保育園児が爆音でパニックに」など、大きな被害が出ている。だが、米本国では山間地域でも、低空飛行訓練は自由にできない。さて、その理由とは?

①野生生物を保護するため ②民間機との競合のため ③墜落回避のため

正解は「続きを読む」をクリックだ!

正解 ① 野生生物を保護するため

解説

 日本では米軍機による低空飛行訓練が全国で行われ、日本国民に多大な被害を与えておる。

 日本の航空法では、航空機の最低飛行安全高度を、居住地域では300メートル、非居住地域では150メートルとしておるのだが、なんと米軍機は、この適用を受けないのだ。地域も高度も制限がなく、事前に訓練ルートを明らかにされることもない。

 ところがアメリカ本国では、あらかじめ公表されている国防総省の訓練ルートでしか、低空飛行訓練はできないことになっておる。しかも、訓練ルートに設定されるまでには、①歴史的建造物や野生生物への影響など環境評価の調査を行い、②軍が連邦航空局に申請して審査を受け、③連邦航空局が住民生活や財産などへの影響の厳格な審査を行い、④連邦航空局がルートを許可する、という、何重もの関門があるのだ。

 日本国民は、米国の野生生物よりも下という扱いとは、なんたること それに対して、日本政府は何もモノが言えんのも情けない。安倍首相などは「日本とアメリカは対等なパートナー」だとよく言うが、実態は「属国」そのものではないか。

日本共産党は、こうした「アメリカ言いなり」の大もとにあるShisa_3
日米安保条約をなくし、対等・平等の日米友好条約を結ぶことを提案している。わんはこれからも、うちなー(沖縄)、そして日本中から基地をなくすために、ほえつづけるぞ。

|

共産党クイズ jcpQ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JCPツイッター☆クイズ アメリカ本国では、山間地域でも軍用機の低空飛行訓練は自由にできない。その理由は?:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。