« 広島・岡山を結び「仁比トーク」―ツイッターでも質問受け付け | トップページ | 原発即時ゼロ、事故収束宣言撤回を求める党を応援 »

2013.06.19

●JCPツイッター☆クイズ 政党助成金を一番多く出している国は?

日本の政党助成金は年総額320億円。さて、次の4つの国のうち、政党助成金の総額が一番高い国はどこでしょう? 

①日本 ②ドイツ ③フランス ④イギリス 

正解は「続きを読む」をクリック!

正解 ① 日本

 ドイツは157億円、フランスは74億円、イギリスは2・6億円(2013年1月現在)。日本は世界でダントツの税金を政党に注ぎ込んでいます。日本共産党は受け取っていません。

解説

政党助成金制度については、世界でも「政党が国家の仕組みの一部に変質し、党員・支持者とかい離していき、結果的に政党が衰退する」などの批判が出ています(「朝日新聞グローブ」2013年5月5日号)。ドイツでは、連邦憲法裁判所での違憲判決(1992年)を機に、政党の収入の半分を超えてはならないという上限を設けるなど、見直しが進んでいます。

政党助成金の制度がある国は、ほかに、スウェーデン21億円、オーストリア16億円など。アメリカをはじめ世界の多くの主要国では導入されていません。

日本共産党は、政党助成金も企業・団体献金も受け取らず、党員が納める党費と、共産党を支えたいという国民一人一人の寄付、「しんぶん赤旗」の購読料で財政をつくっています。これこそ、本来の政党らしい政党のあり方ではないでしょうか。

他の政党の収入に占める政党助成金の割合は、自民党が72・5%、民主党が83・2%、みんなの党は96・8%、維新の会は94%などとなっています(2011年。維新は公表された予算で計算)。こんなに税金ドップリの党では、税金の無駄遣いをただすことなどできないのでは?

|

共産党クイズ jcpQ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JCPツイッター☆クイズ 政党助成金を一番多く出している国は?:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。