« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.10

●京都わかものアンケート272人から回答

京都でとりくまれている「わかものアンケート」

272人の声をピックアップしたファイルをいただきました。

「kyoto-wakamono-1205.pdf」をダウンロード

■同志社大院生(女性)20代半ばで学びたいと考えて大学に入学。「毎月有利子・無利子の奨学金を約30万借りている。生年月日を入力すると画面上で拒否されエントリーすらできない。専門知識どころか正規の職であれば何でもしようと考えても、22歳を前提にした雇用政策となっているため、社会に自分の潜り込めるところがほとんどないと感じている。」

■大学4回生男子:「就職はこの夏に決まった。就活では圧迫面接も多かった。東京で面接あったとこできつく言われ、その日夜行バスで帰るつもりだったが、悔しくて新幹線に飛び乗って家に帰ってお風呂で一人で泣いたこともあった」

■大谷大学4 回生女:「就職きまったけど、契約」

■小学校の先生 25 歳女性:「現役で働きだして3 年目。1 年生の担任です。子どもが好きで選んだ仕事で、やりがいはあって満足だけど、体力的にしんどい。朝7 時には家を出て、家に帰るのは22 時。土日も休日出勤や持ち帰りの仕事があっても残業代は出ない。やらなきゃいけない、ノルマがたくさんあって、子どものためになるものならいいが、そうかんじられないものばかり。こんなにがんばっているのに、公務員バッシングで悪いふうに言われるのつらい。先生になって1年2年で辞めていく人も多くて」

深刻な実態であふれていますsweat02

ハローワーク前で対話した就活の女子学生からは、「あの時は本当に落ち込んでいてweep、お話ができて救われました。なんとかブライダルの関係の会社の内定をもらうことができましたsign03 本当にありがとうございました」との返信もあったそうですflair

京都中のわかものと対話が広がり、就職難打開の力になるよう、期待していますdash

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.12.09

●【お知らせ】かえるネット千葉より~就職難打開をもとめるシンポやります

かえるネット会員のみなさん、こんにちは(^-^*)/♪ ごぶさたしてます!

今日は、高校や大学を卒業しても就職できなーい、という問題について考えてみたいと思います。

就職内定をもらえた学生(10月末まで)は、大学生で41%、短大生で19%、高校生で54%。ホント?(¬з¬)とおもうほどすくなーい。

就職活動してる学生は「もう疲れた…」って言ってたよ。
その理由は就職活動を始める時期がドンドン早く、期間がドンドン長くなってるから。( ̄△ ̄;)エッ・・?
大学3年生の夏休み前から始めて1年以上たった今も就職できないという学生も。

それじゃ勉強もできないじゃんヾ(゜ロ゜*)ツ三ヾ(*゜ロ゜)ノ

実は企業も「このままじゃ日本の国力が下がる」と言ってる。
日本貿易会(商社の業界団体)は、就職活動に時間をとられて学生が語学の勉強もできない状況に危機感!
だから「採用の時期を4ヶ月遅らせるべき」と提言。実際、再来年には採用時期を4年生の夏休み以降に遅らせる予定なんだって。

企業がそこまでやるのは、相当ヤバイって感じてるんだね(≧◇≦)

しかも、大企業がためこんだ244兆円を使うべきと言う経営者も。
使い道がなくて困ってるんだから、賃上げや雇用確保にまわせば景気回復につながる!!って言ってるよ。

「使い道のないお金」は、15年間で400万人以上も正規雇用を減らしてきた結果なんだ。
だからどんなに就職活動しても内定もらえないし、ハローワークでがんばっても仕事がみつからないし、職場では人手不足になってるんだね。原因
はみんな同じ…。

みんなで力をあわせて、若者に仕事を! 安心して働ける職場を!の要求を実現していこー! (* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

そこで【お知らせ】です。
日本共産党主催で「親子で考えるための『就職難』講座」が開催されます。
就職活動を体験した学生や、就職難解決の政策を作った共産党政策委員会事務局長の寺沢亜志也さんが報告します。

11日(土)午後2時からです。
場所は千葉市民会館第1・2会議室。 ※JR千葉駅東口から徒歩7分
ぜひ参加してくださーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »