« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.31

●日米核密約について不破さんが記者会見

昨日、日本共産党の不破哲三さんが、日米核密約問題で記者会見しました。

核兵器を搭載した艦船や航空機が日本にやってくる際、「事前協議」の対象からはずす、とする核密約について、先日、政府はそのやりとりを記録した「討論記録」の存在を認めました。しかし、「アメリカ側の一方的解釈であって日本政府は同意していない。だから密約ではない」との見解を示したのです。

不破さんは、政府の説明をくつがえす米側の文書を公表し、「討論記録」が核密約そのものであると強調しました。

くわしくは本日の「しんぶん赤旗」を読んでください。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-31/2010033101_01_1.html

Sn3j0291

メディアでもかなり話題になっています。

「毎日」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100331ddm002010061000c.html

「読売新聞」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100331-OYT1T00080.htm

政府は、不破さんの記者会見にどう反応するのでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.25

●お知らせ 新入生向けの「民青新聞」号外をいただきました

大学の新入生向けに配布される「民青新聞」号外をいただきました。発行は、民青同盟中央委員会です。

体裁は、B4オモテウラ。十字折です。

オモテとウラ・・・ウラ面にはノーベル物理賞学者の益川敏英先生が登場
「知る喜び」をキーワードに学ぶ楽しさを語られています。

Sn3j0287_2 

ナカ面・・・「つながる、学ぶ、かえられる」をキーワードに各地のとりくみを紹介しています。

Sn3j0289_2 

見開き面・・・学生同盟員のみなさんが、「だから私はみんせいやってます」と思いを語っています。

Sn3j0288 

27日から全国に到着するそうです。

私も以前は民青同盟員でした。

「だから私は・・・」の先輩たちの声、一人ひとりの思いがつまったメッセージでよいなあと思いました。

全国で新入生とみんせいとの出会いがたくさんあるといいなあnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.22

●青年大集会に向けて~宮崎

5月16日の青年大集会に宮崎からも黒書をもってかけつけようと、県内4つの班、3ヶ所のハローワークでアンケート対話を計画しています。

先陣を切ったのは県庁所在地の班、宮崎班から。

といっても、ここの班でするのは初めての試みですので、まずは『一人一対話』を目標にすることにしました。Cimg0302_2

結果でいけば、1時間で7人と対話できました。アンケートの一部を紹介します。

○パートで働いているけど、子どもが急に病気になったときに休みがとりにくい」(29歳・女性)

○「臨時のアルバイトと貯金を切り崩して生計をたてている」(26歳・男性)

○「希望する職種の求人が少ない。というか、全体の求人が少ない」(20歳・男性)

○「失業保険の給付期間がすぎ、今は家族の収入で生計をたてています。仕事の確保と働きやすい環境の確保を求めます」(45歳・男性)

○ハケンの仕事を退職したけど、失業給付がもらえなくて、貯金を切り崩して生計をたてています」(24歳・女性)

アンケートを記入して貰っていたら、警備の人が話しかけてきました。そして「このアンケートを私にも書かせてください」と自ら記入してくれました。

Cimg0303

参加したメンバーは「自分からアンケートを記入すると声をかけてくれた人がいたことに驚いた。みんなから断られると思ったけど、ほとんどの人が書いてくれました。ハローワークには初めて来たんですが、30代~40代くらいの人が多いかと思っていたけど、20代の若い人と50代以上が多かったです。

自分は学生なので、就職活動をしたことがなかっただけにピンとこないところもあったけど、学費が払えない学生が多いことと無関係じゃないだけに、またやりたいです」といっていました。そして、次回の日程も決まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.18

●お知らせ 20日から東北で青年キャラバン宣伝をやります!

3月20日から29日まで、東北6県を「若者ホンネ言っちゃおCAR」が走ります。

ブログはこちらでアップされる予定です。

http://blog.goo.ne.jp/kaerunet-touhoku

東北のみなさん、よろしく~karaoke

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.15

●世直しボランティア大集合に参加しました

Sn3j0286

14日、かえるネット東京と民青同盟東京都委員会がひらいた「共産党の小池あきらさんといっしょに、日本の前途と私たちの未来を語りあおう」に参加しました。

160人以上が集まり、10人の若者がリレートークで思いを語り、TVでもおなじみの小池晃参院議員が10の質問にこたえてトークしました。

note以下、リレートークkaraoke(前半の5人です)

oneIさん

昨年1月31日、川越で派遣切りにあった。「なんとかなるかな」と思ったが、寮を追い出され、路上生活となり、「死んでしまいたい」と思うこともあった。6月、東京に出てきて、新宿駅前で1週間路上生活。駅前で共産党の街頭演説に出会い雇用問題を訴えていた。話に聞き入り、後日、生活相談にものってもらった。共産党は、相談だけでなく、解決策みつかるまでいっしょに行動してくれ、ただただ感謝ばかり。こんどは私の経験が役に立てればと思い、民青同盟にも入った。一人では解決できない。日本共産党は不可欠。みんなで力を合わせてがんばっていこう。

twoSさん・学生

去年3月から、就職活動を始め、50社うけてようやく内定。なかには百社受ける人も。学生なので授業、サークルもある。就職活動は負担だった。就職するときに採用枠は若干名だが、派遣など大量に雇っている。みんなが正社員で働けるような社会にしたい。

threeOさん・子育てママ

7カ月の女の子の母親です。日本は子育てに冷たい。妊娠したときは6つの産婦人科に電話。知りあいのママは分娩台にのっているとき、「他があるからまって」と。保育園も足りない。待機児童がたくさん。基準をゆるくするというが、保育園の基準面積は、玄関、踊り場などすべてふくんでいる。玄関や階段の踊り場でねることはないのに・・・。親は保育園に子どもを入れるため、役所に毎日通う「保活」をやっている。小池さんは送り迎えをしている、ちゃんとパパしている。がんばってほしい。

fourNさん・介護福祉士

介護現場で働いていて10年目。手取りは14、15万。この現状は声をあげないとかわらないので、組合でもがんばっているところ。2年間の期限つきだが、国の制度で月2万円程度の補助が。すべて人件費にかえってくわけではないが、変化を感じる。施設は人手不足で、1日60~70人が利用し、40人が入浴するが、忙しくてじっくり話せず、お年寄りを流れ作業で入浴してもらう状況に。安心して働き、サービスできるような制度にかえたい。

fiveSさん・造園業

建設業で働く青年は困難を抱えて生活している。賃金は高いとはいえず、昇給も、有給休暇もない。仕事がなければきられるか、もっと低賃金の悪い条件のもとで働くしかない。家を建てる仕事をしているのに自分の家は立てられない。夢をもてる働き方はないのかと思う。僕らの夢は、将来、みなさんといっしょに家を建てること。理想を聞いて、さまざまな能力を持った職人が世界でひとつの家をつくる。それは青年が安定した働き方ができ、たしかな福祉があってこそ可能に。そういう願いを日本共産党に託したい。

続きを読む "世直しボランティア大集合に参加しました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.11

●核密約に関する報告書について志位さんが記者会見

http://www.youtube.com/watch?v=WTo-7NOQcJc

政府は9日、日米核密約に関する調査報告書を公表しました。

当日のマスコミ各紙も紙面を割いて大きく報じています。

Sn3j0284

「しんぶん赤旗」では報告書についての日本共産党の見解を志位さんが説明しています。そのスタンスは、マスコミ報道と大きく違います。

Sn3j0285

その理由は、志位さんの記者会見を見ていただければわかるのではないでしょうか。

日米政府間の事前協議なく核兵器を持ち込むという明確な密約が存在するのに、政府はその認定をしませんでした。

だから、核密約の破棄をアメリカ政府に求めることもしない、という立場に当然、政府は立つことになるのです。

核持ち込みは決して過去のことではなく、アメリカは攻撃型原子力潜水艦に必要とあればトマホークを積載するとしています。

真相の究明をこれで終わらせてしまうようなことがあってはいけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.08

●お知らせ 3月14日「かえるネット東京」が「世直しボランティア大集合」

いよいよ次の日曜に迫ってきました。

小池さんが若者からの「10の質問」にこたえるトークもあります。

お近くのみなさんは、ぜひ参加してくださいnote

Tokyokaeru1_2

「tokyo-kaeru-1.pdf」をダウンロード 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●働き方「セルフチェック」~あいち☆

2_2

日本共産党愛知県委員会が作成した
「あいち青年大調査~MYセルフチェック」

青年の「働き方」を集めて、自治体や政府に
改善を求めていこうというとりくみです。

県内で4万枚配布するそうです。

あいちの方がいたら、ぜひともご協力をsign03

「self.pdf」をダウンロード 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.04

●日本共産党大会のハイライトビデオが完成

1月にひらかれた日本共産党第25回党大会のハイライトビデオが完成しました。

若い人たちもけっこう登場します。

個人的には、派遣をきられた若者たちの思いに心を寄せ、たたかいに参加した仁比参院議員の発言がsweat02

このビデオ、多くの人に見てほしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.03

●【訂正】清水ただしさんのラジオ番組きけますので、よろしく!

「きけるよ」というコメントをいただきました。

たしかにそうです。

私の早とちりでした。大阪以外のみなさんも、ぜひ

いただいたコメントは↓↓

「ラジオ派遣村」番組サイトでは、Webラジオと動画配信を装備しております。
下記をクリックして、オンエアの音声とスタジオの映像をお楽しみ下さいませ。
   
http://hakenmura.tv

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.03.01

●ママパパかえるネットをつくります☆東京

1_2  「こんな交流会待ってましたsign01」「いろんな人の活動や子育ての悩みがたくさん聞けてよかったです」――日本共産党東京都委員会は2月11日(祝)、「子育て世代ネットワーク交流会」を開催し、子育て真っ最中のママ・パパ60人以上とgemini子ども31人が参加しました。

親と子どもが一緒に楽しめる「手遊びタイムcat」。その後、子どもたちはワイワイnotesと保育室へ。

ママパパは8つのグループに分かれて手作りcakeやクッキーを食べながら交流しました。
「生まれて半年まで夜泣きがひどく先が見えなかった。知人も少なく孤独でwobbly 子育て中の人とつながりたい」
「保育園の給食が外注され、離乳食を持参しないといけない」

「夫との協力どうしてる?」など活動や子育ての楽しさ、悩みをいっぱいだしあいました。日本共産党青年支部の子育て班(西多摩青梅地区)や新日本婦人の会の子育て世代の交流会(キラキラカフェ・大田区)、地元の日本共産党区議さんと協力しながら、保育園のママ友にもよびかけて開いた「共産党を語るつどい」の経験(北地区)などのとりくみについて交流しました。

望月康子都副委員長・女性部長が第25回党大会決定についてお話しし、小池あきら参院議員・東京選挙区候補がかけつけてあいさつ。

最後は参加者みんなで参院選勝利にむけて「ママパパかえる」ネットとして、地域ごとに活動を広げていくことなどを申しあわせました。

※次回の交流会は4月か6月に開く予定ですwink

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »