« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010.01.27

●辺野古の海に報告しました

親かえるは26日、東京に帰りつきました。

実に20泊21日、名護にいたことになります。終わってみればあっという間でした。

25日の昼、辺野古の海に、「勝ったぞー」と報告に行ってきました。

1月6日に、初めて辺野古を訪れたさい、「勝ったら、これから出会うであろう青年たちといっしょに報告にこよう」と決めていたものですから。

選挙ボランティアをかってでてくれた2人の若者ふくめ5人で辺野古へ。

Dscf0627

あいにくの暴風雨、びしょぬれになったけど、海に向かってみんなで叫んできました。

キャンプ・シュワブと沖縄を隔てる有刺鉄線には、こんな思いを結んできました。

Sn3j0249_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.25

●ジュゴンもよろこんでます!

Pap_0188

HHKニュース。稲嶺さんのバックに、うっすらとジュゴンが

Sn3j0247

本日の「琉球新報」1面。バンザイのうしろには、やっぱりジュゴンが!

ジュゴンのイラストを描いてくれたSさん、ほんとにありがとう。選挙を通じて、このイラストは立派なしごとをしてくれました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.24

●勝利が確定しました

選挙管理委員会の発表で勝利が確定しました!!!

稲嶺さんが勝ちました。

Sn3j0239

新基地いらないの市民の声が、市長選挙でははじめて、結果となってあらわれました!

その歴史的な勝利に、ささやかですが貢献できたこと、ほんとうにうれしく思います。

そして、ブログをみてくれたみなさんに勝利を報告できたこと、ほんとうにうれしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●名護で勝ちました

やりましたー!

取りあえず報告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●名護からレポート⑭~心の底から

Sn3j01500001夜8時前の名護十字路です。

オーストラリアの路上で演奏していたTくんのギターにあわせて歌を歌い、政策をメガホンで訴えました。

「辺野古の美ら海に基地はいらない」

「市内で若者が働けるしごとを」

みんな笑顔で、なおかつ真剣に。

参加した12名、輝いていました。

バスやタクシーの運転手さん、子ども連れ、青年たち、おじい、おばあ・・・。

車から手を振り返しての声援がなんと多かったことか!

ペンライトのブルーもいい感じで光ってくれました。

「宣伝にためらいがあった」というSくんは、「参加してよかった」

宣伝歴は長いであろうAさんは、「いままでいろんな宣伝をしたけど、一番よかった」

親かえるも同感。全国のみんなにもみてもらいたかった宣伝でした。

なぜ、デジカメを借りなかったのか、と反省しきり・・・。

興奮冷めやらず、8時半すぎに事務所にかえってギターとさんしんでミニ・コンサート。

青年のもつエネルギーのすごさに、こちらも元気をもらった感じです。

「歴史をかえる日曜日にしよう」
そう、誓いあい、土曜日の行動を終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.22

●名護からレポート⑬~1日の動きは

朝7時半から1時間、手振りをし、

昼間は2回、ビラ配布をしつつ、道行く人たちと街頭で対話

その合間に、名護にきてから4回目となる「沖縄そば」を青年たちと食べ、

さらに、午後3時から青年カーで2時間まわり

午後5時から6時まで市街地で手振り、

夜は、つながりのある青年との対話、

ジュゴンのシールづくり

そして、いま解放(笑)

非常に長い1日でした。

きょうは、車からの手を振っての応援がほんとうにすごかった。

あるスポットでは、大げさじゃなく3台に1台手を振る、という反応です。

「どうなっているんだ?!」と現地の青年もびっくりしていました。

あしたも最後までやりきります!

100122_132801 

↑チラシの配布風景はこんな感じです。隣の家まで離れている集落もけっこうあります。

100122_131801

↑この郵便(新聞)受け。すばらしいと思いませんか? うちでもほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.21

●名護からレポート⑫~大雨のなかで

100121_154001午後、青年カーが走りました。

そろいのTシャツを着て、ジュゴンシールを胸につけ、市内2箇所で訴え。

反応もよく、さあ、これから、というときに、大rainが!

島の天気の変わりやすさにほんろうされた1日でした(。>0<。)

夜は青年と対話も。

「どうするかまだ決めていない。以前、普天間基地の近くに住んでいたので基地はいらないんだけど、くらしのこともあるし」とのこと。

沖縄県民のみなさんの「基地は要らない」の声が、基地のたらいまわしをすすめてきた自民党を退場させる上で大きな力になったこと、

「基地と引き換えにお金お落とすというやり方では経済もくらしもよくなかったし、基地とリンクさせず沖縄北部の振興をするという動きがすすんでいること、

など説明すると、「そうなんですか。基地は要らないし、そういうやり方があるなら応援したいですね」と話してくれました。

合計してみると、きょう1日で17人の方から「応援します」という返事をいただきました。

大雨でdenimshoeも濡れまくって気持ちがdownになりましたが、トータルではup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.20

●名護からレポート⑪~人生初(笑)

名護市の気温は24℃sun

夕方の宣伝行動にて

国道58号線を行く車に向かってこん身(?!)の手振りをしていたら、

なんと4台連続で、手振りがかえってきました!

人生初の経験。

日に日に反応がアップするのがわかります。

「辺野古に新基地はいらない」の市民の願いが結果になってあらわれるかどうか。

あと3日間です。

そして、あすは、こんなTシャツを着て青年カーを走らせます。

100120_205001 きょうの宣伝では、またしても小学生に「シール、シール」と。「友だちがいっぱいいるから」と20枚も奪われてしまいました(笑)

「ポケモンにもジュゴンいるんだよ」なんて教えられたり。

ホントかなあ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.19

●名護からレポート⑩~「一歩ふみだす」

昨日のことです。

国道58号線沿いで宣伝していると、道の反対側から、私たちの「辺野古沖に基地はいらない」の訴えをずっと聞いている青年がいます。

時間にして20分ほどだったでしょうか。

横断歩道を渡ってこちらにやってきた彼は、「手伝います」。

「2年前、本土から実家に帰ってきて、いまはときどきアルバイトをしながら家族の介護もしている」

「米軍基地をつくられたら100年だって居座るかもしれない。僕は県内はもちろんグアムもおかしいと思う。アメリカ本土に帰ってほしい」

「海辺を散歩していたら、米兵とその家族が遊んでいた。子どもはとてもかわいい。米兵個人が嫌いというわけじゃない。彼らに戦争をさせるしくみをかえないといけない」

きょうの夕方も、ボランティアにかけつけてくれました。プラスターを掲げ、精一杯声をあげ、道行く車に手を振り続けていました。

彼が、私に話してくれました。

「僕はこんどの選挙で一歩ふみだしたかったんです。みなさんが宣伝していたから、ふみだすことができました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●名護からレポート⑨~大接戦

100119_094101_2 

本日付の沖縄各紙の1面です。

こういう状況のようです。

ようは、大激戦・大接戦ということ。

がんばりぬいたほうが勝つのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.18

●名護からレポート⑧~パイナップルカラーで

名護でシールをつくりました。

「かえるネット」の宣伝物のデザインをしてくれているM&Tさんのお2人の協力によるものですhappy01 ジュゴンは沖縄の若者が描きました。

プリンターでうちだして、切る、というかなりの手作業を強いられたのですが、うちだしてみると、この黄色いパイナップルカラーが実に沖縄っぽいではありませんか!

100118_115101

きょうの朝、交差点で宣伝していると、通学途中の小学生2人連れが「ちょうだい」。

20歳の2人連れの男性も「もらいます」。

けっこういけるかも??? しれない。

きょうは21℃。汗ばむ陽気ですが、がんばりまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.17

●名護からレポート⑦~ジュゴンズCafeひらきました

昨日は16人が参加してジュゴンズCafe(青年の集い)を名護市内で行いました。

主催は、会場基地の建設を許さない青年の会「ジュゴンズ」、そして民青同盟です。

この数日間、民青県委員長の小松さんと市内のつながりある青年を訪問し、企画を知らせ当日を迎えました。

D70_1791何人集まるか、かなり不安でしたが、けっこう集まって、ひと安心。

日本共産党名護市議会議員・具志堅トオルさんの話、とくに、基地があるゆえに経済がまずしく、雇用も少ない、という話は非常に新鮮でした。

○基地建設の引き換えとして、この間、投入された沖縄県北部への振興策は400億円にのぼるが、うち1割は自治体負担。それが住民を圧迫し、名護市が、ほかの自治体よりも税金が高い要因になっている。

〇県内の北谷町にあった米軍基地が返還されたが、いまや2万数千人が働く商業スペースに生まれかわった。基地は雇用をつくるのではなく、雇用を奪っている。

などです。

名護で働く青年からは、基地の問題とともに、待機児童をどうするか、ごみの有料化で困っていることなどが出されました。

それらの問題を住民の立場で解決するためにも「基地頼みではない振興が、くらしをよくする道」と具志堅さんは話されました。

さらに老朽化の激しい学校の校舎の立替、30人学級に移行すればただちに33人の先生を増やせること、保育園の待機児童の解決のための保育行政の充実などなど、具体例もあげて市政をかえる中身も紹介されました。

テーブルに分かれて30分ほど、暮らしのことや基地のことを語りあいました。

こんごも、「こういう集まりをもっていきたい!」と、しばらく中断していた民青同盟の班会議が名護でも再開されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.15

●名護からレポート⑥~若者の声を聞いて回りました

きのうは名護市内で若者の声を聞いて回りました。

市内の飲食店からビールや泡盛のビンを回収する会社で働くYくんは、「去年の秋くらいから店で飲む人が減り、夕方前に仕事が終わる日もある。いまは以前と同じ給与だけど、どうなるんだろう・・・」と話してくれました。

パソコンの修理をしているKくんは「宜野湾市での仕事の契約が終わり、いまは家で仕事を請け負っている」とのこと。「友だちはほとんど名護から出て行った。今度の選挙にはけっこう興味があります」と。

保育園で働くMくんは、「去年の冬、同窓生の飲み会に出たら現職の市長が顔を出していた。こっちで働いている友人は建設関係の仕事の人が多くて、“米軍基地はいらない。でも経済はどうなるんだろう”と思っている人もいる。それをどう考えればいいか、知りたい」と話していました。

明日は、ジュゴンズCafeという青年の集いを行います。3人とも参加してくれることになりました。

基地とくらしのこと、名護の未来のこと、みんなで語りあいたいと思います。

会場は名護民商2階(名護市宇茂佐1106-2)
午後7時から8時半。参加費無料
連絡は090-1947-1197(小松)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.13

●まもなく日本共産党の党大会がスタートです

いま沖縄県名護市は気温13度。強風のため、体感温度はもっと低いと思います。

午後は日本共産党第25回党大会の志位さんの報告をネットで視聴します。

ネットブックの準備も完了。

100113_124501

どんな報告になるのか。

案内には午後1時から夕方まで、とあります。

ということは、そうとう長い報告になるということですね。

気合を入れて視聴します!

リアルタイム視聴はコチラから↓↓
http://www.jcp.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.12

●名護からレポート⑤~歌いながら宣伝♪

沖縄の民青のメンバーが「島人の宝」を歌いつつ、「辺野古に基地をつくらSn3j0165_2せない選択を」とマイクで訴えつつ、市街地を練り歩きました。

新成人の男性は「いまから4次会なんです(笑)」とかなり気持ちよさそうな感じでしたが、シール投票では「安定した仕事がほしいにシール。「いまも短期で働いているんで」と。「友だちにも渡します」とビラもうけとってくれました。

カラオケボックスの前では、地元の中高生が「辺野古に基地はいらない」と大量にシール投票にも参加してくれました。

昼休みに入った沖縄そばの店にはこんな色紙がありました。

Sn3j0169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.11

●成人式宣伝やってきました!

100111_1630011 渋谷駅ハチ公前で、日本共産党中央委員会、民青中央委員会と共催で、成人の日の宣伝をしました。

笠井衆院議員と田村参院比例候補と一緒に、学費、雇用、核兵器廃絶、食と農業を訴えました。

成人式アンケートと雇用アンケート、核兵器廃絶署名を集めながら対話しました。

「コンピュータ関係で働いてるが、残業代が出てるのかさえわからない。アンケートを書いて送ります」「アパレル関係で朝8時から夜9時10時まで働いてる。身体がきついが、給料は安い」などの声がありました。

全国の「声」も教えて下さいね!(J)

明後日からから日本共産党第25回大会です。大会の様子や特徴をいち早く学べる「党大会ほっかほか学習会」を20日(水)午後6時から党本部で行います。大会参加者からの報告もあります。気軽にご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.10

●名護からレポート④~「辺野古に基地ができるのはイヤ」

沖縄のメンバーと福岡、熊本から応援にきた若者たちが約70人の新成人と「シール投票」で対話しました。

「辺野古に基地はいらない」に33人、「市内で働ける仕事」に20人がシールを貼りました。

Photo 「選挙行きます」と話す晴れ着姿の女性は、「沖縄国際大学にヘリが落ちたでしょ。基地ができるのはイヤ」ときっぱり。ほかにも「辺野古には親せきがいて、基地をつくるのは反対」「自然を壊すのはやめてほしい」など基地反対の声がたくさんよせられました。

県外に出ている新成人も多く、「かえってきたいが仕事先がない」「地元にかえりたいので公務員試験をめざしている」など、「名護にかえってきたい」「地元に安定した仕事を」の願いも切実でした。

同じ中学校出身の男性はそろいの紋付はかまをつくり、なかには、のぼりをつくって参上する人たちも(笑)。

稲嶺ススムののぼりを見て、「ススム、ススム」と大コールをしてくれたかと思うと、「辺野古に基地はいらない」「仕事がほしい」と「シーPhoto_7ル投票」にも参加してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.09

●名護からレポート③~全国のみなさんへ支援をよびかけます

「美(ちゅ)ら海に基地は絶対つくらせない」~名護市長選挙への支援を訴えます

2010年1月8日 民青同盟沖縄県委員長 小松直幸

 名護市では、1月17日告示、24日投票で市長選挙がおこなわれます。「美ら海を埋め立てる現市政を継続するのか」、それとも「命をはぐくむ辺野古の海に基地をつくらせない稲嶺ススムさんを選ぶのか」が問われる大事な選挙です。

 昨年の総選挙では、基地の「県内たらいまわし」をすすめてきた自公政権が退場しました。これは県民の力、国民の力です。この結果に、米兵による殺人、ひき逃げ、騒音など基地被害に苦しみぬいてきた県民は、つよい期待を抱きました。しかし、鳩山政権は、住宅密集地のなかにあり、「世界でもっとも危険」といわれる米軍普天間基地を「国外・県外移設する」との公約をつらぬけず、迷走をつづけています。アメリカの圧力に屈する形で県内や県外に苦しみを拡大するのではなく、無条件の撤去こそ、県民の願いです。

 この選挙で「新基地建設反対」を掲げる市長がうまれることは、13年間にわたって辺野古沖への「新基地建設」をねらってきた日米両政府の計画を断念させるうえで決定的な力となります。

 それは、同時に、普天間基地問題の真の解決への道を開き、アメリカいいなりの政治のおおもとにある日米安保条約はこのままでいいのかという議論を沖縄でも全国でもひろげる大きなきっかけともなるでしょう。

 「基地のない沖縄」「基地のない日本」に向けた、絶対に負けられない選挙です。私たちは力の限りがんばります。

 全国のみなさん。沖縄と本土の青年のたたかいとして大きなご支援を心からお願いします。

①名護市在住の方でつながりのある方は、稲嶺ススムさんへの支持を広げてください。

②可能な方はボランティアに駆けつけてください。

③現地で奮闘する仲間を励ます寄せ書き、メッセージなどを送ってください

④ビラや宣伝グッズの作成、交通費など、活動資金が必要です。ぜひ募金を寄せてください。

●支援先

〒905―0015 名護市大南2-1-37 
沖縄県統一連名護事務所気付 民青同盟 小松直幸 宛

電話 0980-43―0261
FAX 0980-43―0269

郵便貯金 普通預金口座 17040―12154521 名義 小松直幸
(備考欄に名護市長選挙支援募金とご記入ください)

sun全国のみなさん、ぜひよろしくお願いします!!(親かえる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.06

●名護からレポート②~辺野古に行ってきました

Sn3j0151

午後、辺野古に行ってきました。

写真の中央右側に長細い小さな島が見えます。

そこにむかってVの字型の巨大基地をつくる、というのが自公政権と米政府が合意した新基地建設案です。

その建設案を沖縄の世論は許していません。

ところが民主党政権は「日米合意は重い。もう選択肢がない」という立場からぬけだせないでいます。

これでは、日本政府が新基地建設予定地を用意しなければならないというジレンマからぬけだすことはできないのです。

Sn3j0148

この地にはじめて立って思いました。

名護市長選挙の結果は、民主党政権にたいしてもオバマ米政権にたいしても、大きな影響を与える選挙なのだと。

日本のなかでアメリカを実感したこともひとつ。

1枚目の写真、中央にある小さな柵のようなものは、有刺鉄線で沖縄と米軍を分ける境界線です。

その先は、米軍のキャンプ・シュワブ

もし入ると、、、、

Sn3j0149

という目にあいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.05

●名護からレポート①

いま沖縄県名護市に来ています。東京からairplaneで那覇まで約3時間

那覇空港から名護市内までは高速バスで約2時間

さすがに遠いところまできたなあと

1月24日に名護市では市長選挙があります。

親かえるは応援で駆けつけた、というわけです。

米軍普天間基地の移設先は同市の辺野古沖が予定されています。

「基地のたらいまわしはおかしい」「米軍基地はアメリカにかえって」
沖縄のみなさんががんばりぬいて基地建設はすすんでいません。

こんどの市長選挙でも基地問題は大きな争点です。

というわけで、あすから可能な限り名護レポートをお送りしたいと思います。

どんな出会いがあるのでしょうかeye

ちなみに、名護はいま13℃。風がつよくて少し肌寒いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●あけましておめでとうございます

昨日は新宿で日本共産党の街頭演説を聞きました。

「緊急手術をしたが、術後の経過があまりよくないので、ひきつづき治療が必要」

夏の参院選挙で東京から立候補する小池晃参院議員は、こんな調子で政権交代とその後の経過を表現し、聴衆の笑いを誘っていました。

Sn3j0143

2010年がみなさんにとってよい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »