« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.28

●ちょこっとニュース・・・「〝家計負担36万円〟はウソ」

「しんぶん赤旗」日曜版9月27日号の6面の記事です。

090928_175001

温室ガスを90年比で25%削ると、一世帯あたりの負担増が36万円にもなる。

これについては、9月14日にブログでも少しふれましたが、http://kaerunet.air-nifty.com/blog/2009/09/post-0aa1.html

日曜版では、この試算を行ったメンバーのお一人がコメントされています。

①鉄の生産量はいまより増える、②原子力発電所を9基新設、③自動車などの輸送量は減らない

こういう前提を政府からつけられ試算をしたというのです。

政治が学問を悪用するヒドイ例だと、あらためて感じます。

この方が、「古い力によって、新しい芽をつぶすべきではありません」「前提を取り払い、試算をやり直し、新しいモデルを示すべきでしょう」とコメントされています。そうなるようにしないといけません。

この問題にふれ、学問と政治の関係について、以前、日本共産党の不破哲三さんが、印象深い説明をされいたことをふと思い出しました。

「私たちは、どんな問題にとりくむときにも、自分勝手な願望や思いつきで仕事をすることはしません。どんな場合でも、私たちは、科学を踏まえて仕事をしようと思っています」

「私たちが、政党として、学問、科学を基礎としているというと、こういう誤解をする人がいます。政党と学問の関係を、共産党がまず政治的な思惑から結論をうちだす、理論の方はそれに都合がよいようにあとから組み立てる、こういう見方ですが、これはまったくの誤解であって、政治と学問の関係は、そんな見方とは正反対のものです」

学問の成果を政治がいかす――地球温暖化問題はそのことが正面から問われていると思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.27

●青年がイキイキ輝きました~宮崎県えびの市~

Photo
市長の入札妨害事件からみで行われたえびの市議選が25日に投票日を迎えました。カエルネットのメンバーも連日事務所に集まり、居場所を力に楽しく選挙活動をしました。西原市議の結果は3位(前回6位)、票と順位を伸ばし当選しましたhappy02

Photo_3
班長が用意していた必勝だるまならぬ‘必勝もじゃ君’に目を入れました。
市議選ではこの‘もじゃ君’が大活躍(*≧m≦*)
もじゃ君は班長のお手製、青年ビラに登場しただけではなく、事務所のあちこちにも描かれています。「似てる」という声をよく耳にしますが・・・似てますか???(笑)


25日が最後の宣伝だったんですが、政党カーに青年5人が乗車。マイクも2本つなぎ、市内を宣伝しまくってきました。青年の宣伝に力が入っていたせいか、家から出てきて握手を求められることが多々ありました。
青年後援会からの最後のうったえをデパート前で行ったんですが、通る車通る車何らかの反応をしてくれました。窓を開け、「頑張ってね」の声援をくれたり、わざわざ窓をあけ激しく手をふってくれたり、クラクションやパッシングもありました。こんなにいい反応はなかったので、反応だけで判断するなら上位だなとは思ってましたが、選挙というのは開票してみないとわからないですよね。なので、みんなドッキドキで開票を迎えました。たまりかねて開票所にみんなで乗り込んだくらいです。

今回の選挙で青年が宣伝した回数は50回を超えていたと思います。
本当によくやりました。
参加した青年は「楽しかった」「また来年もやりたい」(←coldsweats01)などの声も出ていたくらい、最後まで自分たちの要求をかかげて頑張りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●“かえるネット兵庫のつどい記念講演編”を開催!

 26日、かえるネット兵庫は、「かえるネット兵庫のつどい記念講演編」を開催!
 
 87周年記念講演会の志位委員長の講演を視聴し、参加者で感想や疑問をだしあいました。全国かえるネットに“つどい”の申し込みをしてくれたHさんや、選挙中につながって、その後、新しくメンバーに加わってくれたMさんら、8人でおこないました☆

 090926
まずはじめに、参議院議員選挙兵庫選挙区予定候補の堀内さんがあいさつ。参議院議員選挙をたたかう決意をのべました。

 そして記念講演会を視聴。途中、休憩を入れる予定がタイミングあわずに、1時間半ずっと見っぱなし。終わった瞬間は、「なが~い」といいながら、みんなしっかり視聴していました。
 
 その後、みんなで感想や疑問を、みんなが普段生活の中で感じていることも交えながら交流。

 090926_2
「正社員をふやしてほしい。仕事も学歴偏重もまだあると思う。学歴の低い人は、採用されても非正規とかはやめてほしい。志位さんの話は、核密約の問題はすごい。鳩山さんも自信がないんなら、志位さんと一緒にいって、三者面談したらいいと思う」

 「たしかに日本共産党は、SOSを聞けるたった一つの政党やなと思う。でもニュースを見ていると、民主党のことばっかりで、もう少し、ほかのことも報道してほしい」

 「大企業は、政治家に献金を渡して、税金なども優遇されている。財界からの献金にメスを入れないでやっていく民主党にも不安を感じる。鳩山首相ももらってるんじゃないか?共産党がそのことを指摘するのは大事。日本の労働者の権利が薄弱すぎる。せめて時給を引き上げてほしい」

 「友達と話していたんだけど、高速道路無料化は、ETCつけた人にとっても意味ないんじゃないか。共産党の人にもっとテレビに出てほしい」

090926_3
 などの感想を一通り交流。Mくんから、「民主党の環境政策はよくわからない」という疑問が出され、議論が深まりました。

  参加していた県党青学部長の小林さんは「民主党は、マニュフェストに書いてあるし、とりあえず二酸化炭素25%削減を宣言。しかし、具体的道筋はこれから。しかし難しいわけではない。かつて革新自治体がひろがったときの大阪府知事は『公害知事さようなら、憲法知事こんにちは』といって、革新自治体が誕生。窒素化合物などの排出規制をおこない、公害で汚染された空も青空がひろがった。技術は難しくない。やる気があって、行政が規制をかければできること。しかし、お金を儲けたい企業は、コストがかかると絶対に嫌がる。そのときに、民主党が、きちんと財界・大企業に迫れるか、そこが問われる。日本共産党は、二酸化炭素排出規制でも、具体的道筋を示して、財界・大企業にもモノをいえるように提言していくことがもとめられる」と話しました。

 この日“つどい”に初めて参加してくれたHさんは、「日本共産党は、いいことは他の党とも協力してでもすすめようとする姿勢があるんだなということを知って、すごくいいと思いました。これからも、日本の政治のことをもっと知りたいです」と感想を寄せてくれました。はるかちゃんは、この日、民青同盟に加盟してくれました\(^o^)/
 
 討論に参加したメンバーは「いろんな意見が聞けて、とてもよかった」「新しいことも知ることができた」などの感想を寄せてくれました。
 
 かえるネット兵庫では、これから、月一回、学べる“つどい”を開催したいと思っています。
 
 次回、10月のつどいは、鰺坂真さん(関西大学元教授、元大阪府知事選挙候補者)を迎えて、「マルクスは生きている」“哲学編”を10月31日(土)14時~17時、日本共産党兵庫県委員会で開催します。
 
 現局面の情勢にも触れながら、モノの見方、考え方、社会の見方、考え方などを、マルクスの哲学“弁証法的唯物論”の立場から、考えます。ぜひ、ご期待を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.25

●ちょこっとニュース・・・八ツ場ダム建設「中止」問題考

前原国交相が群馬県の八ツ場(やんば)ダム建設の中止を明言したことが話題です。

意見を聞かずにうごいていることで地元関係者の反発も相当なものです。

ネットなどみると、賛否両論ですし、建設中の国道の橋げたは「観光スポット」になっているというし・・・。

どう考えたらいいのかな? とこの数日間、思っていたのですが、共産党の総選挙政策をめくって、そうだったのか、と。

Sn3j0094八ツ場ダム、川辺川ダムなどのダム建設(3千億円弱)、スーパー中枢港湾(1千億円強)、空港建設などの大型事業を総点検し、不要不急の事業を中止・延期します

とあります。

つまり、まず「総点検」をする、ということなのです。総点検の中身には、費用対効果の問題はもちろん、地域のみなさんの意見をよく聞く、ということが不可欠でしょう。

八ツ場ダムの場合、地元のみなさんが長い年月をかけ、泣く泣く合意し、ダムが建設されることは前提となった生活支援策がはじまっているので、なおさらのことです。

そういう事態をも見越した奥深いことをいっていたのだflairと、いまさらながら気がつきました。

志位さんが、17日の「国会議員団のあいさつ」のなかで、「どんな問題についても、政府・与党よりも、さらにすすんだ視点をもってとりくむ必要があります」と強調されていたことの意味を、ほんの少しだけですが実感しました。

こういう野党が、いまの政治に必要不可欠と実感する親かえるでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.23

●「雇用保険に入らなくてもかまいません」の誓約書まで・・・千葉

18日、千葉のかえるネットのみなさんが対話&宣伝に取り組みました。当日の様子が届いたので、以下、紹介します↓↓↓

16日に民主党中心の新政権が誕生。労働者派遣法の改正にしても、大学や高校の勉学条件改善にしても、若者の願いや実態に寄りそった形で実現させようと、昨日18日にダブル宣伝を行いました! やったー(^o^)/

【千葉工大前・学費値下げ宣伝】
署名してくれた2年生の学生は「月5万円の奨学金を借りていて返済が不安」と話してくれました。
「今回の選挙で、共産党のうったえてきた学費値下げが他党のマニフェストにも盛り込まれるようになったんだ」と話すと驚き顔。
「親も共産党支持してて、いいなと思ってました。今回が初めての選挙で、共産党に入れましたよ」と嬉しい反応♪

【津田沼駅前・街頭労働相談】
「雇用問題で共産党はがんばっている。さすがですね!」と話してくれた47歳の男性は「昨日退職」(!_!)。
「警察の天下り先になっている警備会社で、上司との関係が上手くいかずに辞めた。自主退職の形だが、『辞めるなら損害賠償を払え』と言われている。入社するときには『私は雇用保険には加入しなくて構いません』という誓約書も書かされた」とひどい実態を話してくれました。

無保険の人も多く、労災があったりすると他人の保険証で病院に行かされるなど違法行為もあったそうです。
その人自身、生活が成り立たないため奥さんと小5の娘には実家(外国)へ帰ってもらったと話していました。

他にも、43歳の軽い知的障害を持つ男性から「施設から紹介された仕事に就いても、収入は月数万円だし、解雇や倒産の繰り返しで職を転々としている。相談できる友人もいないし、施設からも『もっとがんばれ』と言われるだけでつらい」という訴えも。

宣伝する度に出会う経済的貧困・精神的貧困。
総選挙が終わっても、それは何も終わってはいない、と実感しました。
草の根で行動し、政治を変える共産党の力が本当にたくさんの人たちから求められてるし期待されてます。

がんばろーおーっ!(^o^)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.09.21

●えびの市議選スタートッ~みやざき~

いよいよえびの市の市議会議員選挙がスタートしました。
えびののカエルネットのみんなは連日元気いっぱい頑張っています。

19日、20日はカエルネットえびのの街頭宣伝デー。
共産党宮崎県委員会の宣伝カーをえびのに持ち込み、青年だけで市内をまわってきました。
PhotoPhoto_2Kome

19日は7人、20日は8人がが宣伝に参加しました。
全員が交代でマイクを握ったんですが、初めてマイクをにぎった人が3名、うち2名は今月加盟したばかりの人です。

今月加盟したばかりのAちゃんは子育てについてうったえました。
「私はシングルマザーで、4歳になる子どもを一人で育てています。子どもってかわいいですよね。仕事から疲れて帰ってきても、子どもの笑顔を見ると疲れが吹き飛びます。
でも、子育てというのはお金がかかり、大変です。家系を支えるのは私のパートの給料しかありません。本当は子どもを旅行に連れていったりしたいのですが、生活するのがやっとです。えびの市では子どもの医療費が○○円かかります。日本共産党の候補は、えびの市の子どもの医療費を小学校卒業するまで無料にすることを公約にしています。これが実現すればすごく助かります(街頭演説の中身を抜粋)」
このほかにも、雇用のこと、農業のこと、そして市長の入札妨害事件と議会の対応について宣伝してまわりました。
Photo_3

青年のうえったえに、市民の反応はGOODscissors
クラクションならしてくれたり、手をふったり、わざわざ窓を開けてきいてくれたり、外に出てきて聞いてくれたりしました。
「いいことを言ってる若い子達がいた。お風呂に入ろうと思っていたけど、最後まで聞いてしまった。どこの候補者がこんないいことを言ってるんだろうと思ったら、日本共産党青年後援会と言っていた。さすが共産党だなと思った。ぜひ頑張って欲しい」という声が選挙事務所によせられていました。
ちなみに、地区委員長は初めて青年の演説を聞き、感動して涙を流していました(笑)

Cimg0133
(えびの市の風景)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.09.18

●志位委員長が会見 鳩山新政権に感想

16日の記者会見の様子がアップされています。

新政権に感想と建設的野党としての日本共産党の立場についてコメントされています。

http://www.jcp.or.jp/movie/09mov/20090917/index2.html

世論調査によると、新政権への支持率は7割をこえ、自民党支持率が過去最低を更新したとか。

期待と不安のなか、私たちが政治に対して注目もし、意見をいっていくことが、これまでにも増して大切になっていると感じます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.17

●鳩山新政権がスタートしました!

昨日は、ニュースなどをご覧になった方もふだんより多かったのでは?

自公政権の退場、鳩山政権の誕生、ついにその日が来た、という感じでしたネ☆

Sn3j0093_2本日付の「しんぶん赤旗」の大見出しは「新しい歴史の始まり」

本当に、そうなるように頑張りたいrock

志位さんの国会議員団総会でのあいさつ、熱をおびたものです。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-17/2009091701_01_1.html

「建設的野党」・日本共産党の出番の時代のはじまり
そして、国民の世論と運動が政治を前に進める大きな力を発揮する時代を迎えた

新政権の誕生にあたって、そんなことを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.14

●ちょこっとニュース・・・「国民負担増論」のナゾが解けた

昨日の「しんぶん赤旗」3面の「財界『負担増』宣伝は虚構」

ものすごく興味深い記事です。

Sn3j0090温室効果ガス排出量を25%削減すれば1世帯だけで年36万円の負担増になるpout・・・財界団体からこんな宣伝がはじまっています。

このことにこたえたのが同記事です。

この宣伝は、「政府の中期目標検討委員会の資料」が元ネタだそうです。

その資料では「現行の経済構造は変えない、企業への規制はできるだけ抑える、原発は増やすが自然(再生可能エネルギーは大幅に増やさない・・・などが最初から決められていました」

そうだったのかflair

記事は続けて、

「だとすれば何によって減らすのか。同委が示した主な具体策は、一般住宅に設置する太陽光発電、エコカーの普及、断熱住宅など、国民が自腹を切って進めることばかり」

だから、家庭負担が増すわけです。

しかし、、、

「ガス発生源でみた直接排出量では、家庭部門の比率は自家用車を含めても11%にすぎません」

ふむふむthink

記事では、発電所などエネルギー転換部門(33.8%)、工場など産業部門(29.7%)など産業界での排出をどうにかしないといけないと指摘します。

「日本共産党は鳩山氏の表明を歓迎し、大幅削減を達成するために、ガス排出増の主要因となっている企業での対策と、エネルギー政策の転換を主張しています」

「07年に22.4%削減を達成したドイツは、一次エネルギーに占める石炭の比率を34.9%減らす一方で、自然エネルギーは4.3倍も増やしています。20年には自然エネルギーの比率を27%に高め、排出量を最大40%減らす目標です」

財界の思惑を許さない、国民の後押しがこの課題でも不可欠なのだと思い知らされた特集記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●仁比さんと語ろう会~みやざき~

9月12日はえびの市で西原市議の事務所開きでした。(19日告示・26日投票)
事務所開きに参議院議員の仁比そうへいさんが挨拶に来ていて、事務所開きが終わってから青年のつどいに参加してくれました。
きゅうきゅうに決まった「つどい」だったため、何人集まるかちょっぴり不安だったけど、会場は満員。民青の班の子達、今月民青に加盟したばかりの子、そしてその友達などが参加してくれました。

班長からは「ハケン切りで職場の仲間がバラバラになってしまった。ハケン切りにあった仲間に先日話を聞いたら、失業保険を貰いながら生活しているから国保が払えない。市から国保の督促状が来るので、本当にイヤになると友達が言ってた。国がもっと助けてくれればいいのに」

加盟したばかりの女性は「高校までは地元にいたけど、大学で県外に出た。経済的事情で親からの仕送りがなく、学費と生活費をバイトと奨学金でまかなっていたけど、それも限界が来て大学を中退した。それから仕事しようと地元に戻ってきたけど、仕事がないので、期間従業員として名古屋の工場で働いた。契約満了が来たのでまた仕事を探し、今度は三重県で派遣社員として働きました。社会に出てから6社勤めたけど、正社員で働いたことは一度もありません。政権交代で何か少しはよくなるのでしょうか?民主党では不安」

友達に連れられてきた女性は「私はシングルマザーで子どもを一人で育てています。今はサービス業でパートをしていて、帰りがいつも遅くなります。会社の業績が悪いからと働く時間を変更され、時間は短くて帰りが遅くなってしまった。子どもとの時間も確保したいし、もっと給料のいいところで働きたいと思っていて仕事を変えようと思うけど、子どもがまだ小さいということで何社も受けたけど面接で落とされます。この就職難をどうにかしてほしい」
他に「環境問題のことがききたい」「食の安全性に疑問を感じている」「国会の裏側の話を聞いてみたい」「裁判員制度について聞いてみたい」などの声があり、仁比さんがそれに1つ1つ丁寧に答えていき、学生だった頃、お金がなくて苦労した話しなども聞かせてくれました。

Photo_2

国会議員だし弁護士だし、仁比さんを前にしてみんな緊張しまくり。しかし、気さくな仁比さんの人柄にみんなうち解けていつもの気楽なノリで和気藹々とつどいが行われました。
途中、地元で火事があり消防団として出動しないといけないというハプニングがありましたが、参加者の一人が誕生日ということもあり、仁比さんを交えてケーキ食べたりしながら、話はつきることなく盛り上がり、仁比さんも23時前までつきあってくれました。
参加者からは「仁比さんが身近な人に感じた。共産党の議員さんって気さくでいいですね」「やっぱ共産党ってすげぇ」「議員さんがこんなに自分たちの話を聞いてくれるとは思わなかった。話せて良かった」「苦労を知ってる議員さんだからこそ、私たちの気持ちが分かってくれるんだと思う」などの声があがっていました。つどいを終え、仁比さんをまじえてみんなで記念写真もとりましたよlovely
そして、参加した子が「民青って楽しいですね」と加盟してくれましたscissors

【余談】
自分たちで作った青年ビラが地元で話題になってるそうです。彼らの思いの詰まったビラなだけに、いい反応ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.09.12

●みなさんからの返信を紹介します

メールニュースやブログの感想を寄せてください、とのお願いに返信をいただきましたhappy01

☆^(o'ω'p【゚+。:.゚スペシャルサンクス ゚.:。+゚ 】q'ω'o)^☆

●メールいつも有り難うございました。とても励まされました。これからも一緒に頑張って、党と民主勢力を前させしましょう。

●かえるネットさんからのメールとても勉強になり毎回楽しみにしていました。私の知らなかった事がたくさんわかるよいになり、真実を知らない人が多く、共産党は本当、必要な政党だとかんじました。これからも頑張ってほしいです。

●これからも元気の出るメール送って下さい。
仲間を増やすことが大切です。
これからもよろしく。

2009090510160001_2 ●八月頃から、ひと月だけですが読ませてもらいました。選挙戦の熱さだけにとどまらず、メンバーの方々の暖かさが伝わってきました。
で、なぜかえるネットを知ったかというと、赤旗読者だからです。多分、赤旗を読んでなければ、かえるネットにアクセスすることも無かったと思います。
意見としては、選挙のあるなしにかかわらず、もっと一般にPRする方法をお考えになった方がいいかも(^_^)

●正直、かえるネットニュースはよんでいませんでした。
というのも、日々の忙しさと疲れによって読む気にもならなかったからです。
あと、もう少し双方向のやりとりができるといいと思います。
質問に答えるような形がほしいかなと
あと、テレビに出演する情報をながしたらいいと思います。

メールニュースは、次週から再開予定です♪

選挙後も登録してくださる方がいらっしゃるので、やめることはできないです(笑)

こんごともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.11

●ちょこっとニュース「新政権に期待することは雇用問題の解決がトップ」

議員インターシップをすすめるNPO法人「ドットジェイピー」がアンケートの結果を発表しています。

http://mainichi.jp/select/seiji/graph/20090909/?inb=yt

新政権に期待することのトップは雇用問題の解決、そして財源確保が20%でトップ。

今回の総選挙をへて政治に関心を持った、という学生が48%にものぼっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●一刻もはやく保育園をふやして!

9月9日の朝日の夕刊の1面に、「深刻な虐待した親 3割が援助求める」とありました。

「全国児童相談所長会の調査で、「生命の危機あり」として子を虐待した保護者のうち、

相談所側が「虐待を認めて援助を求めている」と判断した保護者は31%に上った」と

ありました。そして「深刻な虐待をした保護者ほど、助けを求める傾向が強かったことにな

る」と。

本当に胸の痛む記事です。

調査では虐待につながると思われる家族や家庭の状況も調べた(複数回答)そうですが、

最も多かったのは「経済的な困難」(33%)でした。

こどもを育てるのって、喜びはもちろんだけど、大変なのは事実。

生活費の心配をしながらの子育て。私も経験あるけれど、小さい子を抱えながら

仕事をさがしたり、保育園に入れるか心配している日々は本当に辛かったです。

今、保育園に入れない待機児がさらに増えているというニュースも聞きました。

先日、厚生労働省での「保育園の制度を変える」ための会議(少子化対策特別部会)

のひとつの専門部会議の傍聴をしたのですが・・・

聞けば聞くほど、「なんで制度を変えなくちゃいけないの?」という疑問ばかり。

虐待のニュースからも、すぐに保育園に入れるようにすること、小さい子どもがいても

働ける社会にすることのほうが先決なはず!

しかもそれって、制度を変えるとかじゃなく、ちゃんと予算をかければできているはずの

こと。

新政権に要望はたくさんあるけれど、経済的に困っているお母さんやお父さん、

そして子どもたちのために一刻もはやく保育園をふやして、手だてをとってもらいたいと

思います!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.10

●記念講演会に参加しました

Sn3j0088_3

いってきました、日本共産党創立87周年記念講演会dash

日比谷公会堂は2階席の上までいっぱいでした。

ムービーも見れますし、本日の「しんぶん赤旗」では、その中心点が紹介されています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-10/2009091001_01_1.html

志位さんが、1955年以来の日本の政治史を3つの時期に分けて分析した話、なかなか興味深く聞きました。

とくに、財界主導の政治、ということがいまゆきづまりはじめている、ということにsign03flairという感じで。

もともと自民か民主か、という二大政党づくりは危機に陥った自民党政治の延命を財界が図って日本に定着させようとしくんだものなのです。

そのシナリオが全面的に前に出てきたのが03年の総選挙でした。

志位さんは、「03年の総選挙での民主党のマニフェストでは、自公政権の打倒はなく、政権交代可能な二大政党制に、がスローガンだった」と指摘されました。志位さんによると「民主がのびれば自民党も自己改革を迫られる」といった調子で、「パートナー」のようなことをいっていた、と。かかげた中身も消費税増税、憲法の改正など、「悪政の競い合い」が中心。

それが09年の総選挙では、「対決型」に転換し、自公政権の打倒、国民を苦しめる古い政治を変えように変わったと。だからこそ、国民の要求を部分的にであっても反映した要求を掲げているのだ、と。

「財界主導ですすめられた二大政党づくりが必ずしも成功していない」「自民党政治の延命どころか崩壊が始まった」と志位さん。財界団体から「自民党よ、建設的野党になれ」という話が起こっている、との紹介に爆笑が起こりました。(なれないですよね~。首班指名でも混迷ですから)

こういうなかで新政権の誕生です。

そして日本共産党という、財界主導の政治と対峙し、アメリカに対してもきっぽりとモノがいえる本当の意味での「建設的野党」の存在。

生活をなんとかしてほしい、希望がほしい、という切実な願いがあふれています。新しい政治への期待、そして不安と・・・。

「国民の力で開いた局面を、さらに前に進めよう。開拓者の党、日本共産党の出番」

志位さんの最後の訴えが胸にひびきましたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.08

●明日は記念講演会です

明日は日本共産党創立87周年の記念講演会です。

インターネットでも生中継されます

http://www.akahata.jp/live_stickam.html

Sn3j0086

「かえるネットさんも、ぜひ」と招待券をいただきました。

どんな話になるのでしょうか。

いまから楽しみです☆

きいた感想も、あす、アップできればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.07

●カエルネットはまだまだ終わらない~みやざき~

衆議院選挙がおわり、ホッと一息。

・・・・といいたいところですが、そうはいかず。

えびの市長の不祥事により議会を解散させてしまったので、9月19日告示、26日投票でえびの市議選が行われます。「青年の力で、青年が住みよいえびの市を作ろうrock」「えびの市の歴史を自分たちで前に動かそう( ̄ー ̄)ニヤリ」と、カエルネットえびののメンバーが市議選でも立ち上がりました。
カエルネットえびののメンバーは独自の青年ビラを作ろうと数回に渡り集まりを持ち、初めてのビラ作りと必死に格闘しておりましたrock
Photo

えびの市の雇用の情勢は県内でもワーストを争うほど深刻で、地元で就職したくても仕事がなく、青年が県外や市外にでて就職するしかない地域でもあります。民青の班名にもなった「ひのひかり」という銘柄のお米の産地、農業地帯でもあります。

Photo_4Photo_5


私たちは「えびの市で仕事の確保」を第一に掲げ、ビラを作りました。
カエルネットメンバーの中にも、ハケン切りに実際にあった青年、ハケン切りにあいそうになってなんとか免れた青年、働きたくても仕事がなく生活保護を受けるしかない青年などがいます。そういう自分たちの要求をビラに盛り込みました。何十時間もビラ作りに時間をかけましたが、昨夜の集まりでようやく完成、今日印刷に入ります。

Photo_3

今後、宣伝することも予定されていますが、宣伝のときにおそろいのウチワを持って宣伝しようと、班長お手製のウチワも作成されました。
キャラクターには、えびのではおなじみの「もじゃ君」(市議さんのイラスト)が描かれております。
これをもってみんなで宣伝するのを想像すると、なんだか楽しそうですhappy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.03

●メールやブログへの感想を、ぜひ寄せてください☆

●かえるネットはこれからもがんばります☆

選挙期間中、「日本共産党といっしょに日本をかえるネットワーク」のメールニュースを読んでくださった方、ありがとうございました(^o^)

そして、共産党の応援でがんばったみなさん、お疲れさまでした!!

ブログは昨年10月末に開設し、今日までに25万アクセスとなっています。
♪ d(⌒O⌒)b♪サンキュ

日本共産党は、総選挙の結果について、声明を発表しています。
http://www.jcp.or.jp/pc/index.php?_ucb_u=www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-01/2009090101_02_1.html

また、9月9日(水)、日本共産党創立87周年記念講演会が開かれ(東京・日比谷公会堂。午後6時半開会)、志位和夫委員長の講演はインターネットで生中継(^○^)/

今後のとりくみに生かしたいと思いますので、メールニュースやブログの感想・意見を寄せてくれるとうれしいデスo(^-^)o

あて先はkaerunet@jcp.jp

引き続き、よろしくお願いします☆

↑上は9月1日に配信したメールニュースです。アップするのを忘れていました(;^_^A アセアセ・・・

メールニュースに、6人の方から感想・意見をいただきました。

ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.01

●日本共産党中央委員会が「総選挙の結果について」の声明

★本日付の「しんぶん赤旗」に「総選挙の結果について」の声明が掲載されています↓↓↓

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-01/2009090101_02_1.html

★記念講演会が9月9日(水)午後6時半~
東京日比谷公会堂でおこなわれることも、あわせて発表されました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »