« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.30

●オバマ米大統領への書簡

夕方6時のNHKニュースをつけていたら

志位さん登場?!

オバマ米大統領に核兵器廃絶問題での書簡を送った、とのことです。

Image0651_2 

ホームページには、その書簡がアップされています。

http://www.jcp.or.jp/seisaku/2009/20090428_letter_to_president-Obama.html

一読しました。

書簡で志位さんは、

オバマ氏が、米大統領としてはじめて、核兵器廃絶を国家目標とすると述べたこと、

アメリカの大統領として、これもはじめて広島・長崎での核兵器使用が人類的道義に関わる問題であったと認めたこと、

など、演説の内容にもふれつつ、、

オバマ氏の演説を、「人類にとっても、私たち被爆国の国民にとっても、歴史的な意義をもつものであり、私はそれを心から歓迎する」と述べています。

同時にオバマ氏は、〝自分の生きているうちには廃絶は不可能〟ともしています。

志位さんは、その点については、「同意するわけにはいかない」としつつ、

オバマ氏の「発言が世界政治で生きた力を発揮することを願って」、部分的な措置ではなく、核兵器廃絶という明確な目標をもって、具体的なとりくみををはじめるよう訴えています。

これまで私自身、被爆者の方から何度も話を聞く機会がありました。

「助けての声がいまも聞こえる。なぜ、あのとき助けず逃げたのか・・・」

その話は一生忘れることがない、記憶となりました。

それだけに、オバマ氏の演説と、志位さんの書簡にはぐっとくるものがあります。

それに、書簡を読んで、オバマ氏の演説の意義がよく飲み込めました。

「いっただけ」に終わらせてはいけないし、それでは、被爆者のみなさんに申し訳がたちませんangry

日本と世界で世論と運動を広げるときsign03

です。

★記者会見の動画は↓↓↓

http://www.jcp.or.jp/movie/news_mov/20090430/index.html

★米オバマ大統領が5日、チェコ・プラハの演説で核兵器廃絶について述べました。その大要は「朝日」のニュースサイトで読めます↓↓↓

http://www.asahi.com/international/update/0405/TKY200904050209.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.29

●メールニュース4月28日号は「フェアじゃない社会」

「母子家庭で、母親は非正規」「月10万円は奨学金がないと通えない」。高学費の不安と家の貧困を語る新入生とこの春、多く出会いました。

東京私大教連が4月に発表した「私立大学新入生の家計負担調査」を読むと、入学の年にかかる費用は304万円、5人に1人が入学費用を借り入れ、その額は平均160万円にも。「年金や生命保険を解約した」との声もありました。

NHK「そりゃ、あんまりだ」(4月24日)では、親のリストラで退学におびえる学生の姿とともに、経済規模で比較した教育予算が先進国で最低にあることを報じました。ゲストタレントも思わず「日本はいつの間にフェアじゃねえ社会になった?!」。

日本共産党は、世界一の高学費負担を減らすことを提言しています。年収が大学で400万円、私立高校で500万円以下の家庭は授業料無料、公立高校では授業料減免を年収500万円以下に拡大する、などです。

この提言を実現するために必要な予算は毎年1900億円です。

世界には学費無料の国がたくさんあります。北欧のデンマークでは、入学金も授業料もなく、「学生援助金」という返済不要の給付制奨学金を月8万円程度うけとります。お金が心配で進学できない学生はいません。

日本の高学費をなんとかしなければ――つよく思った4月です。

★日本共産党の学費提言はこちらから↓↓↓

http://www.jcp.or.jp/youth/gakuhi/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.28

●盛岡市西部地域での「青年のつどい」☆岩手

久々に登場の岩手ですcoldsweats01

26日に、日本共産党の地域後援会のみなさんの協力を得て、「青年のつどい」をひらきました。

地域の支部の方、後援会の方10人が、おにぎりやとん汁、炭火焼肉(!!)などを準備してくれ、約20人の青年が参加し、おいしいお昼をいただきながらたのしく交流しました。 

中身は岩手のブログに書いてます。お手数ですがクリックをsweat02
kaerunet-iwate.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-d824.html

そして大学1年生の女性が「友達をたくさんつくりたい」って、仲間になってくれましたhappy01かえるネットの登録メンバーもふえましたhappy02

この「青年のつどい」は盛岡地区の日本共産党と協力して、5回目の開催になります。「みんなが聞いてくれるから、ふだんなかなか話せないことが話せる」と好評ですheart02

やっぱり、人とつながれる「居場所」が必要なんだなって、やるたびに思いますthink これからもたくさん、いろんな場所でひらいていこうとおもってますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27

●日立プラズマの工場のある国富町で街頭宣伝~宮崎~

前回、青年キャラバンに参加したメンバーが「今度は県独自でやりたい」と言っていたので、4月25日に宮崎地域班の班企画として街頭宣伝してきました。

A君は前日まで38度の熱があったにもかかわらず参加w(゚o゚)w

そして、日立プラズマの工場のある国富町(宮崎市隣)で自分の体験をしゃべりました。

Photo 「私は日立プラズマで派遣社員として働いていましたが、契約期間を残し解雇されました。共産党に相談しJMIUを紹介され、組合に加盟し団体交渉をかさね、要求額の満額とまではいかなかったけど、一部はもらうことができました・・・・(中略)・・・日立プラズマはどんどん派遣社員を解雇し、正社員も解雇しています。しかし、国富町はその日立プラズマに莫大な税金をつぎ込でいます。そのことを追及したのは日本共産党の町議ただ一人だけでした・・・(中略)・・・東国原知事も朝日新聞の取材に‘共産党の政策に一番近い’とこたえています・・・・」

S君は前回の青年キャラバンではリレートークには参加しなかったので、今度はやりたいと学費のことを一生懸命勉強し、今回の街頭宣伝にのぞみました。        Photo      

「僕は○○大学に通っています。母子家庭で母は退職し、年金から学費を出してもらっています。僕は大学の給付金から毎月3万円もらっていましたが、今年からその制度が打ち切りになり、なんの前触れもなく、紙切れ一枚で通知されました・・・(中略)・・・ヨーロッパの奨学金は返さなくていい奨学金が当たり前、しかし日本は奨学金といってもただの借金です・・・(中略)・・・日本共産党は学費をさげること、返さなくていい奨学金を作ることなどを政策にかかげており、こういう僕たちの国民の目線で考えてくれる日本共産党が大好きです・・・」

当日、対話まではできなかったけど、自分たちの思いを語れてとてもよかったです。

日本共産党の赤いたすきも似合うねlovely

でも、そのたすきをうっかり車窓からとばしてしまい、車止めて慌てて道路に拾いにいくというオチがこの後に・・・(・∀・)ニヤニヤ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.25

●5000人が労働組合に加入

共産党がひらいた職場問題学習・交流講座での志位さんの報告を聞きました。(講座はきょうとあしたの2日間です。)

「非正規切りにより数十万人という規模で労働者が職を奪われ」、「正規労働者にも、かつてないリストラ攻撃が」すすみ、「多くの大企業で、人件費削減、生産調整・・・労働者の手取りが一気に100万円以上も下がっている」と志位さん。

でも、これまでと違うのは、労働者が立ち上がっていることです。

昨年秋からの労働組合の「新規結成が110労組、既存組合への加入が125組合、合計で5000人を超える」(全労連調査)にものぼるそうですflair

志位さんは、立ち上がった労働者と会って、こんなことを感じたんだと話されました。

「たたかいにたちあがるまでには、悩みもあり葛藤もあり、勇気も必要だった。しかし、やむにやまれぬ思いで、自らに起こった問題を、自分個人の問題としてだけでなく、企業悪を許してはならないという社会の問題として、また自分と同じような犠牲者を二度とだしたくないという働く仲間の問題として、立ち上がったという」「モノづくりへの誇りを語り、仕事への誇りを語っていたことにつよい感銘を受けた」

どういう気持ちでこの問題をとりあげてきたのか、とても伝わる話でした。

たたかうことに希望を見出したみなさんに拍手を送りたいsign01

報告では、非正規労働者のなかでのとりくみをどう発展させるのかなど興味深い提起もありました。

さて、ここからは報告を聞いて感じたことを少しだけ。

雇用問題をめぐっては、いまだに、というか、いまなお、構造改革が不十分だ、解雇を自由にして雇用を流動化させよ、という大企業のもうけを徹底して擁護する立場からの論調もあります。

一方で、

共産党が、派遣、マルクス、ルールある経済社会というようなテーマでマスコミに登場しているように、モノ扱いはまずいのでは、資本主義社会の在り方はこれでいいのか、という関心や模索も有権者の中でひろがっています。

このままではいけない、だれしもがそう感じています。

だからこそ、本当の改革の道がどこにあるのか、若者のあいだで語りあうことが大切だなあと志位さんの話もききながらあらためて思ったしだいです。

いま、このブログにも各地で「つどい」がはじまったことのレポがよせられています。こういう学び、語りあう機会が無数に必要なのではないかと。

ひきつづき報告をまってます!!

なお、講座のようすは共産党HP&「しんぶん赤旗」で詳しく報じられると思うので、ぜひご覧くださいgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.24

●かえるネット・阪南のつどい & ぼや騒動

Photo 19日、日本共産党といっしょに日本をかえるネット「阪南のつどい」~僕たちこれからどう生きる?~が途中 ぼや騒ぎなどハプニングがおきるなか、40名の参加で行われました。happy01scissors

 忙しい中 参加していただいたみなさん、ありがとうございました。そして、bullettrain 東京から来ていただいた岡さん本当にありがとうございました。岡さんのお話しにみんな元気と勇気をいただきました。sun

 ~つどいの紹介~

つどいは「しんぶん赤旗」記者の岡清彦さんの講演を聞き4つのグループにわかれて交流しあいました。

 岡さんの講演では、青年の生きづらさの実態や、トヨタを20年取材してきた現場の声など、日本共産党の果たしてきた役割などお話しをしていただきました。

~参加者からは交流会での発言や感想文で~

大企業がもうけている下で、若者や弱者が苦しめられていることがよくわかった」「ちょっとづつ、一歩づつでも社会を前にすすめられる人になれるようにがんばりたい」「やっぱり日本共産党の果たす役割はすごいsign03

「現場の生の声を政治に届ける事が大事だと思った」「派遣切りの問題で、どこでも広がる運動のエネルギーはすごいと感じた」「国民の知らないうちに、国民が苦しめられている実態がわかった」・・もっと怒りを大きくしてangry

 今の政府を追いつめたい、その火が上がりはじめたように思った」などの感想がよせられました。 かえるネット会員に5名が登録してくれました。happy01

 また、大塚やすき18区国政対策委員長の宣伝中に声をかけてきた21才の青年が“つどい”に参加し、「こんな働き方はおかしいと思いながらも、派遣の仕事を転々としていた」岡さんの講演にとても共感した」と、民青同盟に加盟してくれましたscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●経済対策、仕事、憲法、西松問題、進路・生き方… ざっくばらんで縦横無尽に語り合った「つどい」inKG大☆~兵庫~

  Photo16日、KG大班では、「経済危機! 派遣切り! 内定取り消し!! どうなるどうするこの日本」と題したつどいを開催!

 KG大出身で地域の小選挙区候補の平野貞雄さんを迎えて、経済問題にとどまらず、日本社会の在り方、仕事や生き方についてもおおいに交流しました。

 まずはじめに、志位さんの国会質問のダイジェストDVDをみんなでみました。 

 それを受けて平野さんは、「憲法にそった国づくりが本当に大事」と話し始め、経済の問題にとどまらず、北朝鮮問題をめぐる9条の意義や、消費税増税問題など、さまざまな分野から憲法の立場の重要性を強調しました。そのうえで、西松建設問題にみられる政治と金の問題とあわせて、日本共産党への注目のひろがりも紹介。

 その後は、参加者からの質疑応答。「桝添厚生労働大臣が、ああおいう答弁をしても、現場はなかなか腰が重いのはなぜなのか?」「官僚主義がむだの現況というけど、本当にムダなのか?」「今、なぜ仕事がないのか?」などの質問にたいして、みんなで討論という形をとりました。

 「今、なぜ仕事がないのか?」にたいして、平野さんは「外需頼み、内需ないがしろの経済が、外需が崩れて生産調整せざるを得ない状況になっている。でも働いている人は、長時間労働がしいられてるもとで、本来は、ワークシェアリングをするとか、もっと応分の賃金やサービス残業などの違法を正すなどしていけば、雇用もふえるし、経済の刺激にもなる。そういうことをもっとすすめていくべきだ」とこたえました。Photo_2

  「また追加景気対策はどこが問題なのか?」という質問にたいして、「最終的に、消費税で補てんしようとしている。そこが一番の第問題」としつつ、「中小企業には仕事が回らない大型事業、株の買い取り、贈与税減税など大企業・大銀行、大資産家の応援策がならび、国債を発行するけど、それを将来消費税でまかなおうとしている」と話しました。

 最後に、学生から「将来に悩んでいる。経済的な面を優先して、教員になるか、自分のやりたいことを追求するのか」という質問に、平野さんは「ぼく自身は、もともとはもっと勉強したいなと思って大学に残ろうかなと思ったけど、学生運動をするなかで、そういう面でもがんばりたいと専従になった。やりたいことをやれていると思う。生活は、そこそこなんとかなっている」と紹介。「自分のやりたいことをしっかり考える時期にしたらいいんじゃないか」とアドバイスしました!

※兵庫のほかのとりくみは、⇓をみてね! 

http://kaeruhyogo.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.23

●「国会議員とぶっちゃけトーク」やっちゃいました! ~福島~

民青同盟福島大学ぷりん班は17日、日本共産党の大門実紀史参院議員を迎え、「国会議員とぶっちゃけトーク」を開催しました

当日は、15人の参加だったのですが、なんと主催者側も確認していなかった学生さんが6人も参加してくれました中には大門さんの著書を読んで参加してくれた学生さんも。ビックリhappy02

アパートに、門前で、学内でと、とにかくたくさんまいたチラシが話題になっていたようです。

会では、今日だけはみんな「大臣」ということで、自分の好きなことや興味のあることで大臣に就任。なぜその大臣になったのかを自己紹介しながら交流しました。例えば「雇用大臣」「食べるの大好き大臣」「韓流大臣」など、いろいろな大臣が誕生しました。

大門さんから、情勢や日本共産党について話してもらった後、参加者からの質問タイム。

「新自由主義の中心勢力はどこだったのか」「どうして国会議員になろうと思ったのか」「就職難はどうしたら解決するのか」「北朝鮮のロケット発射問題をどう考えるか」など、次々質問が出されて時間が足りないくらいでした。

200904221728000_3  最後に全員が、「貧困を激減させる」「話し合いで竹島問題を解決する」「一日3回は人を笑わす」「給食で出されるメニューはすべて地元で作られた食材を使う」など、自分なりのマニュフェストをフリップに書いて、発表しながら感想を交流しました。

「普段話せない国会議員と気軽に話せて楽しかったし勉強になった」「自分の考えと共産党の考えはほとんど同じ」などの感想が出されました。

みんな政治や社会のこと、どうすれば日本がもっとよくなるかということを真剣に考えていて感動しましたhappy02heart04

200904231222000_2 日本のこれからについて、みんなと語りあえる場をこれからもつくっていきたいと思いますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

●いまこそ! いまこそ!!

日本共産党が新しいポスターを作製した、とのことでHP上にアップされています↓↓↓

09047100_2

http://www.jcp.or.jp/down/posuta/2009/pdf/20090420_poster.pdf

目立ちます。

ひいき目ぬきでも、「いまこそ日本共産党」dashと感じる今日この頃ではないかと。

ポスターを眺めつつ、先日読んだ「東京」新聞の記事を思いおこしました。

4月19日付「東京」3面・・・ロナルド・ドーア英ロンドン大学政治経済学院名誉客員のコラム「時代を読む」です。

テーマは、政治の軸にならない「貧困」

「本屋には、『ワーキングプアの反撃』『派遣村』『反貧困の学校』など、貧困関係の本が何十点も並んでいる」

「よその国で、貧困・再分配の問題が政治論争の主要論になるのに、日本ではそうはならない」

「フリーター組合をつくったり、不当解雇を法廷で争ったりする草の根の抵抗が起こっている」

「不満をくみ上げて地方の政党支部にその人たちを組み込もうとしているのは、今度天下を取るつもりでいる民主党でなくて、共産党だけである。なぜだろう」

いろいろ考えさせられます。

ポスターほしい方は、最寄の共産党事務所にお問い合わせくださいsign01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.20

●「派遣切り」になった方々とともに3回目の支援ボランティア・・・・民青河南地区

民青河南地区は、18日、「派遣切り」にあった方への支援ボランティアのなかで生まれた「反貧困ネットワーク」(市職労、民青、生健会、共産党など)で、3回目の支援活動に取り組みました。この日はマスコミも取材に・・・。

今回は、事前に必要なものをアンケートに書いてもらい、冷蔵庫や洗濯機、テレビなど支援物資の抽選をやって、必要としている方に届けました。

この支援活動には、「派遣切り」にあった方も一緒になって、とりくむなど、反貧困のネットワークが広がっています。

民青は、「生活実態アンケート」で対話。50歳代から20歳代までさまざまな人がアンケートに答えてくれました。

沖縄出身のAさんは、「沖縄では仕事がなく、派遣の仕事を」、長野県から始まり、愛知、群馬、山梨などを転々として、大阪にたどり着いたこと・・・。

雇用促進住宅には、「電気がなく、もらったランプで生活している」ことなど話してくれました。

若者を使い捨てにして、恥じない大企業や、それを応援する自公政府の責任は重大! 「政治の大本をかえるためにも日本共産党をもっと大きくしたい」・・・という思いを強くしました・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.19

●派遣切りにあって、生きる希望をなくしていた青年が共産党に・・・

派遣切りにあったAさんは、小学生の時に父親を亡くし、高校生の時に過労と心労で母親も病気でなくなり、高校を中退し、頼るところもなく派遣で働いていました。

 昨年末、「派遣切り」にあい生きる希望をなくしていたときに、フライデーにのった「失業者に向けて緊急メッセージ・・志位委員長が語る日本共産党入門」を読んだそうです。

 最寄りの共産党事務所に相談をして、「生活と健康を守る会」のお世話になって、生活保護を受給できるようになりました。

 その時を振り返って、Aさんは、「自分はあの記事(日本共産党入門)を見ていなかったら自殺していた」「派遣の仕事は、本当に『蟹工船』のようだった」・・・。cancer

 ・・・「派遣切りに合うまでは、まったく政治に関心がなかった」「厚生労働省や民主党にもメールを送った。そのとき返事をくれたのは共産党だけだった」「いまは本当に共産党を信頼している」と語ってくれていま~す!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.18

●北朝鮮問題、オバマ大統領の核兵器廃絶演説と日本の進路

核兵器廃絶の運動をすすめる【よびかけ人】の前川史郎さん(日本原水協事務局有志後援会)の「だから私は日本共産党」です。

北朝鮮が4月5日、「ロケット」を発射しました。北朝鮮側がずっと主張している「実験用通信衛星」だったのか、はたまた「弾道ミサイル」だったのか、いまだに確認できていません。北朝鮮は2006年7月に7発のミサイルを発射し、10月には核実験を強行しているのだから、当然周辺地域に不安と緊張を引き起こします。核開発も弾道ミサイルについてもいっさいの開発をしないように求めなければなりません。同時に、大事なのは日本の対応です。本来、日本政府として北朝鮮に対して直接事情をただし、自制を求め、問題の平和的・外交的解決に全力をあげるべきでした。浜田靖一防衛相は3月3日、午前の閣議後の記者会見で「迎撃対象は、何であれ制御を失ってわが国に落下する可能性があるとすれば、人工衛星も含まれる。それに対処するのは当然のことだ」と語りました。こうした「迎撃ありき」の立場では、問題を平和的・外交的に解決できません。憲法9条で戦争を放棄し、「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」の非核三原則を国是とする国として、本来しっかりとした道義に立って北朝鮮に核とミサイル開発の放棄を呼びかけるべきです。そのためにも、アメリカの核兵器に守ってもらうという「核の傘」から離脱すべきです。※北朝鮮問題での日本共産党の見解は→http://www.jcp.or.jp/pc/index.php?_ucb_u=www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-09/2009040901_02_1.html

「世界で唯一核兵器を使用したことのある核保有国として、米国は行動を起こす道義的責任がある」―。日本政府とマスコミが騒いでいた同日、チェコのプラハでオバマ大統領が大観衆に向かって語った言葉です。1945年8月の原爆投下について、これまでアメリカ政府は、「広島は軍事基地だった」「原爆投下は終戦を早めた」「何十万人のアメリカの若者の命を救った」などと説明してきましたが、オバマ大統領は、歴代アメリカ大統領としてはじめて責任を認めたのです。また、「この取り組みをわれわれ一国で成し遂げることはできないが、しかし、世界をけん引することはできる」、「だから今日、私ははっきりと信念を持って、核兵器のない世界の平和と安全保障の実現に米国が取り組むことを宣言する」とも述べています。

唯一核兵器を落とされた被爆国として、日本は行動を起こす責任があるのではないでしょうか。麻生政権は、昨秋の国連で核兵器廃絶にいたる交渉の開始を求めたマレーシアなどの提案には、「条件が熟していない」「時期尚早」などと述べて水を差す態度をとりました。今回、麻生首相はオバマ大統領に、核廃絶に向けた連携を呼びかける親書を送るようです。オバマ氏が言及した核兵器全廃を目指す包括的構想を受けて、「現実的なアプローチ」で協力していく姿勢を示すようですが、足を引っ張るようなことだけはやめてほしいと思っています。

原水爆禁止運動の先頭にたつ日本共産党に頑張ってもらって、来年のNPT(核不拡散条約)再検討会議に向けて核兵器廃絶の声を大きくしたいです。

※核兵器廃絶を願う日本と世界の青年が集う「世界青年のつどい」が8月に広島・長崎で開催されます。詳しくはブログをご覧ください。→http://www.antiatom.org/youth_rally/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●東京 「あなたの不安を教えてください」

東京の民青同盟です(o・ω・)ノ))

日本共産党東京都議団と協力して、「仕事、子育て、生活、学費アンケート2009春」の運動をスタートさせました。

国政や都政に向けて抜本的な提案をしていこう、というのが大きな目的なんです。

5月10日にはアンケートの中間結果を発表し、シンポジウムも開催します!

なので、東京在住のみなさん、実態を交流し、政治をかえるため、アンケートにご協力ください(*≧m≦*)

アンケートはこちらから↓↓↓

「kaeru-tokyo.pdf」をダウンロード

東京在住の方、ぜひ協力してくださいね☆

17日現在で66人の方から回答をいただきましたsign03

景気悪化の影響などで仕事や生活に変化はありませんか?

*テレビで景気悪化を報道する前に、勤め先が倒産した。ある程度の心の準備ができていたが、大打撃だった。(30代・女性、パート)

*同期がある人材会社に内定をもらったが、内定の取り消しを受けた。その際違約金として100万円をもらった。(20代・男性、正社員)

*娘が仕事を探しているが、なかなか見つからず、アルバイトをかけもちしている。アルバイト先で正社員にならないかと声をかけてもらったが、社員の労働条件はとてもきついので悩んでいるようだ。(50代・男性、正社員)

あなたの職場、バイト先での不満、心配はなんですか?

*2年前、妊娠を報告した途端に派遣契約途中で解雇されました。(30代・女性、主婦)

*1年間アルバイト、3年正社員で働いているが、昨年9月から減給(5%カット)。残業代も出なくなり、毎日9時間以上働いていてしんどい。(20代・女性、正社員)

*他の派遣会社の人といっしょに働いていて、ほぼ同じことをしているのに、うちの派遣会社は、その他の派遣会社より給料が安い。(40代・女性、派遣・請負)

あなたの不安、お困りのことを教えてください

*経済的に不安で結婚ができない。人生設計が白紙状態。(年齢不明・男性、契約社員)

*母子家庭であり、都営住宅を申し込んでいるが、入れるか不安。20代・女性、パート)

*とにかく保険料が高い。(30代・女性、パート)

日本共産党について一言、ご意見、要望、質問など

*本気で与党になろうとしてほしい。(30代・女性、パート)

*東京都のオリンピックは、まわりはみな反対している。そんなお金があるのなら別のことに使ってほしい。(40代・女性、正社員)

*もう少し票がとれる工夫はできないでしょうか。(30代・男性、正社員)

*片親の世帯、老々介護世帯、病や障害で苦しむ人々などが守られ、尊厳を失わずに生き、死に、または死に値することができる世の中にしてください。(30代・女性、主婦)

続きを読む "東京 「あなたの不安を教えてください」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17

●キヤノンキター(来たー)━━━(゜∀゜)━━━

北関東キャラバンのブログ、快調に更新中です。

http://kaerunet.air-nifty.com/wakacar/

きょうは群馬県内を走行中。

あすが最終日です。

昨日の栃木のようすが一気にアップされたんですが、、、

大企業の集中する栃木では工場閉鎖、配置転換などの発表があり、いっそうの雇用不安がひろがっている、とのこと。

群馬は今日、雨模様。

体調に気をつけてがんばりましょう

Photo_3

(写真はキヤノン宇都宮工場前で訴える衆院比例北関東ブロック予定候補の小池一徳さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.16

●山ちゃん曰く[共産党はこわくなかった」

CS放送「山ちゃんのジャーナルしちゃうぞ」に志位さんが出演しました。

Photo_3

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-15/2009041505_03_0.html

紙面で読んで楽しいやりとりのようだったので、みたかったなぁ~。

と思っていたら再放送があったので見ました。

Photo_4 途中、山ちゃんが「僕の頭の中では、おっ(私にはそう聞こえました。録画していないので、「うっ」かもしれないけど・・・)共産党だね」と感想を漏らしていました。そして、最後のほうでは「共産党というのはこわいイメージがあったけど、そうじゃないですね~」と実感こめて語ってました。

CS放送ということもあってか、脚色も控えめ、じっくり聞いて、党本部の中をじっくり紹介して、となかなか見ごたえありましたよ。

Photo

資料室にて。「図書館みたいですね~」

Photo_2

屋上にて。平和への誓いを感じさせる花があるんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.15

●お知らせ・・・かえるネット京都から

こんにちは。かえるネット京都です。

「百年に一度」と言われる経済危機。そしてその中で、派遣切りや就職難など、国民・青年の生活が脅かされています。どうしたら打開できるのでしょうか?

この問いに答える企画2つを民青京都府委員会(http://www.dylj-kyoto.org)が準備してくれました。かえるネット京都としても応援します!

いずれも入場無料。民青府委員会は、多くの参加を呼びかけています。

◎4月19日…「派遣村から考える新しい社会と私たちの生きかた」
・対談者=河添誠さん(首都圏青年ユニオン書記長)、宇都宮健児さん(派遣村名誉村長)
・とき=19日(日曜日)午後2時~
・ところ=キャンパスプラザ京都第2講義室

◎4月29日…「資本主義は限界か!? マルクスの目で現代社会をひも解く!」
・講師=上瀧真生・流通科学大学教授
・とき=29日(水曜日)午後2時~
・ところ=キャンパスプラザ京都第2講義室

連絡先・問い合わせ=電話075-722-8770、メールinfo@dylj-kyoto.org

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.14

●「労働組合」と「一杯のうどん」と日本共産党

兵庫のvirgoハタラキかえるさんからの「shineだから私は日本共産党shine」の投稿です。

今まで、○○党という「党」が付くものは自分にとってあまり良い印象はありませんでした。政治家は、国民からお金を取ってナンボ。政治家は、入党させる為に平気で嘘をつく。

政治家は、口先だけで一向に世の中は良くならない。自分の生活と政治が結び付いている、という事すら知らなかった私が、たまたま街中で聞いた、日本共産党の演説。冒頭から「戦争反対」と、声を上げて、戦争を無くす為には?

平和な国にするには?と、問題を提起し、それを打開する具体的な内容を上げて、力強く話をされていた味口さん(衆院兵庫1候補)の話に、政治に全く興味の無い私が、初めてちゃんと耳を傾けた瞬間でした。

それから、家に帰って、ネットの動画配信で色んな党の演説を聞きました。言っている事はわかる、けど、結局、何がしたいのか? ストレートな想いが伝わらない、特に自分と同じ10代~20代の「政治に全く興味が無い年代」からしたら難しい言葉が飛び交うだけで、まるでピンとこない。

でも、じゃあ何故あれだけ興味の無かった政治に興味が沸いたのか。日本共産党が、演説した言葉や内容はすんなりと自分の中に浸透しました。イジメはアカン、犯罪はアカン、戦争はアカン。あぁ、カッコいいなぁ。そうやって、言い切る日本共産党が本当に、カッコいい。そう思いました。

それから、自分が不当な解雇に合って労働組合で闘う中、精神的にボロボロになって、それでも頑張らなくちゃいけなくて、苦しくて、悲しくて、一気に生活への恐怖感が押し寄せて、潰れそうになった時、「大丈夫、僕たちが支えるから」と、手を差し延べてくれたのが味口さんでした。

ワーキングプア、名ばかり店長で、毎日働いても、生活していくのがギリギリな賃金しか貰えず、揚句の果てには保険証も無く、風邪をひいても病院に行けなかった私を「このままではアカン。一緒に市役所に行こう」と、わざわざ休みの日に私の家まで向かえに来てくれたのです。

味口さんの人脈で、市役所で国民健康保険を作ったのち、病院にも一緒に来てくれて、「毎日、仕事大変やな。体力をつけなアカンで」と、美味しいうどんを一緒に食べました。

こんな、一市民の為にここまで親身になってくれる政治家がいるでしょうか。見返りを求めず、困った人が居たら手を差し延べる。人情深くて、お人よしで、とても真っ直ぐな味口さんを応援したい!そして今度は私が味口さんの力になりたい!

些細な一票かもしれないけれど、私の、この「一票」が、将来、この荒んだ日本を変えてくれる「日本共産党」の後押しになるかもしれない。

あの時、食べた「うどん」がどれだけ、温かったか、どれだけ、身に染みたか味口さんは知らないでしょう。味口さんを、そして日本共産党を私は、応援します。

愛する人が苦しまない様に

不当な首切りを無くし

後期高齢者医療制度を無くし

醜い戦争を無くし

平和な日本にしてくれるのは

平和な世界を作り上げていくのは

「日本共産党」だと、私は思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●ちょこっとニュース・・・本日夜「クローズアップ現代」で「政治は変わる?」

4月14日、今日の夜ですがNHK「クローズアップ現代」で「政治は変わる?」が放映されます。

http://www.nhk.or.jp/gendai/

大学生と対話すると、政治への不満、関心、なんとかしたい、という思いが高まっていると感じます。

さまざまな学生グループが活動をはじめていることも見聞きします。

個人的には、18歳選挙権にして、高校3年生から政治に意見をいえるようにすることが投票率を上げる上でも大事だとは思うのですが・・・。

どんな動きがはじまっているのか、ちょっと見てみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.13

●ちょこっとニュース・・・北朝鮮ロケット発射問題について

昨日の「しんぶん赤旗」に詳しい記事が掲載されていました。

http://www.jcp.or.jp/pc/index.php?_ucb_u=www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-12/2009041201_02_1.html

このブログにも共産党の主張への賛否両論がコメントでついています。

ネット上でも、いろいろな意見がみられます。

いさましい意見も目立ちますが、果たしてそれが北朝鮮が国際社会とのかかわりで抱える諸問題、とりわけ核兵器の開発問題を断念させることにつながるのか。ここは冷静な目が必要だと思います。

ぜひ、みなさんに一読していただきたい、そう思った記事でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.12

●お花見でエコを考える 民青吹田・摂津地区

20090412_1  民青同盟吹田・摂津地区委員会は、4月12日、万博記念公園(吹田市)で「Spring has come!~お花見しながら、環境を考えよう!~」を開催し、15人が参加しましたcherryblossom

 民青新聞の環境問題の記事を読み合わせ、「温室効果ガスの削減には企業への規制が必要だということはそのとおり」「私たちの意識も大切だけど政治の責任も大きい」などの意見が出されましたconfident

 その上で「エコのためにどんなことしているか」について、「お米のとぎ汁を花にやっている」「広告の裏をメモに使う」など参加者それぞれが工夫を紹介しましたhappy01

20090412_3  この他、クイズ大会やスポーツなどで交流を深めました。絶好の天気の中、バドミントンやフリスビーで運動していっぱい交流しましたbleah 中には川で遊んでびしょびしょになった同盟員もsign03

 参加した同盟員は「環境問題について楽しく学ぶことができた。また交流したい」と話していましたgood

(Y・S)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●神奈川~街頭労働相談やりました☆

 昨日、横浜駅西口モアーズ前で神奈川労連青年部と民青同盟神奈川県委員会の共催で街頭労働相談宣伝をやりました(≧∇≦)

 宣伝には約30人が参加。土曜日の昼まで人通りもすさまじかったですが、次々対話になり、労働相談も間断なく人が訪れましたw(゚o゚)w

 対話をいくつか紹介すると・・・

●ビルメンテナンスの契約社員

「一生懸命やっても評価されない。資格をとっても正社員にしてもらえない。上司が1ヶ月半以上入院して仕事を代行してやったのに評価してもらえないcrying

●自動車部品メーカーの正社員

「月に残業80時間。仕事は減ってないのに不況で給料カット。ボーナスは5%減らされた。派遣の人はけっこう雇い止めされている。人数増やして1人あたりの時間を減らしてほしいbearing

●介護職のパート

「残業代が出ない。結婚してパート。週3日のはずが週5日。夜勤を3日続けたこともsad

宣伝後は交流会。自己紹介と宣伝の感想、組合や民青の魅力を交流しましたhappy01

・「青年だけで、しかもこんなに大勢で宣伝したのは初めて。マイクでうったえたのも、対話したのも初めて。一歩踏み出せてよかった」、

・「職場で不当解雇にあった時、相談に乗ってくれただけでなく、すばやく組合とか紹介してくれていっしょにたたかってくれた。かけがえのない仲間ができる居場所」

・「大企業になめられてたまるかと組合をつくってたたかっている。正社員化をめざしてがんばりたい」

・「大変な実態のなのにあきらめさせられている人が多い。実態を聞いてつながり、いっしょに学び交流しながら仲間を広げたい」

など、意欲的な感想や思いが出されました。

☆神奈川では、4月30日-5月1日で労組と共同で派遣村をやります。ひきつづき多くの青年とつながり、連帯をつくりながら、たたかいをひろげていきますpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.11

●もうすぐ15万アクセスです

あまり気にかけていませんでしたが・・・。

PC、携帯あわせてのアクセス数がもうすぐ15万に届きそうです。

みていただいているみなさんに感謝。

総選挙に向けた各地・各分野の取り組み交流&「●●だから私は日本共産党」

などなど、、、

ブログの充実もはかっていきたいと思います。

ひきつづきよろしくお願いします(◎´∀`)ノ

Sa3b0017_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●北関東を走ってます

http://kaerunet.air-nifty.com/wakacar/

北関東のキャラバン宣伝の様子は↑で更新中です♪

ぜひ、チェックしてくださいね☆

200904111510000_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

●宮崎でくらしを守る相談会やります

12日の日曜日、宮崎市内で「暮らしを守る相談会」が開催されます。

ボランティアも募集しているので、お近くの方で「協力できるよ」という方がいたら、ぜひ、参加してください☆

「kurashi-miyazaki.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●明日から北関東キャラバンがはじまります♪

4月11日(土)~18日(金)のスケジュールで、北関東を「若者ホンネ言っちゃおCAR」が走ります。

(写真は、近畿キャラバンでの兵庫の宣伝のようすです=4月5日、川西市内にて)

Photo_3   

日程は次の通りです

11日~13日・埼玉⇒14日~15日・茨城⇒16日・栃木⇒17~18日 ・群馬

情報はかえるネットのメアドまでよせてくださいdash

追伸*先日の近畿キャラバンでは、滋賀、兵庫からの投稿のアップが滞ってしまいました。この場をかりてお詫びします(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.09

●ちょこっとニュース・・・北朝鮮のロケット発射問題で志位さんが党の見解を表明

志位さんは8日、水戸市内での演説会で、北朝鮮のロケット発射問題について共産党の見解をかなりくわしく説明されました。

090409_161501

★しんぶん赤旗9日付より

http://www.jcp.or.jp/pc/index.php?_ucb_u=www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-09/2009040901_02_1.html

無法行為をきっちりと清算していない国家に対して、日本政府が冷静さを失ったり、道理ある立場を放棄して、制裁強化や軍事対応に傾斜することで事態の悪化をまねくようなことがあれば、それこそ重大です。

志位さんの見解、多くの方に読んで欲しいと願わずにいられません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

●各地のかえる情報・・・反貧困ボランティア、総選挙のとりくみ

春らしい陽気といえばそれまでですが、東京はかなり暑いsun

関西からかえってきた親かえるです。

各地のかえるネットがハケン切りへの対応や、遅くとも9月までにはある衆議院選挙にむけて行動をひろげています。

左、かえるネット福岡の「総選挙に向けた討議資料」

右、かえるネット京都の「反貧困ボランティア募集」チラシ

090409_144701_2

福岡の討議資料は、雇用や学費問題など、身近なテーマと共産党の政策のポイントをページごとに紹介。そして、「やってみよう!」という行動の呼びかけと、仲間といっしょにがんばれるように、みんなのプランが書き込めるようになっています。

「やってみよう!」では、STEP1として、自分と知り合いの声や思いを出し合うことからはじめて、STEP2で、お仕事アンケート、学費値下げ署名などでまわりの人たちの実態をつかむこと、そのさい、共産党の政策を学んだことも力に支持もひろげてみよう、とあります。さらにSTEP3として、総選挙に向けた地域ごとのプランを作ろう、とあります。

090409_145101

選挙の取り組みのイメージがわいてくる、なかなか優れものの小冊子となっていますね~flair

京都では、この間、反貧困ボランティアにとりくんでいます。先日、私も参加したので、その様子はブログ上で簡単に報告しました。

主な活動は①ホームレス支援のための炊きだし、②路上生活者への生活・労働相談、③生活保護申請など、行政への対応を求める取り組み、です。

京都のみなさん、ぜひ、一度参加してみてください。

連絡先は民青同盟京都府委員会075-722-8770/かえるネット京都075-231-6322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.07

●フランスからのメール 青年労働者の国際連帯

happy01ハタラキカエルの野村です。

いまフランスに来ています。フランスの労働組合CGT青年部と交流してきました。ついたその日、いきなり飲み会を開いてくれ、ワイン話やサッカー話など、日本の青年と変わらないような交流をしました。おかげで、カタコトの英語&フランス語でしたが、仲良くなれました~。翌日もランチを取りながら会議するなど、非常に自由な空気で交流できました。気軽な雰囲気でしたが、話す内容かなり真剣。

お互いの国における青年労働者の状況、世界同時経済危機、労働者へのしわ寄せ、サルコジと麻生の新自由主義路線批判、などなど。

フランスの労働組合の組織率は8%で、たたかう労働組合CGTもたった80万人。ですが、さすが個人の権利がしっかりしている国ですね、労働組合の運動(ゼネストや政府批判)の支持率(?)は50%を超えています。3月19日には、300万人のゼネストを労働組合の違いを超えて行いました。次の行動は、統一したメーデーをめざすそうです!

ちなみに、フランスのメーデーは公休日だそうです。一部のサービス行をのぞき、すべてお休みの日。

フランスCGTの国際部長が言っていた一言が印象的です。

「資本主義批判はできるけど、『じゃどうしたらいいの?』に、答えれる提案を示すことが重要だ」

まさに、日本の政治でも言えることですね。

《4月2日 かえるネットよびかけ人・労働者後援会・野村昌弘(全労連青年部書記長)》

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.06

●枚方交野かえるネット・・ “どうなっているの?!日本の政治” を開催!

Img_1770  5日 "枚方交野かえるネット"が中田進先生を招いて、「どなっているの?日本の政治」をテーマに”青年のつどい”を開催・・報道関係や公務員、学生など青年15人が参加したよ~・・。

  初めに、シールアンケートで「政治について」の質問を全員に行い、自己紹介もして終始和やかに学習&交流会がはじまったよ・・。

 中田先生の講義では、集いのテーマ「どうなっているの?!日本の政治」にそって・・・シールアンケートに答える形で・・・・。

1 アメリカ発金融危機と日本の行方・・・。

2 なぜ雇用破壊がすすんだか?

3 暮らしの破壊の原因は?

4 どうする・・・日本。政治はかわるし変えられる・・・の四つの柱で難しいことをわかりやすく、時にはジョークを飛ばしながら楽しく学べたよ! 時々、みんなに問いかけながら、 みんなで学ぶ学習会に・・・。

 ★質問では・・・

「日本は年功序列や終身雇用制がなくなったのはアメリカからの圧力があったから?」「物作りの体制を強化するには?」「派遣は今後どうしていったらいいのか?」「共産党は何で政権とらないの?」などに・・中田先生が一つ一つに丁寧に答えてくれよ~・・。

 ★感想では・・・

「具体的な話でわかりやすかった」「組合の大切さをあらためて感じた」「今の日本の政治は大企業の為にやられていることがわかった」「いま日本共産党の存在はとても大事、声をあげていきたい」「政府はアメリカを思いやるくらいなら(アメリカ思いやり予算のこと)、学生や労働者、中小企業の事をもっと思いやらないといけないと思った」などなど・・・。

 ★それをうけて 中田先生から・・・

「私が100話すことより、みなさんがまわりの青年に20話すことが大事だよ!。今日聞いたことで納得できたことからでいいので、できるだけ多くの人に話してほしいい・・。」と参加者に熱いメッセージが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.04

●夜10時…京都駅八条口にて

京都のかえるネットのみなさんがとりくんでいる反貧困ボランティアにおじゃましました。

夜10時、京都駅八条口。観光客でごったがえす日中と違う風景があります。

家や仕事を失った方たちにかえるネットのメンバーがあたたかい食事(カレー)を用意し、生活の不安など聞きつつ対話しています。

090404_222301

すでに今日が9回目とのことです。

30代の男性で「大阪から自転車できて、一週間何も食べていなかった」「以前は清掃関係で昼から夜中まで、さらにそのまま夜中から働くことも。月給はそれでも15万にしかならなかった」という方がいて、胸が詰まりましたsweat02

共産党の河合市議がさっそく生活相談に乗りました。

派遣を切られた方、家を失ったみなさんの気持ちによりそった対応がほんとうに求められていると痛感します。

それにしても、かえるネット京都、素晴らしい青年たちです!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.04.03

●空気よまなくてもOK

関西にきている親かえるです

090401_173401

cherryblossom前線も順調に北上し、日曜が見頃のようです

きょうは民青の新入生歓迎キャンペーンのお手伝いです

反貧困ボランティアいいですね

社会に何か発信してみたい

1人暮らしが不安。自炊が出来ないのでたまごかけご飯だけ食べてます

高校まで空気を読んですごしてきました

など思いや不安、やってみたいことを聞きつつ活動を紹介すると、かみあうのなんの

いっしょにご飯を食べた新入生は「なんか安心できますねー」

みんせいは「ポストKY」の場ですからdelicious

さらにさらに…

家がトヨタ孫請けでどうなるのか

奨学金ないとこれません
とにかく資格とらないとまずいんじゃないかと

などなど

世界一の高学費に加え不況、就職難への不安も聞かれました

政治の責任、重大だなぁ~と感じた1日でもありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●雇用促進住宅へ2回目の支援にとりくむ・・・・・・・・民青河南地区

 民青河南地区委員会は、前回に続いて、28日、市役所の労働組合などと、「派遣切り」にあった方々への生活支援活動に・・・。雇用促進住宅は、「派遣切り」に合った元派遣労働者などで満杯状態・・・・。

 
集会所に、みんなで集めた冷蔵庫やテレビなどの電化製品から日用品、衣服など、いっぱい持ち込み、集まっていただいた60人の方に必要なものを・・・。午後7時頃には、ほとんどなくなり・・・。

 
保健婦さんもボランティアで参加。血圧検査や聞き取り調査も・・・・。「保険証がないために病気になっても医者にかかれない」「癌の手術はしたが、治療途中で心臓も悪く・・」という方など、深刻な実態が・・・・。

 
「生活実態アンケート」調査では、「松下の下請けで正社員として働いていたが 海外への転勤を拒否したため大阪で解雇され、名古屋で派遣で働いていたときに、派遣切りにあった」「大手ゼネコンで働いていたが 会社が傾き、希望退職に応じた」方・・・・。

 「いろいろ免許も持っているが 40歳をすぎで再就職は、難しく派遣の仕事を転々としている」「日本は、仕事があると聞いてブラジルから単身で来日、オペレーターとして働いていたが派遣切りにあった」などさまざま理由で全国各地から・・・・。


 
「麻生首相に一言」では、「派遣法緩和のせいだ」「期待していない」「景気回復して」「何とかしてくれんと」「やることをしろ」など怒りの声が・・・・。annoy

 
参加した青年は、「政府や大企業に腹が立って、カレーも食べれなかった」「話を聞いてあげることしかできない自分が情けなかった」「今日、いろいろな人たちの話を聞いて 一生懸命に生きていかないとアカンなあ、と思った」などの感想が・・・・。

 この取組みは、引き続き行う・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●渋谷労働生活相談に参加して

catはじめまして。農協労働者後援会のshine星野shineです。

329日の渋谷の街頭労働相談に参加しました。相談活動は初めてでした。

そのなかで印象に残ったこともいくつかありました。

bearing炊き出しに並んでいた50~60歳くらいの男性は、この行動のことを事前に知ってここに来たといっていました。炊き出しに期待していたようです。食場の経営者が堅気の人でなく、最近逃げ出してきたとのことでした。この間の大量解雇のなかで職を失ったのかどうか定かではなかったのですが、こんな風に一回の炊き出しを事前に聞きつけてくるというというのは、相当切羽詰っているんだなあと感じました。大量の失職者が出るということは、こういう方がたくさん出るということです。ぞっとします。

virgoまた、話はできませんでしたが、汚れたエプロンをつけたままの20代か30代くらいの女性が、炊き出に並んで豚汁を食べていました。たぶん仕事のお昼休み中なんだと思います。結構疲れている雰囲気でした。生活が厳しいなかで、並んだのかなあという感じでしたが、ホームレス風の人がたくさん並んでいるなかで、一杯の豚汁を食べるために若い女性が並んでいる姿には、正直見ていてつらい気持ちになりました。これが今の状況なのかということを痛感します。

ear昨年10月から今年の6月までの失職者は19万人といわれていますが、こういう炊き出しや、労働相談、生活相談はますます必要とされると思います。

でも、一回の炊き出し、一杯の豚汁が待たれているような状況。punchやはり根本的な解決をしなければ、考えたくありませんが命を落としてしまう人もいます。こういった取り組みにこれからも参加したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.02

●ちょこっとニュース…消費税20年

昨日は消費税が導入されてちょうど20年にあたりました。

いま、関西にきているのですが、宣伝カーで“消費税をなくしましょう”のアナウンスがあり、今日だったのかと。

本日の「しんぶん赤旗」に志位さんの訴えがあり、あらためてこの税金のあり方についてあれこれ考えました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-02/2009040204_05_0.html

「福祉のため」と導入された消費税は大企業減税でほぼうめられ、しかも大企業は輸出戻し税で4兆円もかえってくるsign02

財源論についても対案が示されています。

仕方がないのでは?と思っている方も、ぜひ一読を

私事ですが…

いまから20年前、導入にいっかんして反対した共産党の姿を知り、共感&信頼し、それから共産党を応援するようになりました。「しんぶん赤旗」をよみはじめたのもその頃です。

自分の原点をも思い返す20周年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

●"雇用と学費""政治と金"の問題で若者の熱い期待を感じる青年キャラバン宣伝でした

 

Photo_4 29日 近鉄八尾駅から出発した青年キャラバンは、大阪市内と北河内筋を駆け抜けて、4月1日、滋賀に向かいました。宣伝に協力していただきました皆さん、運転手の工藤さんありがとう!選挙で結果が出せるようにがんばろうpunch

 大阪では、3日間で青年が28人、大人42人の70人の方々の協力を受けて、14ケ所で1千人の方に日本共産党と「かえるネット」の活動と政策を訴えることができたよ~happy01

 このなかで、「人間らしい働き方を/雇用問題と日本共産党」(DVD)を215枚を配布しました。

 29日、近鉄・八尾駅 アリオ前・・・八尾と河南の青年が10人、大人10人の応援を受けて、Photo_5 シール投票、ビラ配布に。

 対話の中では、今年高校を卒業したばかりの青年とは「父はトヨタの販売員で朝早くから夜遅くまで働いているが、学費が工面できないと進学をあきらめた」weep

「共産党の”生活できる賃金を””学費を引き下げ”いいですね」happy01と対話に。「学校の図書館で3年間働いて、正規職員になれずに、雇い止めになった」という26歳の女性など。。。。

 青年を代表して民青河南地区委員長の中野さんが、「派遣切り」になった方が住む雇用促進住宅への救援活動などについて、「若者を使い捨てにする政治許せない!」と熱く語ってくれたよ!

 派遣切り」に会った方からは、「6ヶ月間しか住めない。このままではまた住むところを失う」と心配の声が寄せられていましたが、31日の「しんぶん赤旗」に朗報がflair

 厚生労働省は、「廃止の雇用促進住宅 3年間は退去は促さず」だって、やっぱり要求し運動することが大事だね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »