« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008.12.31

●私も「派遣村」へ②

Photo_5 全国かえるネットよびかけ人の田中(民青委員長)です。今日は『年越し派遣村』のボランティアに参加してきました。
朝からたくさんの支援者がつめかけて、食事やテントの準備にあたりました。僕は困ってる人に少しでもこの『派遣村』を知ってもらおうと、宣伝隊に参加して、渋谷周辺のネットカフェにチラシを置いてもらったり、高田馬場の戸山公園でブルーシートの中のホームレスの方々を訪ねながら、『派遣村』を知らせてきました。
「あんたらのやってることは大事だけど政治家は何してんだよ」「企業は金余ってるのにひどいな」と、公園で暮らしている人たちもラジオや新聞をみていて、真剣に話してくれます。なかには「小泉と竹中が悪いんだよ。金融だ、自由化だってやりすぎた」と、支援に行った僕らに説明してくれる人もいてビックリ(^^;)日雇い派遣で働いていて「明日はイベントの要員に横浜アリーナに行く」という方は、「俺はなんとか働いてるからいいけど、最近公園のベンチで寝はじめた人がいるから行ってあげてくれ」と公園の生活に慣れていない他の人のことを心配していました(>_<)「食べ物もらえるなら」とチラシを見て日比谷にむかった人もいて、がんばって知らせようと思いました!
ネットカフェでは店員が「うちにも夜泊まりにきてる人がいるので渡しておきますね。がんばってください」と言ってくれたところも。街頭でチラシをまいていたら、「これを困ってる人にあげてください」と3000円もカンパしてくれた方もいて、「いまの首切りのやり方はおかしい」と感じている人がたくさんいることもよくわかりました。
Ts3d0028_2 これから生活の再建にいくつもの壁を乗り越えなければいけない人、まだ派遣村の存在を知らずに寒い夜をさびしく過ごしている人も数えきれないほどいます。現実にいま生きる手段を失ってる人に自分もすこしでも力になれたらと思います。

(日本共産党志位委員長は「派遣村」村長の「もやい」の湯浅さんと懇談しました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●私も「派遣村」へ

「年越し派遣村」初日に手伝いとして参加しました。早朝から男女含め100名以上のボランティアが集まり、日比谷公園内に救援物資の食料、水、テント、布団などを運び出しました。午前10時には開村式を行いました。マスコミも、NHKや民放、新聞各社が多数取材に訪れました。午後3時半の集計では入村した労働者は85名です。ボランティアも300名を2_2越えました。カンパ金は当日の会場だけで300万円を上回っているようです。それ以外にも米や果物、肉類が各地から沢山寄せられました。あたかい支援の輪がこんなにも広がっていることに非常に感銘を受けました。
午後3時には政党の党首として唯一、日本共産党の志位和夫委員長が激励に訪れました。派遣切りの被害にあった労働者と向き合い直接話を聞き、政治の責任を正面から受け止めする姿が非常に印象深かったです。日が落ちて、気温が徐々に下がります。新しい年を迎えるこの時期にこんな事をさせる、大企業や日本社会に未来があるのか、「首相も厚労大臣もこの場に来て私たちに謝罪せよ」と強い憤りを感じつつ、来るべき総選挙で今度こそ日本の政治を変えるしかないと強く感じました。(建交労後援会・ピロセ)

(衆議院比例東京ブロック候補の谷川さんも医師のボランティアとして大活躍していました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●志位さん「派遣村」へ

Photo_2 志位委員長が、日比谷「年越し派遣村」に、緊急に必要な物資などを届けにきました。笠井衆院議員も一緒です。志位さんは、派遣ぎりにあった人たちやもやいの湯浅さんや派遣ユニオンの関根さん、全労連の小田川事務局長さんと1時間半にわたって派遣村の人々と話していました。「派遣ぎりにあい町田で民青や共産党の方の世話になり、交通費をかりてここにきました」「派遣先でパワハラをうけてケガをした」などの話をトックリ聞き、「政治の責任をはたさせます」「派遣ぎりをやめさせるために協力しましょう」とこたえました。

2マスコミの取材には、「まず派遣ぎりをやめさせる。そして派遣ぎりされた人には住居、生活を補償する必要がある」「たくさんのボランティアがきて、たくさんの物資がよせられている。こうした動きが各地に広がり、みんなで支えあう動きが広がっているのは本当にうれしい」「こうした事態を生み出したのは政治災害だ。麻生総理もここに来て、現実をみて、大企業に派遣ぎりをやめろと強力にいうべきだ」などと話していました。

入村者は夕方ですでに80人以上。ボランティアは300人。自公政治の〝冷たい風〟から働くものを守る「派遣村」やそれを支えるみんなのあたたかさと、連帯の力に感動しました。
1912年の春、「働けど働けど なお我が暮らし楽にならざり じっと手を見る」の短歌で有名な石川啄木は、前年末から2ヶ月におよぶ都電労働者によるストライキが勝利する姿に、「多数は力なり、国民が団結すれば勝つ」と日記にしるしました。蟹工船が話題となり、ワーキングプアといわれる状況が広がっているいま、来年こそ、働くもの・国民の団結で勝利する喜びを味わえる年にしなければならない、そんな思いを胸に新年を迎えます。みなさん、来年もよろしくお願いします。(事務局J)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●派遣村にきました。

いま日本共産党長野県委員会から物資が3tトラックで運ばれてきました。Photo

Nagano

リンゴ1.8tに米。長野は派遣ぎりにあった人の数が全国有数にのぼるそうです。派遣の方々が住んでたマンションにいっても人はおらず、多くが都心にでてきているようで、急きょ物資をつのり駆けつけたそうです。ボランティアの皆さんで約30分かけて運びました。僕も30キロの米袋やリンゴを運びました。全国からのあたたかい心は、ここ「派遣村」にしっかり届いています。(事務局J)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.29

●「年越し派遣村」を開設!

ハタラキカエルの野村です。

この間、派遣・期間工切り、リストラが急速に広がり、住まいさえ奪われた労働者が大量に発生しています。そんな中、私たちの取り組みで、厚生労働省も雇用促進住宅の提供を始め、これまでに600名近くが入居し、ハローワークも1230日までは特別相談を実施する予定となっています。しかし、それですべてを収容できるわけではないことも明らかです!

様々な団体の有志で急きょ、ハローワークが閉まる1231日から15日朝に「年越し派遣村」を開設することにしました。

場所は、厚生労働省のある東京の霞ヶ関・日比谷周辺です。

そこでは主に、

①労働・生活相談、

②食事の提供(炊き出し)、

③寝場所の提供(テント生活)

を実施することになりました。

ボランティアスタッフとして手伝ってくれる方がいましたら、お電話ください。

年越し派遣村実行委員会

登録先:井上または伊藤(全労連内)

03-5842-5611

また、住居に困っている方がいましたら、同じく派遣村までお越しください。

※大晦日には志位委員長が物資を持ってかけつけるそうです。その様子も、このブログで紹介できればと思っています。お楽しみに!(事務局J)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●沖縄から緊急雇用署名行動の報告です

ミンセイ沖縄から報告です

沖縄では「大企業のリストラから労働者の雇用を守る緊急署名」を集めています。

沖縄は全国有数の出稼ぎ送り出しの地域です。

なぜかというと

仕事がないし、給料も低いから

若者だけじゃなく、40歳代、50歳代の働き盛り、母子家庭の母親など、沖縄では食べていけないという人たちや、高い学費を稼ぐために休学して働きに出る学生などたくさんいます。

今年もハローワークの紹介を通じてだけでも6,000名以上が愛知のトヨタ関連企業を中心に働きに出ていました。

しかし

今、その人たちが首切りにあっています。

地元新聞でも連日、解雇され住まいも失った沖縄出身者が、故郷にも帰れず、ホームレスになっている記事が掲載されています。

愛知では、日本共産党の宣伝で、「自転車でいけるところまでいって死のうと思った」という沖縄出身の若者と出会い、まさに命の瀬戸際で救ったという話もあります。

一人でも多くの若者、労働者を救いたい、彼らの故郷にいる私たちが何ができるのか、そう考え、緊急署名を集めて、訴えていくことにしました。

28日、買い物客や観光客でにぎわうパレットくもじ前でデビューの宣伝をしました。Pc280003

「大学1年生だけど、将来就職がどうなるか不安。だから署名します」(男性)

「大企業のやりかたはあまりにも理不尽。何とかしてほしい」(40歳代・女性)

「周りもみんな非正規。正社員を増やしてほしい」(30歳代・女性)

などの声があり、短時間の行動で22筆の署名が集まりました。

観光客の方(共産党の支持者かな?)からカンパもいただきました。

2008年もあとわずか。2009年、一人でも多くの青年に幸せがおとずれ、涙を流させないために、年始から全力で頑張りますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●告知です!! かえるネット事務局より

アクセスしていただいているみなさん、ありがとうございます。

今日でかえるネットブログを立ち上げて2カ月がたちました。

アクセス数は6万5000をこえました。

さて、

ブログ上で、新年の決意&抱負の交流をしたいと思っています。

元旦、午前零時をメドに、各地のかえるメンバーから届いた年賀状をアップする予定ですnote

それにみなさんの思いのつまったコメントをよせてください。

よろしくshine

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●ちょこっとニュース・・・えっ、あの人が「ルールある資本主義への移行を」と

そうです。これは日本共産党の主張ですね。

そうなんですが、発言の主は評論家の田原総一郎さんです。

日経BPのホームページに「暴走した自由主義の反動? 今『資本論』が読まれる理由」と題するコラムの中での問題提起です。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081218/120561/

田原さんは、蟹工船ブーム、共産党員増などに触れつつ、『資本論』への注目を語ります。

そして、経営難に陥っているアメリカ自動車メーカーのビック3では、労働組合が解雇を許さないとたたかっていること、一方、日本では、組合に組織されていない人たちが真っ先にクビにされていることに目を向けます。

「企業とはなんなのか、働くとはなんなのかということを、真剣に考えざるを得なくなった。それで、もう一度資本主義を考え直してみようということで、『資本論』が読まれているのだと思う」

ぜひ、一読してください☆

さらに、、、

29日付の「しんぶん赤旗」1面です。

081229_112101

昨日の「サンデープロジェクト」は、先の臨時国会で与党と民主党の党利党略により雇用対策の合意がなされなかった問題が各党討論のテーマに。

共産党は、合意形成に向けて努力をすすめるよう与党・民主党に働きかけていました。

ちょっと見づらいですが、田原さんは、「(共産党は)いいことをいう」「各党で一致しているものがなぜ、国会で実現できないのか。大問題だ」と強調されています。しかも「しんぶん赤旗」を手にとってです。

出演した日本共産党の小池晃政策委員長は「与党がやっている対策と野党が出している法案は内容的には重なりあう部分がある」と指摘。党略を優先し、合意形成の努力を放棄した与党の自民、公明、そして野党の民主党の姿勢を批判しました。

派遣切りから雇用と生活を守るとりくみをすすめること、そして「ルールある資本主義」をめざして、年末・年始と力をあわせましょうsign03

続きを読む "ちょこっとニュース・・・えっ、あの人が「ルールある資本主義への移行を」と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.28

●ちょこっとニュース…ネットカフェ難民4、大晦日に再放送

大晦日の朝6時から6時半、日本テレビ系で「日雇いハケン ネットカフェ難民4」が再放送されます。

若者の雇用をめぐる深刻な現実、仲間をつくり、立ち上がる姿を描いた同番組。

みられていない方は、ぜひこの機会にぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.26

●党の申し入れが日本経団連の主張を変えた?

今日の「毎日新聞」(朝刊)4面の『論点』で、日本経団連常務理事の川本裕康さんの寄稿文を読みました。どこかで見た名前だなと思ったら、志位さんが日本経団連に申し入れた時に懇談した方でした(もう1人は田中清専務理事)。

「しんぶん赤旗」報道では、「志位氏が、厚生労働省が出した“派遣切り”防止の『12・9通達』も含めて対応をただしたのに対し、田中氏は『通達も含め法令の順守は呼びかけている』とのべるにとどまりました」「日本共産党の四項目の要求について、…川本常務理事は『内部の会合もあるので、ご意見をお伝えしたい』とこたえました」とあります。

 「毎日」の寄稿文には、「期間従業員やパート労働者、派遣社員などの削減の動きが顕在化している。この問題を論じるうえで、改めて法律上の留意点を確認しておきたい。まず、有期労働契約の契約期間中の解雇を定めた労働契約法第17条では、『やむを得ない事由』がなければ期間満了前の解雇はできないとされている」「期間満了時に契約を更新しない『雇い止め』については、…(契約の自動更新を繰り返している場合や労働者の側に雇用継続への期待を抱かせる事実のある場合)では、労働契約法の解雇規制の適用があり、雇い止めには合理的な理由が必要だ。合理的な理由が認められない場合、雇い止めは経営者側の『権利の乱用』となる」とあります。

これって、志位さんが申し入れた内容・厚生労働省通達の内容そのものやん!(申し入れ文書は→http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-12-19/2008121903_01_0.html

昨日は、いすずが契約期間途中での解雇の撤回を表明しました。日本共産党の道理ある提案が、大企業や日本経団連にも変化を与えているのでしょうか。いまこそ、日本共産党と労働組合の出番です。多くの人に、私たちの主張や情報を届け、働く人・若者の雇用と生活を守るためにがんばりましょう。(J

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.25

●「だから私は日本共産党」・・・5人目は池内さおりさん

日本共産党の東京12区青年学生部長で、同小選挙区の予定候補の池内さおりさんです。

池内さんは26歳で、全国の候補者のなかで最年少。ブログは1年間で33万アクセスをこえているんですよ。

それではどうぞenter

携帯の方はこちらから↓↓↓

http://jp.youtube.com/watch?v=hEV7NnHRXuQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.24

●「だから私は日本共産党」・・・4人目はササキケイシさん

4人目の登場は、岩手のかえるネットメンバー、ササキ・ケイシさん。

民青同盟の岩手県委員長としても活躍中ですsign03

それでは、よろしく~

携帯の方はこちらから↓↓↓

http://jp.youtube.com/watch?v=1bDBRjD5s6o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.23

●街頭生活相談にいってきたよ

医療カエルのJ子より
初投稿(・ω・)/ダス

今日は、街頭生活相談会にいってきたよ
労組とか、医療、法律の専門家が集まって、困ってる人の無料相談を企画したのです。
新宿、渋谷、池袋の三カ所同時開催で、私は池袋に出動。
机や看板の設置を始めたとたん、男の人がよってきて、派遣切りにあったんだと相談になった。

メディアのカメラもあったし、人通りもあるし相談するのも抵抗あったと思うけど、相談者は結構きました。
三カ所あわせて33人が相談したそう。

私はポスターを持って呼び込み係をひたすら3時間、その場で何人かと話しました。
自動車会社(外車)に就職して一年、整備をしてるという中国人の男の子は、「正社員だけどいつくびになるかわからない。別の職場にいる友だちは首になった」って。
外国人は日本人以上に社会保障のセーフティネットからこぼれる場合が多いって聞いていたから、全労連の「権利手帳」を、友だちの分ももってってもらいました。
見知らぬアタイにこんなに話してくれるなんて、よほど不安なんだなと機械油の黒いのが所々こびりついた彼の指を見ながら思いました。

おばさまおじさまなど、道行く人からも、結構注目されました。
働いてる人がたいへんなことになってるから、かわいそうすぎる!   
なんて共感も。

気になる人たちはほかにもいたんだけど、相談せずにいっちゃったりして。
こういう活動は、大企業の無茶な首切りに怒ってる私たちだからけこそ、いっぱいやらないとナと思う。
ホントに!!

以上、街頭からの報告でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.12.22

●カニコー署名part1&2~福島より

 福島からカニコー署名1&2cancerを送ってもらいました。

 (正式名称は、それぞれ、「金融危機に端を発する大量解雇・雇い止めから雇用とくらしを守る緊急対策を国に求める意見書提出を求める請願」署名、「リストラ・「派遣切り」から県民の雇用とくらしを守る緊急署名」)

 とりくんだのは民青県委員会と福島県労連、党福島県委員会でつくる「青年雇用フェスタ実行委員会」です。

 県議会に9日、署名を提出し、17日に県議会で趣旨採択されました。
 2週間の取り組みで738筆の署名が集まりました。

 その署名がこれenter

 「kani1.pdf」をダウンロード

 ■意見書採択のことはバックナンバーで確認を↓↓↓

 http://kaerunet.air-nifty.com/blog/2008/12/post-38a7.html

 そして22日、本日は県との交渉も。

 ■そこにむけて集めたのがパート2の署名ですenter

 「kani2.pdf」をダウンロード

 福島では24日、電話労働相談もおこなう、とのことです。

 いつも投稿してくれる民青のT・Iさんはじめ、みんな、ほんとにお疲れ様sign03

続きを読む "カニコー署名part1&2~福島より"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●「長生きは国賊ですか」

後期高齢者医療制度の廃止を訴え、宣伝を行いました!

 かえるネット呼びかけ人の江口(全日本民医連内後援会)です。全日本民医連の最近の取り組みを紹介します。

 75歳以上を対象にした後期高齢者医療制度の保険料の年金からの天引きが1215日に強行されました。65歳から74歳の人の一部も含めると合計で約850万人にのぼるとみられます。この大不況の中、お年寄りの年金から有無を言わさず保険料を搾り取るこの制度は「ひどい!」の一言に尽きます。全日本民医連は、この非情な後期高齢者医療制度の廃止を求め、1215日に御茶ノ水駅前で宣伝をしました。また、麻生首相への一言メッセージも集め、「長生きは国賊ですか?」などのメッセージが寄せられました。署名は1時間で49人分が寄せられました。

 このかえるネットをみているみなさんはきっと若い方が多いと思います。「自分は若いからまだ関係ない」と思う人もいるかもしれません。だけど、人は誰でも必ず歳をとります。そして、みなさんもきっと75歳を迎えるはずです(迎えて欲しい!)。その時にこの制度が続いていれば、きっと「75歳まで生きてしまった」「長生きして申し訳ない」と思ってしまうような世の中になってしまうと私は思います。

日本人は昔から米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、と言って長生きするおじいちゃんおばあちゃんを祝ってきました。このままでは、こんなすばらしい風習が無くなってしまう気がしてなりません。

わたしは、これからも「おじいちゃん、おばあちゃん、もっともっと長生きしてね」と言ってお祝いできる日本であって欲しいし、自分が歳をとってもそう言われたい。だから、みなさん、全国各地で一緒に後期高齢者医療制度の廃止を求めて声をあげましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●「だから私は日本共産党」・・・3人目は弁護士の久保木亮介さん

日本をかえる全国ネットのよびかけ人で弁護士の久保木亮介さん。 その熱いメッセージをご覧ください

携帯はこちらから↓↓↓

http://jp.youtube.com/watch?v=iBFQi0NqSJY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.21

●お知らせ トークセッション雨宮処凛+小森陽一

雨宮処凛virgo+小森陽一leo

「生きさせる思想」(新日本出版社)を共著で発表した2人がトークセッション。「貧困と暴力の時代を生きる」がテーマです。

日時*1月8日(木)午後7時~

場所*ジュンク堂池袋本店4階カフェ

入場料1000円(飲み物代込み)

参加ご希望の方は03-5956-6111まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.20

●メールニュース12月20日号は「共産党が経団連と初会談」

 18日、日本共産党が日本経団連とはじめて会談しました。

 志位さんが会談でもとめたことはenter

 この寒空に路頭に迷わすことを人間として許せますか、契約途中の解雇は違法行為であることをわかっていますか、体力十分の大企業がなぜ真っ先にクビを切るのですか、雇用を破壊し、収入と職を国民から奪って、どうやって景気を回復するというのですか。

 「ご意見は承る」に終始した経団連側。非正規が少なく、解雇もきびしく規制しているヨーロッパと違い、首切り、人員削減に突き進むやり方を「見直す」との言葉はありませんでした。

 であれば、国民・若者が立ち上がり、政府・財界の間違った政策を正すしかありませんsign01

 いすゞでの非正規労働組合の結成をNHKニュースは、「労働者が立ち上がりました」とテロップで報じました。

 「しんぶん赤旗」日曜版(12月14日付)にはこんな記事がありました。「会社は私たちを人間として扱っていない。黙っていたら泣き寝入りです。労働組合をたちあげてたたかうしかない、と思った」。JMIUいすゞ自動車支部委員長・松本さんのことばです。

 労働者の勇気に励まされ、各地の労働組合に青年が飛び込むように加入しています。

 年の瀬、そして2009年へ。職も住む家も失う若者を出さないために、総選挙で若者を応援する日本共産党を大きくのばすためにかえるネットはがんばります。みなさん、力をあわせましょうdash

■■■■■■■

shineブログを開設以来50日、のべアクセスは6万3000をこえています。

応援ありがとうございます(/ ^^)/

メールニュースの会員になりたい方は、

kaerunet@jcp.jp まで「登録希望」のメールを送ってください。

続きを読む "メールニュース12月20日号は「共産党が経団連と初会談」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●子育てのこと 政治や社会のこともっともっと話そう会」

12月14日、東京・品川で、日本共産党参院議員の小池晃さんと品川区議鈴木ひろこさんを囲んで「子育てのことchick政治や社会のこともっともっと話そう会clover」を開きました。

Imgp0048 下は生後2ヵ月の赤ちゃんから上はジィジ世代まで、大人14人子ども8人と幅広い、にぎやかな参加者で会場はほんわか家庭的ムードjapaneseteaそんな中、子育て現役世代から「保育園入園待ちで仕事も見つからないannoy」「夫の帰りが毎日遅く、一人で家事育児をしているwobbly」…他にも出産時の異常に高い入院費など不満や質問が出されました。
アンパンマンdeliciousのBGMが流れる中、小池さんや鈴木さんが今の情勢や、仕事も子育ても両立できる働くルールの具体的な話があり納得!

安心していつも笑顔で子育てができるように今後も仲間を増やして「話そう会」開催していきます

次回2月21日開催予定pig

(うさたろう)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●2度の派遣切り、人生のどん底の中で党と民青に出会って~東京・まちだ

東京・まちだです~。

 高校卒業後、18歳のとき北海道で正社員として働き数年。

 その後、日本ガイシ・名古屋→トヨタ車体・富士松→ホンダロック・埼玉→日産自動車・上三川→日産ディーゼル・上尾→日立マイクロデバイス事業部・青梅→キャノン・宇都宮→いすゞ・藤沢→日本精工・藤沢→キャタピラジャパン・相模原……。派遣労働を転々としました。

 「しんぶん赤旗」の11月8日付、30日付(ともに15面)でも紹介された佐藤さん(仮名)から手記が寄せられました。少し長いですが、紹介します。

↓↓↓↓↓

「やばい! 捕まった」──住む家を失ったその日に民青同盟と出会う

 私は、今年の9月末まで神奈川県内にある工場で働いていましたが、派遣会社の担当者の嫌がらせに耐えられなく、退職日当日に寮をでなければならない状況になりました。

 神奈川県藤沢市から小田急線沿線をひたすら歩き町田駅に到着したのは、昼ごろ。町田駅付近でぶらぶら時間をつぶし、夜10時頃。ダンボール片手に小田急町田駅をふらついていたら、ちょうど10・5全国青年大集会にむけた民青同盟の宣伝に遭遇しました。その時、私の気持ちはこうでした。

 「…若い人たちがたくさんいる! ダンボールもちながら何やってんだこいつ!と思われたくないから、早く脱出しなければ」と。

 俺の前にちょうどアンケート書いていた人がいて、その横から、ゆーいち君がアンケート用紙をはさんでいる用紙の束を片手に、「アンケートお願いします!」と言ってきました。

 私は内心、「やばい!捕まった」と。でも、よくよく話を聞いて見ると、自分にはぴったりなアンケート調査でした。今でもはっきりと覚えています。アンケートを書きながら、ひたすらダンボールを隠していた事を。そして見知らずの人間に、2000円貸してくれて、「今日はネットカフェに泊まってください」と言ってくれたのは、本当にうれしかった。見ず知らずの人間の話を親身になって聞いてくれて。

「お仕事お疲れさまです」──その場から宣伝に参加

 私は、その場から宣伝活動に参加しました。初めはどんなことをして良いのかわからず、とりあえず「お仕事お疲れ様です。只今、働く実態調査のアンケートを実施中です」とひたすら行き交う人に声を出しました。最後の感想交流では、ゆーいち君から、他の同盟員の人たちに紹介してもらったとき、その日初めて会ったにも関わらず、みんなは本当に親身になって話を聞いてくれた事、今でもハッキリ覚えています。

 そして、次の日にゆーいち君と共に、日本共産党町田市議団をたずね、殿村健一市議団長に付き添われ、生活援護課で当座の生活資金を借り、寮完備の仕事も見つかりました。その時の恩返しがしたかったから、民青同盟の宣伝を手伝いました。入寮日まで連日手伝い、町田駅では民青地域班、鶴川駅では和光大の学生班といっしょに宣伝しました。学生班と初めて会う時、私は不安感を持ち、駅前にいち早く行き、学生の人たちを待っていました。そんな時です、ゆーいち君はあらかじめ学生の同盟員に連絡を取っていてくれて、学生班と合流出来た時、初対面の私に何を聞くのでもなく、普通に暖かく迎えてくれたことは凄くうれしく思いました。

この人たちは、本当に世の中を変えるためにがんばっている

 私は、宣伝活動で声を出している時に、ふと思いました。アンケートを取っている時、チラシを配っている時の民青同盟の人たちの目つきが違う。この人達は、本当に世の中を変えるために、頑張っているすごい軍団!と実感しました。何か一つの事を目標にかかえ、それに向かって仲間といっしょに頑張っている、同じ志をもった仲間がいて、羨ましいと思いました。

 10月4日、町田駅での日本共産党の街頭演説の後、私は今日も、宣伝をやるのかな?と思っていましたが、私は当時、共産党の党員でもなく、民青同盟の同盟員でもなかったため、地区党での活動には参加出来ませんでした。私は、その時、少し淋しい思いをしていたのを思い出します。(もっと、もっと何か手伝いたいのに…)

 その後、すぐに、相模原の家に帰りました。次の日の全国青年大集会の日は体調が良くなく少し遅れて行ったのですが、そこでミスを。……ゆーいち君の名刺を持っていくのを忘れたため、連絡が取れず、みんなとの合流は、出来なかった。あーあ、これでまた、一人かぁ……と。

仲間が近くにいたら何でも苦境は乗り越えられる

 「どうしたら、ゆーいち君みたいに活動できますか?」とゆーいち君にメールを送りました。

 ゆーいち君からのメールは、「ぜひ地区委員会に来てください」との返信が来ていました。仕事が始まってなかなか時間の都合がつかないのと、交通費がなかったため、私は、自転車で寮のある、相模原から、町田まで約1時間半かけて、向かいました。

 地区委員会でゆーいち君と約2時間話して、日本共産党に入党を決意しました。入党した理由は2つあります。

 1つは、お世話になった共産党に微力ながらも恩返しが出来ればいい。2つ目は、淋しかったんです。日本共産党町田地区委員会と民青同盟町田地区委員会は、仕事も住む家もなくし、暗闇のどん底にいた私を救ってくれた。友達と呼べる仲間が近くにいたらなんでも苦境は乗り越えられそうな気がしたから…。

「佐藤さん、いっしょに民青で頑張ってくれませんか?」

 その後は、仕事の休みの日は出来るだけ地区委員会に顔を出し、チラシの折り込み、また街頭での宣伝活動など、手伝いました。しばらくして、ゆーいち君は、町田地区の民青のつどいに声をかけてくれました。初めて顔を合わせる人、数回顔を合わせた事のある人の中で、私の頼りない言葉に同盟員の人たちは、真剣に聞き入ってくれていました。「すごく何か、いいなぁこの感じ」と…。

 みんなで、カレー交流会しながら和気あいあいとして、その時です。この仲間達とずっと共にいたいと。でも、みんな私より若い。みんな抵抗あるだろうな……と。みんなの食べ終わった食器を、洗っている最中、後ろから突然、民青地区委員長のMさんが、思いがけなく「民青に」と声をかけてくれました。

 すごく、すごく嬉しかった。こんな私を、町田地区委員会は受け入れてくれた。心の中でそう叫びました。やった!これでまた、町田のあったかい仲間たちに会えるんだ。これで、仕事も順調にいけば、問題なしと…。

あたたかい仲間に出会えてよかった

 ちなみに私の信念は、プライベートが充実していないと、仕事はうまくいかないです。プライベートでの楽しい出来事が仕事にも影響があると私は思っています。ただ、現実はうまくいきませんでした。体調を壊し、しばらく休みたいと思った矢先に、契約解除人生はなんてうまくいかないんだろう。

 それに重なって、親父の死。再び、暗闇に落ちた私は、その後、いろいろな人たちの手助けがあり、今なんとか、寮付きの建設労働にありつけています。

 先日、初めての班会に参加させていただきました。みんなでお菓子を持ち寄り開始時間はちょっと遅れたけど、約2時間みんなの意見を聞いたり、議論したり。すごく楽しかった。まだまだ、もっと勉強しなくてはいけないことはたくさんあるけど、私はこのあったかい、町田地区委員会の仲間に出会えて、本当によかった。

 声をかけてくれたゆーいち君や、地区委員長のMさんに、感謝しています。これからも、微力ながら頑張っていきます。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●年次改革要望書ってなんだ?!

 今年、あるテレビ番組でアメリカ政府が発表する「年次改革要望書」が話題になりました。その中身が、あまりに身勝手な内容だからです。

 この問題点を早くから指摘していたのが日本共産党です。JCPサポーターのCTさんに聞きましたenter

 正社員が派遣に置きかえられたのも、大型店が増えて商店街が衰退したのも、郵便局が民営化されたのも、実はアメリカの要求だった――そんな話を聞いたこと、ありませんか?

 毎年10月ごろ、米国政府は「年次改革要望書」という文書を発表します。「規制緩和」「構造改革」の方向性について、米国から日本への「要望」が書かれた文書です。この仕組みが始まった1994年以来、日本の歴代政権は、米国の「要望」を次つぎと実行にうつしてきました。

 1996年の「要望書」で、米国政府は、「人材派遣の自由化」を要求。ねらいは、米国企業が日本に進出したとき、働く人のクビを切りやすくするためです。その願いは、1999年の派遣法改定でかなえられ、いま「派遣切り」が大問題となっています。

 1997年には、米国の巨大チェーン店を日本に進出させるため、日本の出店規制の法律を撤廃するよう要求。1998年、大型店の出店をおさえてきた「大店法」が廃止され、いま、多くの商店街を危機に追いやっています。

 1999~2004年にかけては、米国の銀行・保険業界のもうけのため、日本の郵便貯金・簡易保険の民営化を要求。05年、小泉内閣は郵政民営化法案を強行しました。

 2001年には、米国の医療大企業や保険会社にビジネスチャンスをつくるため、日本の公的医療保険を縮小せよという要求が盛り込まれます。これを受け、06年には、患者の負担増や高齢者医療の大改悪が強行されました。

 これらの「改革」は、日本の大企業の利益にもなります。だから、歴代政権も財界も積極的に遂行してきたのです。

 さて、2008年10月の「要望書」にはなにが書かれているでしょうか?
 ▽企業買収をやりやすくせよ、▽金融取引をもっと自由化せよ、▽郵政民営化を着実に実行せよ、▽日本の医薬品の値段を決める審議会に、米国製薬業界の代表も参加させよ……。国民みんなで声をあげましょう。日本はアメリカの属国ではありません!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

●「カニコー署名」が県議会を動かしました!! ~福島~

17日、大量解雇から雇用と暮らしを守る緊急対策を求めた「カニコー署名」738筆とともに提出した、国への意見書提出を求める請願が全会一致で採択されましたhappy02

県民の声が県議会を動かしましたgoodshine

一人ひとりの力は小さいけれど、みんなで力を合わせれば変えられることを実感しています。

しかーし、県に緊急対策を求める請願は「継続」となりました。

年末に向けて雇い止めのニュースが毎日耳に入ってきます。

寮を追われ路頭に迷う人もいる中で、無事に年を越せるように対策をとることは待ったなしの課題です。

という訳で、年末に相談窓口をあけることや、公営住宅に入居できるようにすることなどを追加した内容を求める署名、「カニコー署名第2弾」に取り組んでいます。

県当局との懇談を22日に行う予定なのですが、その場に持っていきます

17日は、緊急県民集会も行いました。Dsc_0658

デモも行ったのですが、クリスマスコスプレなどで盛り上がりましたup

一緒にたたかう仲間がいる事を一人でも多くの若者に知らせることができるように、年末に向けて頑張っていきたいと思いますhappy01scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.19

●連日アップ! 「だから私は日本共産党です」

 「だから私は日本共産党」。2人目は医療現場で働く志乃さんです。

 それでは、よろしく~!

携帯の方はこちらから↓↓↓

http://jp.youtube.com/watch?v=TkoDkyiDkh4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●大企業の社員も、「もうけ本位に喝!」「共産党に期待!」

 はじめまして。事務局のJです。

 昨日、高校ラグビー部の同窓会がありました。クビきりで批判をあびている大手自動車やIT企業の社員もいました。「うちは派遣は全員クビ。正社員もどうなるかほんまに不安」「だいたいトヨタがもうけがちょっと減ったからいうてクビをきるから、他の企業まで何でもありになるんやんけ!」など、大企業のリストラの嵐に不安と怒りが渦まいていました。

 「会社が倒産し、年末は就職活動」という友人は、帰りの電車で、「共産党のことを教えてほしい」と。共産党や労働組合は、『大企業憎し』ではなく、法律を守り、社会的責任を果たさせるように、道理ある提案と運動をしていることを話しました。最後は、「首切りがあって労働組合もたいへんやろな。俺も会社から不当なこと突きつけられるかも知れない。そのときは電話するから相談にのってくれ」と。

 めっちゃ愉快な友だちで、普段は苦労話も笑いにしてしまうんだけど、相当こたえてるんやなって思いました。でも、そんな友人に、共産党と労働組合が支えになれるんです。

 いま、『もうけ優先の大企業のやり方はもうダメだ』の世論が広がり、マスコミも共産党や労働組合に注目しています。この変化をつくってきたのは僕らの運動。だから、僕らは下を向かなくていい。上を向いて明るく前にすすめばいいんやと思います。

 そう思うとわくわくしてきて吟じてしまいました。「同窓会で酒を飲んでぇ~ 労働者から大企業への不満が語られたときぃ~ なんだか共産党いけそうな気がするぅ~」(天津木村風。わかる人は笑ってください)

――若者らしく元気にがんばりましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●和歌山初「プロジェクター宣伝」(^-^*)/

 12日におこなったかえるネット和歌山のプロジェクター宣伝の様子を報告します。寒いなか、宣伝に参加してくれたみなさん、おつかれさまでした♪

 プロジェクター宣伝とは・・・今、全国のあちこちでやってる宣伝で、志位さんの青年雇用問題の国会質問などの映像をプロジェクターでスクリーンにうつしながら宣伝するというものです。

 初めての試みでしたが、和歌山駅前を歩く人たちが「何やってるんやろ?」という感じで映像を見ながら通っていきました。

 シール投票で対話もやりました。「大企業がつぎつぎと・・・派遣切り、雇い止めどう思う?」という質問をして、「許せない」「わからない」「仕方ない」のどれかにシールを貼ってもらいました。

 結果は、圧倒的に「許せない」が多く、「わからない」や「仕方ない」はほとんどありませんでした。「身近にリストラされた人、就職内定取り消された人、労働条件悪くなった人はいませんか?」ということも聞いてみました。すると・・・

 僕が最初に対話した男性(30代ぐらいかな?)は、派遣切りは「許せない」にシールを貼り、「松下の工場で派遣で働いてたけどクビを切られた。その後、再就職するのがすごく大変だった。何とか就職できたけど、今は夜勤の仕事でしんどいです。」と話してくれました。

 この男性は、雨宮処凛さんのファンで本を読んでるそうで、志位さんの国会質問などが入ったDVDを渡そうとすると、「インターネットで質問が見られるなら、ネットで見てみます」と言い、最後には、「選挙で共産党に入れますよ」と言ってくれました。最初の対話でそんな話が聞けると思っていなかったので、びっくりしました。

 他にも、「大学の先輩が内定を取り消された。ほんまにおかしいと思う。自分はこれから就職やけど、心配です」と話してDVDを持って帰った大学生がいたり、対話した多くの人が大企業のリストラや内定取り消しは許せない、と話していました。

 シール投票ボードの裏には赤旗の記事をはりつけて、大企業の内部留保が229兆円もあるとか、トヨタの株主配当を3円削るだけで90億円―3000人の雇用が守れることを紹介し、大企業に雇用を守る体力は十分あるんですよ、という話もしました。また、この間の運動の結果、厚生労働省も非正規切りを防止する通達を出したという記事も紹介しました。

 シール投票でシールを貼ってくれたのは17人。DVDは4人の人に渡せました。

 やっぱり宣伝で対話してみると反応があるので、引き続き宣伝をやっていこうという話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.18

●新企画 「だから私は日本共産党」

 新企画をスタートさせました。

 その名も、「だから私は日本共産党」

 各地のかえるネットのメンバーからは、自分の思いとかさねて応援のメッセージが、

 日本共産党の若い候補者のみなさんからは、政治をかえたい思いと同世代の若者へのメッセージが、

 そして、さまざまなジャンルで活躍されているみなさんにも登場していただく予定になっています。

 最初に登場するのは、医師で、衆院比例東京ブロックの予定候補・谷川智行さんです。

 携帯の方はこちらから↓↓↓ 

http://jp.youtube.com/watch?v=Zq7eoicBc7g

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.12.17

●ネットカフェ暮らしで日雇い派遣(/□≦、)・・・東京で緊急雇用調査

昨日16日は新宿駅西口で、衆議院比例候補の谷川智行さん、参議院東京選挙区候補の田村智子さんはじめ日本共産党の方や学生の仲間と街頭労働相談をおこない、独自につくった緊急雇用調査アンケートで対話しました。

「2年間ネットカフェ暮らしで日雇い派遣。以前は建築関係の仕事をリストラされた」という青年とも対話になり、東京チェレンジネネット(東京都がおこなう家のない人たちの対策事業)を紹介しました。ほかにも「建築現場に派遣されていて、ヘルメットや作業服はすべて自分もち。ケガをしたけど労災にならなかった」などすさまじい実態におどろきの連続。

志位さんの国会質問や党首会談、いすゞ自動車に申し入れにいった話などをすると、共感もひろがり、かえるネット会員が2人ふえましたよ!

今日も雨でしたが、渋谷のハローワーク前で「緊急雇用調査」をしました。これらの内容は今週金曜日(19日)に東京都庁にいって、対策をとってもらえるよう要請してきます!

(写真は9日新宿ハローワーク前宣伝です)Caz5j1hk

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●北陸信越キャラバンやってます

日本共産党の若者ホンネ言っちゃおーCARは北陸信越を走行中です! 応援よろしくお願いしますnote

http://blog.goo.ne.jp/jcp_youth

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●大宮で130人と対話しました~かえるネット埼玉

 13(土)かえるネット埼玉大宣伝@大宮駅!

 各地のかえるネットメンバーや埼玉土建青年後援会の青年30人が参加。

081213_3 カエル君はもちろん、サンタやトナカイ、ドケレンジャーもかけつけ楽しくにぎやかに宣伝しました。

 党創立86周年記念講演や志位委員長の予算委員会での国会質問の音声を流しながら、

 対話できた人にDVDも配布。「私これ欲しかったのよ~」という女性も。

 シール投票ボードを5つも用意しただけあって130人近い人と対話することができました。

Photo  ある30代の女性はいったん通り過ぎたあと、戻ってきました。
 「今、スピーカーから‘食糧自給率’って聞こえたので戻ってきました」とのこと。
 メンバーが「ミニマムアクセス米の輸入などアメリカや大企業いいなりで日本の農業をつぶしてきた」と話すと
 「その通りです。共産党に注目しています。がんばってください!」と激励してくれました。

 カップルで買い物に来ていた男性は、「自分は正社員だけど、正社員もいつリストラされるかわからないから不安ですね」と話します。「選挙では今まで民主党に投票してきた」と言うで、メンバーが「労働者派遣法の自由化など民主党も賛成してきんですよ」と話すと驚いた様子。比例ではぜひ共産党をとお願いすると「これからは共産党を考えてみます」とこたえてくれました。すると「ところでみなさんは共産党の方なんですか?アルバイトでやっているんですか?」と質問。「ここにいるみんな自分たちの思いでボランティアとして活動しています」とこたえると、「若い人たちが自分の考えをもって活動していることに感動しました!」とさらに好感度アップ!

 ある大手の某タイヤメーカーの労組事務として働く30代の女性は、「うちの会社では1年前から派遣を正社員に切りかえるようになった。景気悪化でどこでもリストラが始まっていると言われてるけど、今のところうちの会社ではその動きはないみたい」とのこと。さらに「うちの組合は民主党支持を押しつけられているが、私は政権交代しか言わない民主党は信用できない。共産党に期待しています」とうれしい一言。メンバーがかえるネット会員をすすめると、「ニュースを読むだけならいいですよ」とアドレスを教えてくれました。

 約半数の人が日本共産党に「期待している」「注目している」にシールを貼ってくれ、共産党への期待・注目が高まっていることを肌で実感できる宣伝になりました。

 参加者からは「こんなに対話できるとは思わなかった。地元の宣伝でも対話できるように頑張りたい」「みんなでやると楽しい」など感想が出され、寒さも忘れる充実した2時間となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.16

●一枚のチラシが社会を変える力に

 名古屋北西のかえるネットのみなさんが配布しているチラシのデータを送っていただきました。

 思わずよみふけってしまいました。

 宣伝に出会ってたたかいに立ち上がった若者もいるとのこと。

 全国のみなさんも、ぜひ読んでみてください!

 

Mail

Mail2

ダウンロードはこちらから↓↓↓

「hokusei1.pdf」をダウンロード

「hokusei2.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.15

●日本をかえる全国ネットの学習&交流会を開きました

 14日(日)、日本をかえる全国ネットとしてはじめての学習&交流会を開きました。

Img_0964s_2  かえるネットよびかけ人、労働者後援会のメンバーを中心に約20人が集まり、和泉重行さん(日本共産党政策委員会副責任者)の講演を聞き、交流しました。

 和泉さんは、日本経済が抱える2つの構造的な問題――①外需、輸出だのみ、②カジノ経済にそまっていること――をくわしく説明。また自己責任論を叫ぶ人たちが、社会保障や雇用などのセーフティーネットを奪った張本人であり、派遣切りにみられるように不況の責任を労働者に負わせていることを強調しました。

 参加者から「政府に要請にいったら『大企業の法人税をあげると外国に出て行くからむずかしい』と。どう考えたらいいか」「内需をあたためるとは具体的にはどんな分野で?」「ヨーロッパは、非正規は少ないが失業率は高い。どうみたらいい」などの質問があり、和泉さんがこたえました。

 「久々にがっつり学習で頭の中ががっつりうごきました。自己責任論の本当の意味がよくわかりました」「国際競争力の宣伝に対してどのように立ち向かうか、失業者に対する日欧の違いについてなど、納得できました」などの感想がよせられました。

 討論では、労働者後援会の野村昌弘さん(全労連青年部書記長)が、雇用を守る取り組みについて発言。全労連がとりくんだ電話相談に、「いま寮を追い出された」といった相談や、正社員から「組合をつくりたい」との相談がきていることなどが紹介されました。岩手(労働者後援会)の参加者は、「『世の中のことより明日の仕事が心配』という青年とどうしたら接点をつくれるか」と思いを話しました。民青同盟の田中悠委員長は、アルバイトや日雇い派遣で全国を転々とし、とうとうホームレスになった若者の相談にのるなかで、「生きていて楽しくない。人とつながっていたいし、つながりたい」と民青同盟に加盟した経験を報告しました。

 企画後はこんごの相談をかねた食事交流会をひらき、1月8日にハローワーク前で宣伝をおこなうこと、31日にかえるネットの相談・交流会をもつことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.13

●見ました「週刊ニュース新書」

 日本共産党の志位和夫委員長が出演した「田勢康弘の週刊ニュース新書」(テレビ東京系)をみました。見られなかった人のために、内容を少し紹介します。

 冒頭は、不動産業界大手の日本綜合地所から内定取り消しをされた学生たちのその後をルポ。労働組合に加入し、団体交渉にのぞみます。

 ところが・・・

 会社側から誠意ある対応はなく、学生の「これがどんな問題かわかりますか」との問いに、「わかりません」と。交渉の席には社長はもちろん、人事担当も同席しなかったとのコト。会社は慰謝料として100万円を支払うと表明しましたが、学生が仮に留年して就職活動を続けるとすれば学費とあわせて軽く100万円をこえます。「生活費を保障してほしい」との訴えには、「面倒をみる理由はありません」と。(社長は放送当日、学生と会い、謝罪しました)

 志位さんはVTRをみた感想を、「心が痛みます。内定により労働契約が結ばれ、取り消しは解雇と同じ」と話し、組合への加入や労働審判など、泣き寝入りしないでがんばろうとよびかけました。

 その後、「雇用をどう守るのか」をテーマに司会の田勢さんの質問に志位さんがこたえるかたちでのやりとりが、約12分、続きました。

 「まじめに働いている人が幸せになれない国は相当ひどい国だ」といきどおる田勢さん。その原因をどう考えるか、志位さんにたずねます。

 志位さんは、90年代の労働法制の規制緩和、とくに99年の派遣原則自由化と04年の製造業への解禁で「派遣といういちばんきりやすい働かせ方が蔓延しました」と説明。これは政治が起こした「政治災害だ」と指摘しました。

 こうした事態のなか、労働組合や政治の役割がどこにあるのか、話がすすみました。

 志位さんは、「現におこなわれている派遣切り、期間工切り自体は労働法に照らしても違法、あるいは違法性がきわめて高い」として、政治がその責任を果たすべきと訴えました。

 正規・非正規の連帯の大切さについてもふれた志位さん。「自分たちの問題として共同して連帯をしないと正社員切捨ての波が起こってきます。現にIBM、ソニーが正社員を含めて切捨て。正規・非正規、ナショナルセンターの違いをこえて連帯してたたかうことが大事ですね」と訴えました。

 また、いすゞ、キヤノンなど各地で労働組合が結成されていることに「希望を感じる」と。ここでおどろいたのは、派遣・請負労働者を切っているキヤノンで期間工を採用しているとの志位さんの指摘。仕事はあるわけです。

 そのキヤノンの会長で、日本経団連会長の御手洗さんの発言、派遣切りは「苦渋の選択」も話題に。田勢さんは、「苦渋というわりに切るのが早すぎるのでは」と指摘。志位さんは、大企業が株主配当を増やしながら従業員を切っているとのべ、「これはまちがった資本主義です」と話しました。

 日本共産党の党員が昨年9月からこの12月にかけて1万3千人増え、2、30代が2割をしめていることも話題に。

 「以前は1、2割。いまは2から3割くらいになっています。この間、働く貧困層の解決にとりくんできたなかで、若い方がホームページなどで共産党の主張を見ていただいて、共鳴して、私の事務所に来て入党させてほしいという青年もいました。これまでになかったことですね」と志位さん。

 そして最後。話題は政局のドタバタに。田勢さんから、「どの党が有利になるかという話ばかりですね」との指摘が。志位さんは、「今の政治全体を見ますと、選挙でどうやったら有利か、政局をリードできるかと。雇用、社会保障、農業など正面から議論されていないと思うんです。暮らしを守る緊急のたたかいをあらゆる分野でおこし、選挙でもかちたいと思います」とこたえました。

 とってもおもしろいやりとりでした。

 追伸*田勢さんとテレビ東京の大江アナ、そして志位さんの座っているテーブルの前にネコがいるので、「なんで?」と思っていたら、「やっぱり猫が好き」さんからの情報で「マーゴ」という看板ネコであることがわかりました。ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.12.12

●「日本共産党に何でもきいてみよう」にご参加を!

 あさっての日曜日(14日)、「日本共産党に何でも聞いてみよう」を開催します。

 アメリカの金融危機と世界同時不況、そのなかですすむ派遣・期間工切り、さらには正社員の大リストラ・・・。対応を問われる麻生政権ですが、その支持率20%台と、国民から見はなされています。

 そんななかで、いま注目なのが日本共産党です。
 『蟹工船』が歴史的ブームとなり、志位委員長のハケン質問は大反響。「資本主義の限界」「なぜいま共産党」・・・メディアやネットでも話題のテーマです。

 日曜日の企画では、日本共産党の政策づくりの中心を担っている和泉重行さんが、雇用、経済、若者を苦しめる自己責任論など、縦横に語ります。参加するみなさんの「?」にもこたえます。

 入場無料、気軽に参加してください!

081214_2 ●日時 12月14日(日)午後2時半スタート。受付は午後2時

●会場 日本共産党本部(JR代々木駅徒歩3分)

●主催 日本をかえる全国ネット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●お知らせ 志位さんがテレビ出演します

 日本共産党の志位和夫委員長が今週末、テレビで「雇用」と「日本共産党」を語りますkaraoke

 13日(土)放送の「田勢康弘の週刊ニュース新書」(テレビ東京系、午前11:30)に出演し、雇用大崩壊をテーマに語ります。

 14日(日)放送の「サンデープロジェクト」(テレビ朝日系、午前10:00~)に午前10時45分からおよそ25分間出演し、「今なぜ共産党か」と題して語ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.12.11

●平和大好き・親子でやんす

 福島農民連さんから、『九条リンゴapple』が届きました。リンゴ大好き、9条大好き、平和大好きの我が息子は、目をハートheart02にして喜んでおります。

081126_204300020001000200020001_2  この子達が大人になるとき、平和な日本、平和な地球であってほしいと、切に願う今日この頃です。

 12月8日は太平洋戦争の開戦日でしたね~。大阪はナンバの駅前で、召集令状を印刷した“赤紙”を配って、『憲法9条守ろう』『核兵器廃絶』の2つの署名集めたっす。若いコ達が結構署名してくれて嬉しかったぁ。平和の行動、やっぱ大事ですぅ。

 あと『ノーミンかえる』も読ませてもらってるっす。私たち新婦人は、真面目にノーミンしてる方を支えたい! 日本の農業守りたい!と、産直運動も頑張ってます。農民連のみなさんを応援し、地球を守る農業を私たち消費者も全力で支えるっすぅscissors

 Mさん! そんな消費者もいますよ~!生活できないしんどさは、シングルマザーのワタクシ、よく分かりますsad でも、生きるために1番必要な食べ物を作る仕事、その役割の大きさを感じてもらえたら…と。決めた道を歩いていくことはアリですが、マイナスばっかじゃなかったと誇りに思ってね!頑張って、生き抜いて行きましょうねshine
 
サイ・ころ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.10

●メールニュース12月10日号は「Aさんからのメールと『派遣切り』防止通達」

 冷たい雨の降った5日、かえるネットとつながりのあるAさんから、「派遣先をクビになり、寮も追い出された。千葉から、親類のいる小田原まで自転車で行く」とのメールが届きました。すぐに連絡をとろうとしましたが、とれません。

 数日後、「ご心配かけましたが、無事つきました」とのメールがあり、ひとまずホッとしました。そこには、途中の道の駅で見聞きしたことがつづられています。

 「アパート代を払えず、家を失った若者数人が車検の切れた車でいっしょに生活していました」「パンやおでんや果物などをもらい〝グッ〟ときました」。

 最後に自身の思いをこうしめくくっています。「目的地に着きましたが、アルバイトでも収入口が見つかるかどうか」

 9日、厚生労働省は、「派遣切り」防止通達をだしました。中途解雇はもちろん、期間満了にともなう雇い止めであってもきびしく規制されていることを徹底する、としています。職を失った人が住居を失わないよう配慮せよ、ともあります。

 労働者と日本共産党が、この間もとめてきたことに政府もやっと動きました。

 大企業が通達にもとづく指導にすなおに従うかどうか、国民のきびしい監視が必要です。非正規で働く人たちの雇用と生活を守るために、世論と運動をひろげるときです。

 Aさん、いっしょに力をあわせましょう。

★「しんぶん赤旗」10日付が、この通達の内容について詳しく報じています↓↓↓

http://www.jcp.or.jp/pc/index.php?_ucb_u=www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-12-10/2008121001_01_0.html

★厚生省の通達がパンフレットになっています↓↓↓

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/dl/h1209-1e.pdf

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●新しいカテゴリーを追加しました

 「お知らせ、各地のイベント情報」をカテゴリーに追加しました。

 全国のかえるネットのとりくみ、そして雇用問題をはじめ、各地の青年のとりくみの案内を行なっていきます。

■2008年 冬の陣~労働者派遣法改正・雇い止めに物申す!~ 京都雇用プロジェクト

 12月21日(日) 午後1時半スタート

 会場は和牛登録会館(烏丸御池東角)

 10月5日の青年大集会に参加した京都の若者たちが中心に開催するそうです。

 主催は、京都青年学生連絡会

 問い合わせは、民青同盟京都府委員会 075-722-8770

■街頭労働相談~若者が切り捨てられている今だから

 12月16日(火)午後5時~7時半、24日(水)午後6時半~7時半

 場所は、新宿駅西口です。終了後は食事会をします。

 問い合わせは民青同盟都委員会 03-3469-1387

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●よびかけ人の佐藤です~政治を変える選択肢があるって伝えたい

 私は、労働組合活動を通じて、核兵器を廃絶する運動や最賃を引き上げる運動などを通じて全国の仲間と学習・交流を深めています。

 運動を通じて、不安定な働き方をしいられ、最低限の生活すら営めない青年が急増していると実感します。同時に、10・5青年大集会にも参加して、ひどい実態に立ち上がっている青年が広がっていることに励まされています。

 労働組合青年部でアンケートをとると、「選挙に行かない」という人も少なくないんです。理由として「誰がやっても同じ」「どうせかわらない」というこたえがかえってきます。

 その気持ちがあきらめにならないためにも、共産党という選択肢があること、この党が伸びれば政治は変えられるんだということを多くの青年に広げていくことが必要ではないでしょうか。ですから、私自身、かえるネットでの情報の交流が大事だと思っているところです。

 日本をかえる全国ネットよびかけ人 全国建交労後援会 佐藤 友哉(建交労全国青年部長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●「カニコー署名」を県議会議長に提出しました!! ~福島~

Photo1_3以前ご紹介した「カニコー署名」。

約2週間の取り組みでしたが738筆が集まり、昨日県議会議長に直接届けてきましたhappy02

これだけの署名が集まったのは、何よりも緊急対策を望む県民のみなさんの声、若者の声があったからこそ。

県議会議長も「県議会としても対策を考えたい。みなさんの取り組みは非常に重要。今後も青年の実態を教えて欲しい」と答えてくれ、がっちり握手good

記者会見も行ったのですが、記者会見にも議長への署名提出にもたくさんのマスコミのみなさんが集まってくれ、昼、3時、夕方、夜のニュースで放送されましたhappy01

署名に取り組んで、街頭での反応も変化してきました。

最初は、「大変だよね」といって署名をしてくれていましたが、知人・友人・家族という身近なところで雇い止めにされたという声が。

そして、「自分も雇い止めされた」「派遣で働いているが、次は自分の番ではないかと不安」という話が出されるようになりました。

正規で働いている方からも「他人事じゃない」という声が寄せられています。

今、私たちが力を合わせて雇い止めを許さないたたかい、県にも国にも緊急対策を取ってもらう運動を広げることが求められていると思います。

たたかいはこれからが本番。全国のみなさん、ともに頑張りましょうup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.09

●かえるネット宮崎☆初登場ジャジャン

12月7日かえるネット宮崎ではばば洋光さんをゲストに招いて「ばば洋光の政治ズバッ!!」という名のつどいを開催しました。

前半は分散討論の時間。

3つのテーマ(仕事・税金の使われ方・大学生活)に別れて交流をするsign01・・・・・・予定だったんですが・・・・社会人参加者全員、「仕事」の分散討論に流れていき、「大学生活」と「仕事」だけの分散討論になってしまいました∑ヾ( ̄0 ̄;ノハウッ  

それだけ働く環境が深刻ってことですね・・・crying

お仕事分散会で出された声を紹介します

「派遣で働いています。給料は手取りで12万円にしかならず、寮で生活しています。自分の職場でも景気悪化を理由にした派遣の大量雇い止めが行われています。将来が不安です・・・」

「僕も派遣ですが、給料は手取りで13万円程度。先月60人のリストラがありました。わずかなボーナスも支給日前日にカットされることを言われ、忘年会も断りました」

その後、全体討論の時間。

1 まず最初に、日本共産党書記長のばば洋光さんからのご挨拶、そして、日本共産党に聞いてみたいことなどを質問し、あっという間の3時間でした。

「ばばさんの話は分かりやすく、とても勉強になりました」

*****

このつどいを成功させるために、私たちは週に1回集まり、学習や交流をしてきました。

企画の宣伝もかね、街頭に出てシール投票もしちゃったhappy01

Photo なんとsign03

シール投票に初参加の人ばっかり。

それにしても・・・まるでプロ並み。やややや、すごいよ、キミ達。

1時間ちょっとでしたが、25人と対話できて職場の話なども聞かせてもらい、「はじめてシール投票に参加したけど、楽しかった。またやりたいhappy01」と口々に語ってました。

1_2 つどいへの参加を集めるのに、みんな友達に声をかけたり、大学周辺に企画のお知らせチラシだってまいたも~ん( ̄ー ̄)ニヤリ

宮崎のみなさん、お疲れでした~happy02

次は何をしよっか~???smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.08

●厚生労働省にモノもう~すgood

NGO団体の新婦人っていう会で、厚生労働省の省庁交渉ってのがあったので、行って来ましたぁ!全国から、安心して子どもを産みたい、育てたいっていう思いが集まって、アツかったですよgood
厚労省は妊婦健診を14回無料にすると打ち出したけど、実は国庫補助は半分以下で、2010年までって言ってるので、まずはソレにご意見続出sign015ヶ月の赤ちゃん連れてたママは「無料って言うけどお金払うから、割引って感じ」「県を超えたら無料券使えなくて、血液検査に26000円かかった」って!「2人目ほしいけど近くに産婦人科がなくて困ってる」っていうママもいました。
あとビックリしたのは東京では妊娠2ヵ月に予約金?50万円くらい払わないと、出産する病院が確保できないってsign01ホントに貯金なかったら子ども産めないね~shock
私も「少子化対策っていうなら、アテになる制度を作って!」って言ってきたよgood
厚労省の担当当官は、「気持ち分かります」って感じで「2010年までと決まったワケじゃない。市町村が取り組んでくれたら継続できる」って!
ソレなら市や府にも、どんどんモノもうさなくちゃねdeliciousそういう運動は新婦人の得意分野だし、私もガンバりま~すscissors
みなさんのお近くでは出産事情、どんな感じですか?教えてください!

サイ・ころ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●民青同盟の運動交流ページがリニューアル

 全国青年大集会2008にむけてつくられた民青同盟の運動交流ページがリニューアルされています。

http://minnsei-daisyuukai.cocolog-nifty.com/

Photo_8雇用、学費、平和、文化、スポーツ、仲間&居場所づくり、などなど

全国の民青同盟の運動がどんどん紹介される、みたいです。

さっそく、愛知からは派遣切りに反対する宣伝のようすがアップされてます。

 みなさんからのアクセスよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.06

●デザイナーって大変だけど・・・

 こんにちは、よびかけ人の高橋です。デザイン会社ではたらいています。

Miraicafe02  先日「未来CAFE」(日本共産党と未来を語るカフェ)という企画をやりました。

 仕事帰りに、コーヒーや紅茶、クッキーなどをつまみながら、政治のこと未来のことを気軽に話そうという夜カフェです。今回のテーマは「思わず人に話したくなる憲法講座」。20代30代の同世代の人も参加してくれて、おもしろかったと言っていました。かえるネットの簡単なちらしも作Netchirasiって配りました。

 カフェのあとは飲み会へ。
 日本の軍事費の話になったり、会社の超劣悪な環境の話が出ました。

 あるデザイナーの人は、体を壊すまで働かされて、「続けられないなら、おまえはデザイナーにむいてない」と社長に言われたそうです。
また「仕事で家に帰れず、オフィスの倉庫で睡眠をとっている。治安の悪い地域なので侵入者を気にしながら眠っている」「社長は会社に愛人をつれてきて騒ぎ遊んでいて、忙しくはたらいているのに酒を買いに行かされた」など笑えない話が次つぎと…

Miraicafe01  彼らやまわりの人びとの話を聞くと、小規模でワンマン社長のデザイン事務所の多くでは働くルールが無視されています。この国全体の働くルールを整備していかないと、中小零細の会社にはそのルールが反映されないと感じました。大変ななかでも、デザインの仕事をしたいとあきらめずに日々がんばっている彼らに、ぼくは尊敬の念を持ちました。はたらきやすい会社、よい社会を、これから共につくっていきたいと心から思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

●学生ら就職難、内定取り消しに不安 ~兵庫・神戸西~

Photo

 夕方の学園都市駅前で、地域の方たちと一緒にシール投票対話宣伝をしましたhappy01

 地域の方も、シール投票とアンケート板をもち、「シール投票とアンケートにご協力を!」とよびかけていました。

 対話では、学生から内定取り消しや仕事への不安など、切実な思いが寄せられました。

 トヨタ系列の自動車整備の専門学校にかよっているという男性は、「安定した仕事を」にシールをはりました。

 Photo_2「先輩もトヨタの内定を取り消されたという人もいる。ぼくは一年生だけど、将来がほんとうに不安」と話しました。

「政治をかえたいから、民主党」という彼に、「政治を変えたいという思いはよくわかる。でも、民主党が果たして、本当にかえてくれるか、疑問なんだ。民主党も、自民党と同じように、財界から評価されようと、毎年話あいをもっている。献金ももらっている。あまりかわらないと思うんだ」と話すと、

 「確かに、もともとは自民党の人も多いですもんね」と話しました。

 「財界・大企業いいなりの政治をきりかえるためにも、献金をもらっていない日本共産党を大きくしたいんだ」と話すと「考えてみます」と。

 

Photo_3内定取り消しがあったと新聞でも紹介されていた流通科学大学の女子大生4人組も、

みんな「安定した仕事を」にはってくれました。

一人の子は、「就職は決まったけど、一年ごと更新の契約社員。どうなっていくんだろうと不安」と話しました。

 学生も、派遣切り、内定取り消しが取りざたされるなかすごく不安を感じているんだと実感しましたpencil

 詳しくは、

http://kaeruhyogo.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-2867.html

を見てね☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.12.05

●北から南から~かえるネットがんばる記

若者ホンネ言っちゃおCAR~みちのく「かえる」旅が本日よりスタート。

宮城⇒岩手⇒青森⇒秋田⇒山形⇒福島とまわります。

ブログもできているので、のぞいてくださいnote

http://blog.goo.ne.jp/kaerunet-touhoku

かえるネット福岡は北九州キャラバンをやってまーす

http://plaza.rakuten.co.jp/kaerunetfukuoka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ちょこっとニュース…雇用問題で志位さんが麻生首相に要請

 本日の午前、日本共産党の志位和夫委員長が麻生首相と会談しました。

 このなかで志位委員長は、非正規雇用の解雇、大学生の内定取り消し、金融機関による中小企業への貸し渋りをやめさせるため、国の監督・指導を強化することをもとめました。

 この模様は、NHKのお昼のニュースでも報道されました。

 動画で見れます。12時12分更新のニュースです。

http://www.nhk.or.jp/news/k10015812511000.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.12.04

●「『派遣切り』ゆるすな」と緊急宣伝 民青中央

 民青中央委員会は4日、渋谷駅前で「『派遣切り』ゆるすな! 青年の雇用と暮らしを守れ」緊急街頭宣伝にとりくみ、15人の青年と対話・交流しましたsun

Syukudsc_0164

 ハンドマイクで「トヨタなど大企業を先頭に、全国で派遣で働く青年らが職をうばわれている。こんな無法をなくすために、力を合わせましょう」と呼びかけ、シール投票とアンケートで実態や思いを集めましたdash

 中学校の講師として働き、今年から正規職員になるという女性は、「生徒によりそおうとがんばっているけど、仕事はきつい。まわりを見てても働きすぎで、自分も心と体の健康が心配。公務員バッシングのわりに給料が低いのが不満」と話してくれましたannoy

 学生「学費は親に何とか出してもらっているが、生活費を稼ぐために、コンビニで夜勤。授業にも支障が出ている。近くのスーパーがつぶれたから、仕事がたいへんになった」と話してくれ、政治や社会への不満を聞くと、「定額給付金なんて意味ない。もっとほかに使うことがあるんじゃないか」と怒っていました。

Syukudsc_0176

 中央委員会は、今後も実態を集めて国会に要請するなど、運動をつよめていく予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●「派遣切り、雇い止め、どう思いますか?」 名古屋北西より

 地下鉄大曽根駅の西口で初めて宣伝をしました。午後8時過ぎからプロジェクターをセットし、宣伝開始。

Kaeru02_4  宣伝では「派遣切り、雇い止め、どう思いますか?」を「許せない」「わからない」「仕方ない」の三択で意見を聞くシール投票ボードを緊急投入。裏面にはこの間の「しんぶん赤旗」記事を貼り付けました。

 20代中盤の女性がボードで対話をしている後ろで立って見ています。近寄って声をかけるとシール投票に協力してくれました。彼女はアパレル関係でデザインをしているとのこと、嘱託職員で1年契約を繰り返す業界だそうです。派遣切りへの意見を聞くと、「仕方ないかな。やめるときもやめやすいから」とのこと。
 「なるほど」と意見を受け止めながら、ボードの裏の新聞資料を見てもらい、「トヨタの場合、株主配当金を3円削れば、3000人の雇用は守れるんです」と説明しました。

 「えーーこれはちょっとおかしい。全然知らなかった」と本当にビックリしたようす。

 「大もうけする大企業が一方的に何千人もクビを切ったら、その人たちは行く場所がない。特に愛知は全国から来ているから寮を放りだされたら、この寒空で死んでしまうかもしれない」と話すと、「本当にそうですね。それはヒドイと思う」と、はじめの「仕方ない」との思いが大きく変化していきます。

 そんな話を20分近くしていると、彼女の口から「実はわたし去年もここでシールはったんですよ」と。こちちも何となく記憶がありました。

 「あの時、はじめてこうやって活動している方の意見を聞いて、共産党に入れたんです。それまでは自民党か民主党に入れていたんですけど、こういう活動のおかげです」と感謝されてしまい、私たちの宣伝対話が彼女の考えを大きく変えたんだと思うと感無量でした。

 「共産党どう思う?」の項目では「今回は注目するに、次は期待するに貼れると思います」と笑顔でいってくれ、「かえるネット」を紹介すると快く登録してくれました。

 つづいて、ビラを受け取って立ち止まった女性と対話に。「派遣切り、広がっていますが、どう思いますか?」と聞くと、「私の夫が三菱電機の派遣を先日クビになったばかりなんです」と。「生活は苦しいし、突然でビックリして、とても不安」とのことですが、「仕方がない」にシールを貼ります。「景気が悪いから仕方ないのかな。失業保険もあるけど、とにかく次の仕事を早く見つけないと」とのこと。

 派遣切りにあった本人の家族の方さえ「仕方ない」と思わせられてしまうことが切ない・・・。

 彼女にも大企業は体力があるよと経常利益のグラフを見せて話しました。マジマジと見る彼女は、初めてこんなことを知ったという表情でした。「困ったことで力になれることもあるから、何かあったらアンケートで送ってね」とDVDと一緒に渡すと、「ありがとうございました。帰ってみます」といってくれました。

 食事を済ませて帰る途中だったのか、女性3人と対話に。「私も派遣」というので、三菱ですか?と聞くと「そう」とのこと。実は三菱は派遣でも今まではほとんど対話で止まってくれることがありませんでした。しかし今回は何人もの三菱の人から話が聞けています。

 彼女たちの1人が、「少しずつだけど、徐々に切られている。私たちもすぐだと思う」と派遣切りがすぐそばに迫っていることを感じている様子。でも「仕方ないのかな」といいます。アンケート付きビラとDVDを渡し「あきらめないで」と伝えました。

続きを読む "「派遣切り、雇い止め、どう思いますか?」 名古屋北西より"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

●ちょこっとニュース・・・いすゞ非正規社員が労働組合を結成

 1400人の期間・派遣労働者を契約途中での解雇を打ち出した、いすゞ自動車。

 国会では日本共産党がこの問題をとりあげ、本社には志位委員長が直談判。

http://www.jcp.or.jp/pc/index.php?_ucb_u=www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-11-27/2008112701_01_0.html

 そして、昨日、栃木のいすゞ自動車に勤務する4人の非正規労働者が労働組合を結成しました。

 マスコミでも大きく報じられています。

★NHKニュースは動画で見れます。(ニュースのカテゴリーは「くらし」12月4日4時50分更新)

http://www3.nhk.or.jp/news/k10015782681000.html

★読売オンライン

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20081203-OYT8T00807.htm

★「しんぶん赤旗」

http://www.jcp.or.jp/pc/index.php?_ucb_u=www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-12-04/2008120401_01_0.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●世界との「約束」、守るかどうか問われます

 先日、ニュースをみていると、「12月は地球温暖化防止月間です」とのアナウンスがありました。1997年12月、京都でひらかれた気候変動枠組条約締約国会議(COP3)が契機になったとのことでした。
 そこで今回は、環境問題に詳しいかえるネットサポーターのAさんに、いまのトピックを聞きました。

地球との「約束」果たすためには

 2008年も残り1カ月たらず。地球環境を守るために、日本が世界に大きな「約束」をし、今年がそのスタートの年だったことをご存知でしょうか。日本の、地球温暖化の主要な原因となっている温室効果ガスの排出量を今年度から2012年度まで90年度と比べて-6%にする、という「約束」です。

 達成できなかったからといって罰則があるわけではありませんが、無視しつづけると地球の未来は暗い。11月下旬の発表で07年度は+8.7%。「約束」は果たせそうにありません。

腰をすえた努力が必要です。一方で、「日本の省エネ技術は世界一で、減らせる余地がない」などの議論もあるようです。

 1990年当時、日本は家庭と運輸分野で省エネがすすんでいました。ですから、ヨーロッパには2ケタの削減を「約束」する国もあるなか、日本は-6%と「考慮」されたのです。

 政府は、その-6%をどう達成するつもりなのでしょうか。森林の吸収枠として3.8%分(科学的には立証されていませんが)、ガスを減らした他国から1.6%分を買い取るとしています。実質的には0.6%減らすだけで、計算上6%を削減することになるというものです。

 ところが、計算は狂いました。大きな排出源に手をつけないからです。

 日本の排出量の5割は、わずか200の製鉄所や火力発電所によるもの。「総量規制は統制経済」などと主張する大企業に気兼ねして政府は「自主努力」にまかせたまま。
大企業にモノをいえない、日本政府の立場が問われます。

 2013年度以降は、さらに大きな削減をしないと、地球環境の悪化はさけられません。

 日本共産党は、2013年度以降の中期削減目標を明確にもつこと(2020年で-30%)、産業界が削減の計画をもち、実質的な削減にふみだすよう政府が役割を果たすこと、そして自然エネルギーに転換することなどを提案しています。

 興味のある方は、ぜひ、そちらのほうも一読してください。

「20080703_ondanka.zip」をダウンロード

★今日付けの「毎日」によると、ガスを減らした他国からの買取分が大きく増える見込みで、そのコストは最低でも7000億!!とのことです。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081204ddm001010029000c.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.12.03

●ちょこっとニュース・・・NHKスペシャルのHPに

12月15日(月)夜7:30~8:44、NHKスペシャルで「セーフティーネット・クライシスⅡ どうする非正規労働者の社会保障」が放映されます。

番組のトップページには、10月5日の「青年大集会2008」の写真が大きく掲載されています。

番組HPはコチラから↓↓↓

http://www.nhk.or.jp/special/onair/081215.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.02

●メールニュース12月2日号は「私はみんなで団結したい」

 昨日発表された今年の流行語大賞。トップ10に『蟹工船』が選ばれました。受賞理由はこうです。「オホーツク海上の蟹工船で酷使される貧しい労働者達の群像劇が、格差・ワーキングプア等の現代日本の社会問題と重なり、発表から約80年後の今年ブームとなった」。映画の撮影もはじまるなど、『蟹工船』ブームはおとろえていないようです。

 今日は、胸があつくなったメールを紹介します。前回のメールニュース(「日雇いハケン ネットカフェ難民4」を見て)を読んだ派遣で働く方からの返信です。

 「私も11月いっぱいで、仕事は終了で、他を紹介されましたが、日数も時間数も少なくなっていました。事前には、時間数が減るとは聞いていませんでしたが、立場的に弱いので何もいえませんでした。こんなひどい状況になってしまいましたが、今こそ、みんなで、団結する時ではないのでしょうか? いや、私はみんなで団結したい! どうしたら団結できるのかわからない世代なのですが…。今こそ、共産党員になるべきなのでしょうか」。

 あなたの仕事はどうですか。寒空のもと若者・国民を路頭に放り出すことなど許されません。日本共産党といっしょにかえるネットはがんばります。みんなでつながり、力をあわせましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

●安心して出産・子育てができません

今の日本は、安心して出産・子育てできるには程遠い(`ε´)

だいたい、近くで妊娠、出産まで安心してできる病院が少ない

特に、35歳以上や病気を抱えてのハイリスク出産となると、自宅の近くでというわけにいかない

いざという時、間に合うの?と不安

たらい回しも恐いけど、かかりつけの病院があっても、近くじゃないと何かと大変

医療費抑制なんてとんでもないsign01 もっと充実してください。医療・福祉は絶対に削ってはいけないところ。命がかかってますから

大企業や軍事費にまわすお金は、命を守る政策にまわして

お金の使い道を元から正すには共産党しかないですね

くぅshine

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●ウーマンかえるで交流!いっぱいしたいですconfident

初めましてconfident私は小3の息子と育ちあう毎日のワーキングマザーですdeliciousムギママさん&保育園ママのみなさん!小学校行ったらちょっとラクになります!でも、ママ友が増えて楽しいのは保育園時代がピカイチ!今を楽しんでくださいね~note

ところで、私の住んでる大阪市は(府もですが)財政難とか借金返すとか言って、市民に必要なモノをドンドン削ってヒドいことになってます

めっちゃハラたつのは、近くの市営プールをなくすって!オリンピックの北島選手の活躍で、たくさんの小学生が「将来の夢は水泳選手」って言ってる今、プールなくすってどうゆうことannoyなに考えてんねん!って感じですぅangry市へのパブコメにがっつり書きましたがな!公立保育所の民間委託も出されて、保育所ママたちと反対運動盛り上げてます!

ハラたつこと多いけど、楽しいこともいっぱいの子育て世代!ウーマンかえるで交流楽しみにしています!よろしくお願いしま~す

サイ・ころ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

●学生で「街なか」宣伝に挑戦!  ひょうごステューデントかえる

Photo_2

 sun元町だいまる前 学生かえるネット宣伝は、シール投票に人だかり!Photo

 前回の会議で、「学生も街にでたい」と相談してきめ29日に元町大丸まえで宣伝をおこないました!

 とりくんだメンバーは、最初はおそるおそるでしたけど、「日本の学費は高いと思う?」「フランスの学費はいくらでしょう?」と問うたニューシール投票に人がむらがり、テンションもあがっていきましたflair

ribbonはじめてとりくんだというMさんは、Photo_3

 「学生がたくさん応じてくれた。学費はそんなに高くないという学生も、『フランスは二万円でいけるよ』って言うと『えーっ、えらいとこ貼った』ってはりかえようともしていた。けっこうやってくれるんやと思った。楽しかった」

と感想!

soccer大学門前ではベテランのzonoさんは、

Photo_4「看護学生 と対話になって、看護系も予算が削られている。そんななかで就職するのたいへん。現場は大変っていっていた。 ちちんぷいぷいでも学費高いっていわれていた。そこまできてるんやと思った」と話しました。

basketballマイクに挑戦たかしくんは、

「みんなだいたい学費高Photo_6 いにはっていた。めっちゃでかい声で『高い!』っていう人も。マイクも以外と皆聞いていた。詰まっていても見つめられててめっちゃ緊張した」ってcoldsweats01

対話になったKNJ大の一回生は、山口からきて一人暮らし。「学費はやはり高いと思う。コンビニのアルバイトしているけど睡眠時間が削られてつらい。私たちになんにも還元されていないと思う」と話、かえるネットにも登録してくれましたflair

兵庫のブログにも掲載しています↓

http://kaeruhyogo.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/29-406e.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.01

●カニコー署名続々!! ~福島~

Dsc_0411_convert_20081201152856今福島では、「カニコー署名」に取り組んでます。

「カニコー署名」とは何か!?

県内でも、派遣労働者や期間工などの雇い止めが相次いでいます。

そこで、10.5全国青年大集会に取り組んだ青年雇用フェスタ実行委員会を中心に、12月県議会に緊急対策を求める請願を行う予定です。

請願に向けて請願署名を集めていますが、この署名を「カニコー署名」とよんでいます。

先月の三連休から取り組み始め、すでに200筆を超えています。

宣伝していて驚くのは、雇い止めの事についてみなさんよく知っています&注目しています。

自分から署名を書いてくれる人がいたり、「学校の友だちにもやってもらいます」と署名用紙を持ち帰ってくれる学生さんがいたりhappy01

昨日は宣伝と合わせて訪問活動もしたのですが、あるお宅でこんな話を聞きました。

この方は、派遣労働者の雇い止めを行っている会社に勤めています。

この会社の前では、日本共産党のみなさんと一緒に早朝宣伝をしたばかりでした。

「会社はここ最近は正社員は雇わずに、派遣労働者や期間工ばかり増やしていた。でも、2月の志位質問の後、正社員を採用するようになった。もし派遣労働者を増やし続けていたら、雇い止めされる労働者がもっと増えていたかも知れない」

日本共産党の追及が、こんなところにも影響を与えていたのかと驚きました。

そして、今こそ労働者の雇用と暮らしを守る運動をもっとひろげたいと思っています。

「カニコー署名」の目標は1000筆。締め切りは7日にしていますが、今日からは毎日宣伝する予定ですhappy02good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●「友だちといっしょに参加してもいいですか?」

 14日の「日本をかえる全国ネット」のイベントにうれしい反応が。

 事務局あてに、「かえるネットの宣伝に駅前で出会って、ブログも見るようになりました。自分も派遣で働いています。こういう問題にとりくんでいる共産党に興味があって参加してみたい。友だちといってもいいですか?」との連絡がありましたshine

 もちろん大歓迎ですsign01

 和泉さんへの質問、募集中です。

 「共産党が裁判員制度に賛成したのはなぜですか?」との質問メールが寄せられています。

 なお、チラシに会場までの地図を入れました。まちがえないようにきて下さいdash

「kikakupart2.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »