« 南九州最大の繁華街「天文館」にカエルが出現!? | トップページ | ちょこっとニュース…サービス残業根絶で雇用が118.8万人増える »

2008.11.18

●よびかけ人の有馬理恵です~12月8日、下北沢で平和のイベントやります

みなさん、こんにちは!

「日本をかえる全国ネット」よびかけ人の有馬理恵と申します。

私が日本共産党を応援し、かえるネットと共に日本をかえたいと思うわけは…。

日本共産党は戦争反対を過去も現在も未来も貫く姿勢の日本でただ一つの政党であること。世の中の一番前を見据え導きながら、世の中の一番あとを歩く者たちと共にあゆむ姿勢を貫く日本でただ一つの政党であること。

私は「一本の芝居が人間を動かし、国家を動かす力になる!」と信じて舞台女優業をやっています。

そんな私には、かえるネットの活動はぴったりなんです。今後も、日本のどこかで、私の芝居を見かけたら、どうか声をかけてやって下さいませ。

そこで、今回、どうしてもお知らせしたいビッグイベントがあります。過去の戦争での被害者、加害者の痛みを自分の痛みとして受けとめ、戦争を語り継ごうともがく20代~30代の若者たちと小森陽一氏のライブです。

このビッグイベントを大成功させ、未来の平和運動への道しるべ、求心力にしたいと、考えております。

どうか何卒、足をお運び下さいますよう、心よりお願い申し上げます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
太平洋戦争開戦67周年の日TALK LIVE

Imagine The War
    

  戦争の記憶の継承は果たして可能か?

http://imagine-the-war.blogspot.com/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 直接戦争体験を持つ世代の人たちが減っていく中、わたしたちは、どのよう に戦争やその体験者に向き合い、かかわり合い、それを継承していけるの か…。この夏、1冊の本(『戦争への想像力~いのちを語りつぐ若者たち』新日本出版)をきっかけに、日本各地で、アジア・中東で、「伝える」活動に携わってきた、20代~30代の9人が出あいました。 

 12月8日(太平洋戦争開戦67周年の日)、そのメンバーが初めてイベン トの場に集い、9つのフィールドから見えてきた課題・悩み・挑戦を、スライド&トークでつなぎます。進行・討論者は、文学者で本書監修者の小森陽一さん、演劇表現を通じて差別・戦争を伝えてきた俳優・有馬理恵さん。 

 「今」を過ぎたら二度と取り戻せない、でも、「今」と向き合うことからしか始らない―あたなも、一緒に考えてみませんか?

【日時】 2008年12月8日(太平洋戦争開戦67周年の日)
     午後6時開場 6時半~9時半
【会場】 下北沢タウンホール(小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅徒歩4分)
【入場料】900円

↓チラシのダウンロードはこちらから↓

「peace.pdf」をダウンロード

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526545/43151258

この記事へのトラックバック一覧です: よびかけ人の有馬理恵です~12月8日、下北沢で平和のイベントやります:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。